位牌(いはい)の意味

位牌」とは「霊牌」とも言われ、
亡くなった方の戒名の書いてある木製や金属製の板です。
書き方は、表には戒名と亡くなられた年月日、
裏には、俗名や享年などです。

戒名お布施には数十万かかり、
さらに位牌に「魂入れ」をするのに
またお布施が目安となります。

位牌とは一体どんなもので、本当に必要なのでしょうか?

位牌の置き方

位牌は葬式のときには白木の位牌ですが、
葬儀社が用意してくれることが多くなっています。
まず、葬式の祭壇中央に置き、
その後はお仏壇の本尊の左右や下の段に置きます。

昔はよく「内位牌」と「野位牌」の2種類を作って、
四十九日の間は、
内位牌を屋内の祭壇に置き、
野位牌はお墓に置きました。

四十九日が明けると野位牌はお墓に埋めたり焼いたりしましたが、
最近は四十九日の間は遺骨を屋内の祭壇に留めたりするので、
野位牌はなくなりつつあります。

魂入れのお布施

四十九日」というのは、仏教で人が死んでから、次の生を受けるまで、
最大四十九日といわれ、その期間を「中陰」といいますが、
中陰が終わると、白木の位牌は内位牌も処分し、
漆塗りの「本位牌」を使います。
朱塗りや黒塗り、金箔塗りもあります。
繰り出し位牌」といって、何枚かの板が入れられる位牌もあります。

この時行われるのが「魂入れ」で、
たいていお布施が必要です。

相場、つまりお布施の目安は、
場所によりますが、1万円から10万円です。

位牌とは?

位牌」の「」は、本籍の籍と同じ意味です。
亡くなった方の位や姓名等を記してあるので
位牌といわれています。

普通は位牌の表に、亡くなった方の戒名(法名)と亡くなった年月日、
裏には、生前の俗名、亡くなった年齢、喪主との関係などが書かれています。

そのため、たいてい位牌は、遺族の記憶のためのメモになっています。
生きている人間なら、誕生日を思い出しますが、
亡くなった方は、自分で誕生日を言わないので、みんな忘れてしまいます。
そこで遺族は、位牌を見て、今は何回忌なのか、祥月命日はいつかを知ったり、
長い年月が経つと、その方との関係を知る記録となっています。

原則として、位牌は三十三回忌、または五十回忌の法事
終わるまで仏壇に安置されますが、
それ以後は、先祖代々に合祀され、
あとは檀那寺の過去帳に残るだけとなります。

このことから先祖をたどる場合は、
檀那寺に残されている過去帳を調べるとわかることがあります。

仏教で位牌は必要?

位牌は、一般的信条として死者の霊の
依代(よりしろ)」と考えられています。
位牌に亡くなった方の霊魂が宿るという意味です。

位牌はもともと、鎌倉時代頃に始まり、
儒教で祖先を祭る時に使われた官位や氏名を記す
位版」とか、「木主」「神主」といわれる板が起源で、
なぜか禅宗僧侶が日本にもたらしたとか、
他にも、神道の霊代(たましろ)が原形だとか、
その組み合わせだとか言われますが、
江戸時代に庶民に普及しました。

四十九日など、何となく仏教的ではありますが、
仏教では、人は死んだら霊魂が残るとは教えられていません。
だからもちろん僧侶に他人の霊魂を入れたり出したりはできません。

もし僧侶が「戒名がないと位牌に書く名前がありませんよ」と不安にさせて、
多額のお布施を要求するようなら、
戒名も位牌もなしで、まったく問題ありません。

実際、仏教の日本最大の宗派である
浄土真宗では位牌はまったく使いません。

仏教で位牌なしでOKなのはなぜ?

それというのも、仏教の本来の教えでは、
どんな宗派であっても、魂入れをして
霊魂が板に宿ることはありません。

亡くなられた方は、
生前、仏教を聞いて、迷いの根源が絶ちきられていれば、
死ぬと同時に極楽浄土に往って、仏に生まれていますし、
そうでない場合は、生前の行いによって、
因果の道理にしたがって、最大四十九日で、
六道のいずれかに転生していきます。

魂入れをしても、亡くなった方の霊魂が、
人間界にとどまることはないのです。

それよりも問題は、
生きているときに仏教を聞いて、
六道輪廻の迷いの根本原因を断ち切って、
いつ死んでも極楽往き間違いなしの身になっておくことです。

では、どうすれば生きているときに
六道輪廻の根本原因を絶ちきって、
この世から未来永遠の幸せになれるのかについては、
小冊子と無料のメール講座にまとめておきました。

関連記事

目次(記事一覧)へ