祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)とは?

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で始まる平家物語は、
日本人なら誰しも一度は聞いたことがあると思います。

では、祇園精舎とは一体何なのでしょうか?
そして、鐘の声とはどんな意味なのでしょうか?

祇園精舎とは

祇園精舎」とは、祇園に建てられた精舎
ということです。

祇園」とは、約2600年前、インドのコーサラ国(拘薩羅国)の
祇多太子(ぎだたいし)が所有していた林で、祇樹(ぎじゅ)ともいいます。
精舎」とはお寺のことで、
祇園精舎は、ブッダが説法をされた代表的なお寺です。

正式には祇樹給孤独園精舎(ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ)
ともいいます。

5世紀初め、中国からインドへ行った
三蔵法師法顕(ほっけん)の『法顕伝(仏国記)』によれば、
コーサラ国の首都の舎衛城(しゃえいじょう)の南門から
南へ1200歩のところにあったといいます。

門の左右に柱があり、周りの池は清らかで、
樹木が生い茂り、色々な花が咲いていたそうです。

ところが7世紀の三蔵法師玄奘(げんじょう)の『西域記』によれば、
城の南5〜6里に祇園精舎があったそうですが、
すでに荒廃していたとあります。

祇園精舎の鐘の声とは?

平家物語の一番最初に、
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
とあるのは、もともとは平安時代の天台宗僧侶
源信僧都(げんしんそうず)の『往生要集』にこのようにあります。

諸行は無常なり。
 これ生滅の法なり。
 生滅滅しをはりて、
 寂滅なるを楽となす

祇園寺の無常堂の四の隅に、頗梨(はり)の鐘あり。
鐘の音のなかにまたこの偈を説く。
病僧音を聞きて、苦悩すなはち除こりて、
清涼の楽を得ること、三禅に入り浄土に生れなんとするがごとし」

この「祇園寺」というのが祇園精舎です。
祇園精舎には、無常堂という建物があって、
祇園精舎で修行していた僧侶が病気になり、
死期が近づくと、そこに移されました。

無常堂の四隅には、はりというガラスか水晶の鐘があり、
その透き通った音色からは、
涅槃経』に
諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽
と説かれる有名な無常偈(むじょうげ)が聞こえます。

涅槃経』に説かれる雪山童子は、命をかけて
この無常偈を求め聞き、さとりを開いたように、
病の僧侶も、この無常の説法を聞いて、
苦しみが除かれ、浄土へ生まれるような喜びが起きる
ということです。

このことを、平家物語の冒頭に、
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
と言われているのです。

祇園精舎を建立した給孤独長者

この祇園精舎を建立したのは、
コーサラ国の長者であり、
大臣でもあったスダッタ、
またの名を給孤独長者(ぎっこどくちょうじゃ)といいました。

給孤独」というのは、
大変布施の心が強く、身寄りのない孤独な人たちに
食事を与えていたからでした。

なぜ給孤独長者はブッダにめぐりあい、
仏教を聞くようになったのでしょうか?

当時、給孤独長者は、子供の一人に
すてきなお嫁さんを探していました。
そこで、インド一の強国、マガダ国に住んでいた、
妻の兄を尋ねます。

ところが給孤独長者がお義兄さんの家に到着すると、
いつになく、バタバタしています。

使用人たちが、忙しそうに掃除をしたり、
料理の準備をしたりしているので、
結婚式か、王様クラスのお客さんでもあるのだろうか
とお義兄さんに尋ねると、
実は、明日、仏陀(ブッダ)をご招待しているのだよ
と嬉しそうに答えます。

……ぶぶぶ、仏陀を招待!?
あまりのことに、給孤独長者は言葉を失いました。
仏陀とは、インドに古くから伝えられる、
最高のさとりを開いた、伝説の聖者です。
同じくインドの全世界を支配する伝説の王である
天輪王(てんりんのう)にたとえられます。

そんな尊い方が今の世に存在しているだけで信じられないのに、
明日家に招待していると
さらっとお義兄さんは言うのです。

仏陀……そんな方がおられるのですか……?

