お彼岸の意味

毎年春と秋の2回、「お彼岸」がやってきます。
お彼岸の期間やお供え、お墓参り僧侶を招いた場合のお布施
どうすばいいのでしょうか?

また、そもそものお彼岸の意味は何なのでしょうか。

お彼岸の期間

お彼岸はいつからいつまでかというと、
春分の日・秋分の日を中日として、それらの前後3日間、
合計7日間ずつを、「お彼岸」といいます。

お彼岸の7日間の初日を「彼岸の入り
最終日を「彼岸の開け」とか「結彼岸」ともいいます。

春分の日前後のお彼岸を「春のお彼岸
秋分の日前後のお彼岸を「秋のお彼岸」といいます。
ですから「お彼岸」は毎年、「春のお彼岸」と「秋のお彼岸」の2回あります。

では、毎年2回の「お彼岸」には、何をするのでしょうか?

お彼岸にすること

お彼岸には、お盆ほどの決まったことはありませんが、
お寺では「彼岸会」という行事が行われていることが
よくあります。

また、僧侶や仏教の講師を自宅に招いて法事を開くこともあります。
故人が亡くなって初めての彼岸を「初彼岸」の場合は、特にそうです。

ただその場合でも、故人が亡くなって初めてのお盆
新盆」よりは規模が小さく、
家族やごく近しい人だけでの
法事になることが多くあります。

僧侶を招待した場合は、お布施やお車代を用意します。

またお仏壇掃除や仏具磨きを行い、
中日前後にお墓参りをする人も多くあります。
各家庭では、お彼岸のお供えをします。

お彼岸のお供え

お彼岸のお供えは、まず団子です。
上新粉などで小さい団子をたくさん作り、
底辺が三角形のピラミッド状に積み重ねます。
これを「彼岸団子」といいます。
(白玉団子だと柔らかくて積み重ねたときつぶれます)

また、季節の花もあります。
暑さ寒さも彼岸まで」といわれて、
春も秋も過ごしやすい気候で、
ちょうどきれいな花が咲いています。

そして
春の彼岸」では、牡丹の花に見立てた「ぼた餅
秋の彼岸」では、萩の花に見立てた「おはぎ」をお供えします。

ぼた餅もおはぎも、あんこでくるんだ餅ですが、
ぼた餅はこしあんを使って大きめに作り、
おはぎは萩の花のように粒あんを使って小さめに作ります。

ではこのようなお彼岸は、どのように始まったのでしょうか?

お彼岸の歴史

お彼岸が始まったのは、日本ですので、
インドや中国には、お彼岸の習慣はありません。

彼岸会」が初めて行われたのは、
坂上田村麻呂を征夷大将軍にして蝦夷征伐をしたり、
奈良の平城京から京都の平安京へ都を移したことで有名な
桓武天皇の臨終の日です。

桓武天皇は、一度784年に平城京から
京都の長岡京に都を移すのですが、
785年に次の天皇になる皇太子の位にある弟を謀反の罪で流罪としたところ、
皇太子は無罪を主張して講義の絶食を行って淡路島で死にました。
その後、なぜか桓武天皇の母親や奥さんが次々と病死し、
次の皇太子も病気になり、天然痘が大流行しました。

皇太子の病気をわせたところ、
死んだ弟の怨霊の祟りだと言われたので、
怨霊に怯えた桓武天皇は、怨霊が祟っていると思い込んだ
長岡京をわずか10年で捨てて、
794年、平安京に都を移したのです。

そして、晩年は怨霊に怯えながら
寺院を建立したり、僧侶を淡路島へ派遣したりして、
怨霊対策に明け暮れ、ついに生涯最後の日、
彼岸会を行って死んだのでした。

その後もお彼岸は続けられ、
平安時代中頃の『蜻蛉日記』や『源氏物語』にも登場します。

お葬式が盛んになる室町時代からは、
先祖供養をする仏教の各宗派共通の行事として、
一般化しました。

では何をもとに「お彼岸」ができたのでしょうか?

お彼岸の意味

彼岸」の語源は、インドの言葉の「波羅蜜多(はらみった)」です。
中国語に翻訳すると「到彼岸(とうひがん)」となりますが、
彼岸」とは、彼の岸と書きますように、向こう岸のことで、
苦しみ悩みの「此岸」であるこの世から、涅槃に渡ることです。

もともと「お彼岸」は、春分の日と秋分の日に
怨霊をしずめようとした法事ですが、
春分の日と秋分の日は、太陽がちょうど真西に沈む日ですので、
平安時代の中頃には、
太陽を心に思い浮かべる「日想観(にっそうかん)」が説かれる
観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』と、
その解説書である善導大師の『観無量寿経疏(かんむりょうじゅきょうしょ)』によって、
阿弥陀如来の救いを求めて仏教を聞く日となりました。
ですから「彼岸」とは阿弥陀如来極楽浄土のことです。

そして「日想観」とは、
心をしずめて阿弥陀仏とその浄土を一心に思う13通りの善の一つで、
西に沈む夕日を見て西方極楽浄土を思い、
日を覆う黒雲を見れば自己の罪悪を見つめ、
日の光を見て浄土の光明を想う縁とするものです。

ということは、お彼岸は何の日でしょうか?

お彼岸は何の日?

阿弥陀仏の極楽浄土へは、どんな人でも往生することができますが、
それには、仏教を聞いて、死ぬまでに六道輪廻の根本原因を
断ち切っておかなければなりません。

ですからお彼岸は本来何の日なのかというと、
怨霊退散の日でもなけれぱ先祖供養の日でもなく、
迷いの根元を断ち切られて極楽浄土往生できるように、
仏教を聞く日なのです。

ですから「彼岸会」の法話や仏教講座では、
苦悩の根元が断ち切られるまでの心の道のりを
たとえで教えられた善導大師の「二河白道のたとえ」が
よく話されます。

ところが最近では、お彼岸になっても、
苦悩の根元とは何か話ができる人がほとんどなくなりましたので、
小冊子とメール講座にまとめておきました。
ぜひ見ておいてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