ブッダは死後を説かれなかった?

ブッダは、「死後を説かれなかった」という人がたまにあります。

そんなことを言う人のほとんどは、経典をまったく読んだことのない人ですが、まれにマイナーな仏教学者でも、そう主張する人があります。

ちなみに有名な仏教学者の中村元は、(お経を読んだことがあるので)当然
仏教では、輪廻ということを説きます」(『中村元「老いと死」を語る』)
と言っています。

では一体なぜ、「ブッダは死後を説かれなかった
などという主張が出てくるのでしょうか。

ブッダは死後を"否定された"は初歩的な間違い

まず「ブッダは死後を説かれなかった」どころか、
ブッダは死後を否定された」という人があります。

否定された」まで行くと、仏教の基本的な教えを知らない、初歩的な間違いになります。

なぜなら仏教では、死後が無になるとか、死後はないという考えを
断見外道(だんけんげどう)」と言い、
すべての結果には必ず原因がある」という因果の道理に反するので、
厳しく否定されているからです。

ブッダは死後を否定された」と言うような人は、まず、仏教の根幹である因果の道理をよく理解しなければなりません。

次に「ブッダは死後を説かれなかった」という人はどんな人でしょうか。

経典の至る所に死後が説かれている!

次に「ブッダは死後を説かれなかった」という人のほとんどは、七千余巻もある経典を一巻も読んだことのない人です。
少し経典を読むと、至るところに、地獄餓鬼畜生などの六道や、生死輪廻が説かれています。
これらは生まれる前や死んだ後のことです。
漢訳の大乗経典はもちろん、小乗経典も、テーラワーダ仏教の伝えるパーリ経典も同様です。

例えば、漢訳の小乗経典にはこのように説かれています。
「彼、身に悪行を行じ、口と意に悪行を行じ、すでにこの因、この縁ありて、この身壊れて命終わり、必ず悪所に至り、地獄の中に生ず」(『癡慧地経』)

「若し衆生ありて、心の瞋恚によるが故に、身壊れて命終わり、必ず悪所に至り、地獄の中に生ず」 (『鸚鵡経』)

次に、パーリ仏典にはこうあります。
「人がこの世でなすとの両者は、その人の所有するものであり、人はそれをとっておもむく。
それは、かれに従うものである。影がそのからだから離れないように。
それ故に善いことを諸々の功徳は、あの来世において人々のよりどころとなる」
(『サンユッタ・ニカーヤ』)

「不善なる人というものは、(中略)肉体の滅びた後、死後には、不善なる人たちの赴く所へ生まれ変わるのです。
修行僧たちよ、不善なる人たちの赴く所とはなんでしょうか。
地獄、あるいは畜生です」(中部経典『チューラプンナマ経』)

特に古いといわれている『ダンマパダ』でもそうです。
いことをした人は、この世で憂え、来世でも憂え、ふたつのところで共に憂える。(中略)
善いことをした人は、この世で喜び、来世でも喜び、ふたつのところで共に喜ぶ」
(『ダンマパダ』)

「鉄より生じたさびが、鉄より生じた鉄を損なうように、罪をなす者たちは自身のなした行為のために地獄に導かれる」
(『ダンマパダ』)

ぜひ実際に近くの図書館で経典をパラパラめくってみてください。
簡単に見つかります。

それというのも、ブッダの説かれた仏教の目的は、生死輪廻からの解脱だからです。
もし死後を説かれていないとすれば、ブッダが仏教を説かれた意味は、まったくなくなってしまいます。

ブッダが至るところに死後を説かれているのは、当然のことなのです。

ところがそれにもかかわらず、一部に
ブッダは死後を説かれなかった
という仏教学者があります。
一体どういうことなのでしょうか。

死後を説かれなかったという仏教学者の出典

その最大の根拠は『箭喩経(せんゆきょう)』というお経にある「無記」です。
無記」とは、
お釈迦さまがお答えになられなかった」ということです。

それはどんなことかといいますと、ある哲学青年が、ブッダのお弟子となり、
如来(にょらい)の死後はどうなるのでしょうか?
とお尋ねしました。

如来」というのは「」とか「ブッダ」と同じ意味で、生死輪廻から解脱した人のことです。

それに対してブッダはお答えになられませんでした。
その代わり、有名な「毒矢のたとえ」を説かれています。

ある人が矢で射られて、毒矢が刺さったので、みんな驚いて抜こうとしたが、その人は、
ちょっとまった。この毒矢はどこから飛んできたのだろうか?
矢を射たのは男か
女か。この毒の成分は何だろうか。興味がある。
それが分かってから抜こう

