お寺の目的

お寺は、全国に7万カ寺以上あると言われます。
コンビニは、約4万ですので、コンビニよりはるかに多くあります。

しかしコンビニのほうが人が多く集まり、繁盛しているように見えます。
江戸時代には30万カ寺あったお寺は、明治時代には10万カ寺になり、
現在は7万7カ寺、その中で住職のいない空き寺が
1万5千から2万カ寺ですから、実質6万カ寺と、急速に減っています。

一体お寺は、何のためにあるのでしょうか?
まずは、お寺と神社の違い、見分け方をみてみましょう。

お寺と神社の4つの違い

お寺とよく混同されるものに神社があります。
いっしょくたに「神社仏閣」と呼ばれています。
お寺と神社にはどんな違いがあるのでしょうか?

1.鳥居の有無

まず、お寺には鳥居はありませんが、
神社には鳥居があります。
鳥居とは、赤くて独特の形をした門のようなものです。

鳥居があったら、そこはお寺ではありません。
これは見た目で分かりやすいポイントです。

2.お墓の有無

次に、お寺にはお墓がありますが、
神社にはありません。
神道では、死をけがれとして遠ざけますので、
お墓はありませんし、神社でお葬式を行うこともありません。
お寺ではお葬式を行います。

3.名前

最後に、その建物の名前で分かります。

最後に「」とついたらお寺です。
華厳宗の東大寺
法相宗の興福寺
天台宗の比叡山延暦寺
真言宗の金剛峯寺
禅宗の永平寺
浄土真宗の本願寺など、ほとんど「」とつきます。

たまに、浄土宗の知恩院や、
10円玉の平等院のように、
」で終わるお寺もあります。

神社の場合、
厳島神社、出雲大社のように「」で終わるか、
伊勢神宮、太宰府天満宮、日光東照宮のように、
」で終わります。

このように名前が分かれば、
お寺か神社か分かります。

4.宗教の違い

最後に、根本的なこととして宗教が違います。
お寺の宗教は仏教で、
神社の宗教は神道です。

仏教と神道の教えはまったく違います。
どう違うのかは「仏教と神道の違い」の記事を見て頂くことにして、
根本的には仏教と神道の教えの違いから、
外見上の色々な違いが出てきています。

では話を戻して、お寺は何のためにあるのでしょうか?

お寺は葬式や墓番をするところ?

現在、お寺というと、結婚のための出会いを提供し、
婚活」をするところもありますが、
ほとんどは、葬式法事、墓守をするのが目的のように
みんな思っています。

ところがそれは、江戸時代に強調されたもので、
本来のお寺の役割ではありません。

江戸時代には、幕府が領民を掌握するために、
全員を檀家として家ごとに寺院に所属させました。

そこで寺院は、経営を安定させるために、
先祖供養を強調して、定着させたのです。

しかし、葬式も、先祖供養も、
お釈迦さまの説かれた仏教の教えではありません。
日本の土着の宗教が混ざったものです。

では、お寺は本来何のためにあるのでしょうか。

お寺の本来の目的

2600年前のインドで、
お釈迦さまが仏教を説き始められた最初は、
当然ながらお寺はありませんでした。

お釈迦さまは定住されず、色々なところに教えを説きに行かれるので、
仏教を聞きたい人は、自宅や、今でいう公民館のような、
村の休憩所にお釈迦さまを招待して、教えを聞いていました。

それがだんだん仏教を聞く人が増えてくると、
仏教を聞くための建物を建てるようになります。
これをインドの言葉で「ビハーラ」、
中国の言葉で「精舎」といい、
日本の言葉で「寺院」といいます。
お寺」です。

お釈迦さまがおられたときに建立された最初の寺院が「竹林精舎(ちくりんしょうじゃ)」、
一番有名なのは平家物語の冒頭に出てくる「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)」です。

これらは、説法を聞くための聞法会場です。

やがて、お釈迦さまのお弟子が定住するようになると、
お寺に住むようになり、お寺の中心である本堂に
御本尊を安置して、荘厳するようになったのです。

このように、仏教を聞くには場所が必要ですから、
お寺は本来、仏教を説かれる仏様を招待して、
仏教を教えを聞くために建てられた聞法会場
なのです。

仏教の教えには、どんな人でも、
苦しみを離れ本当の幸せになる道が教えられていますから、
お寺に行く本当の目的は、仏教を聞いて、
本当の幸せになることなのです。

ところが現代では、仏教の教えが説かれるお寺が
ほとんどなくなってしまいましたので、
仏教には、どのように苦しみから離れ、
本当の幸せになれると教えられているのかについては、
小冊子とメール講座にまとめてあります。
ぜひ読んでみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