と、毒矢を抜かずに調べているうちに、死んでしまった。

このような、自分の救いに関係のない問いを仏教で「戯論(けろん)」といいます。

ブッダが質問に答えられなかったのは、
ブッダの死後はどうなるのか」という問いは、この青年の救いとは関係なく、単なる知識欲を満たすための、戯論だったからなのです。

知識欲は無限に満たしきることはできませんが、無常は迅速ですので、戯論を問題にしているうちに、人生が終わってしまいます。

この「無記」を根拠として一部の学者が
ブッダは死後を説かれなかった
と主張しているのです。

なぜこんなわずかな根拠から、至るところに説かれている死後を無視して、そんな主張をするのでしょうか。

学者が死後を認めたくない理由

まず、こんな主張をするのは、近代仏教学の仏教学者です。

近代仏教学というのは、大正時代以降、文明開化の風潮で、日本の仏教学者が西洋の文献学的な仏教研究を取り入れたもので、江戸時代にはなかったものです。

ところが、西洋の仏教研究は、19世紀に始まったもので歴史も浅い上に、2つの文化的な偏りがあります。
1つは、言葉と論理を重視することです。仏教は本来、言葉を離れた真理を、やむを得ず不完全な言葉で表されたものです。
ですから仏教で明らかにされた真理は言葉や論理で表せません。
ところが西洋の伝統では、真理は言葉で表せるものという前提があり、言葉と論理で理解できないことは否定してしまう傾向があるのです。

もう1つは、実証主義によるものですが、五感で確認できないものは認めないのです。
その為、どうしても現世的、世俗的になります。
仏教には、この世に生まれる前の過去世や、死んだ後の未来世が明らかに説かれているのですが、現世以外は認めたくないのです。

この2つの偏りから、仏教の何が理解できなかったかというと、輪廻転生です。
仏教では「無我」を説かれて、固定不変な霊魂は否定されているのに、死後「輪廻転生」するというのは、おかしいのではないかと言い始めたのです。

仏教では「無我」も「輪廻」もどちらも説かれており、仏教を正しく理解すれば矛盾はないのですが、当時の仏教学者は理解できなかったため、西洋哲学に似ている「無我」を受け入れ、「輪廻転生」を否定し始めたのです。

輪廻…?私によく分からないということは、 釈迦も何かの間違いだろう
といった感じです。

そして、経典の至るところに説かれる輪廻転生は、当時のインド文化の影響で、ブッダは当時の人々に合わせて使われたが、本心ではない、などと、何の根拠もないことを言い出したのです。非常に主観的な態度と言わざるを得ません。

現代日本における影響

もし、ブッダが死後を説かれなかったとか、説かれたとしても、本心ではないとすれば、輪廻転生からの解脱という仏教の目的も意味がなくなり、すべてはブッダのいわれる戯論になってしまうでしょう。
仏教の教えはこの近代仏教学の主張によって破壊されてしまいます。
この近代仏教学によって、すべての人が本当の幸せになれる道が閉ざされてしまうのです。

このように、自分の考えで、2600年前から続いてきた仏教の教えを曲げてしまうということがありますので、仏教を学ぶときは、自分の理解に仏教の教えを合わせるのではなく、仏教の教えを自分が理解しなければなりません。
当然ですが注意が必要です。

ところがこの主張は、日本の仏教学会で受け入れられてしまい、仏教の大学で学ぶ仏教は、このような西洋の影響を受けた近代仏教学になってしまいました。
最近では伝統仏教の教団の大学でも、この近代仏教学の影響を大きく受けていますので、現代の日本の大学で、自分の人生に関係のない学問的なものが多くなり、すべての人が本当の幸せになれる、本来の仏教は学べなくなってしまったのです。

このままでは、仏教伝来以来1500年間続いてきた仏教は、私たちの世代で日本から消えてしまいます。

そこで、2600年前から説かれている私たちを本当の幸せにする力のある本来の仏教を、小冊子とメール講座にまとめました。
ただ、もしあなたが仏教を破壊する学者たちに共感するようなら読まないでください。
そうでない場合は、今すぐ本当の仏教を学んで、私たちの手で、本当の仏教の教えを伝えていきましょう。

関連記事

目次(記事一覧)へ