そうだよ、釈迦族のシッダルタ王子が、
大宇宙最高のさとりを開かれて仏陀になられたんだ。
各地で、どんな人でも本当の幸せになれる道を説かれているんだけど、
明日はうちで、ご説法をしてくださるんだよ

仏陀が、お義兄さんのうちでご説法……本当ですか?
そうだよ、なにしろ仏陀だからね。
失礼があったら大変だろ?
それで最高のおもてなしの準備をしてるんだ

……それは、私も聞きにきてもいいのでしょうか
もちろんいいよ、ぜひ聞きにおいで

給孤独長者は、布施の心が強かったため、
すでにたくさんのお金に恵まれ、高い地位も得て、
子供も立派に育てましたが、
それでも何か満たされない、虚しい心がありました。
私の人生とは本当にこのままで終わっていいのだろうか
とかねがね本当の生きる意味を求めていた給孤独長者は、
翌日、ブッダのご説法を聞きに来たのです。

最初は半信半疑だった給孤独長者も、
ブッダのご説法を聞くと、
よくある生き方程度の話とは次元の違う内容に、
鳥肌が立ちました。
これは、本物だ……
続けて仏教を聞かずにはいられなくなった
給孤独長者は、やがて、
この教えこそがすべての人が救われる
たった一本の道であることが知らされると、
こんなすばらしい、貴重な教えのあることを
もっと多くの人に知らせたい
と思うようになったのです。

祇園精舎の建立

給孤独長者は、仏教の教えを聞く会場となるお寺を建てて、
ブッダに寄進しようと考えました。

しかし、人が多いからといって、
あまりに都会の真ん中では話を聞くのに騒がしく、
あまりに辺境の地では、多くの人が参詣するのに大変です。

給孤独長者はちょうどいい場所はないものかと、
ブッダのお弟子の舎利弗尊者と各地を探し回っているうちに、
理想的な候補地を発見しました。

調べてみると、そこはコーサラ国の王子、
祇多太子の所有地です。

そこで給孤独長者は、祇多太子に会いに行き、
何とかその地を譲ってもらえないでしょうか
とお願いしますが、太子は相手にしません。

給孤独長者が、まったくあきらめずに熱心に懇願するので、
祇多太子は、誰も思いつかないような法外な値段を言って
あきらめさせようとしました。

そんなにたのむなら仕方ない、
ほしいだけの地面を黄金で埋めれば、
その黄金と引き替えに、
敷き詰めた分の土地を売ってあげよう

ところが長者は驚かないばかりか、
大喜びで家に飛んで帰りました。

そして、さっそく使用人たちに、
皆の者、家財の一切を売り払って黄金に変え、
祇多太子の所有林に敷き詰めよ

と命じました。

あまりのことに一同驚きますが、
長者さまのご命令ですから、従わざるをえません。
蓄えてあった宝をどんどん金貨に変え、
祇多太子の林に敷き詰めて行きます。

林にだんだんと黄金が敷き詰められていくのを見た祇多太子は、
給孤独長者の常識では考えられない行動に驚き、
お前はなぜそんなにあの林が欲しいのだ
と問いただします。

「それは、今、ブッダが、すべての人が救われる
この上ない教えを説いておられるのです。
人は、どれだけお金や地位を手に入れても、
心からの安心も満足もありません。
どこへ向かって生きればいいのかわからず、
暗い毎日を送っている人類にとって、
光となる教えなのです。

聞き難い仏教を聞けることは、
果てしない生まれ変わり死に変わりの中にもないことです。
お金など惜しくはありません。
一人でも多くの人にこの教えを聞いてもらいたいのです」。

それを聞いた祇多太子は驚いて、
そういうことであったのか……。
それなら私にも手伝わせてくれ

そして残りは祇多太子がブッダ布施をすることになりました。

こうして、その場所は、祇多太子と給孤独長者の名前をとって
祇樹給孤独園と名づけられ、建立された精舎には、
祇樹給孤独園精舎(ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ)」、
略して祇園精舎と名づけられたのです。

こうして建立された祇園精舎を拠点とされ、
ブッダは、たくさんの教えを説かれ、
有名なものでは華厳経の最後や阿弥陀経などもあります。
今日までどれだけの人が救われたかわかりません。

ブッダの十大弟子の一人、フルナ尊者も、
この祇園精舎で仏縁を結びました。

今日の日本でも、祇園精舎の名前が平家物語に登場するばかりでなく、
阿弥陀経は、日本の最大宗派である浄土真宗葬式法事でよく読まれますので、
給孤独長者の祇園精舎建立は、今日でも、不滅の光を放っているのです。

ではそのブッダが教えられた、
すべての人が本当の幸せになれる道とはどんなものなのか、
ということについては、仏教の真髄ですので、
小冊子とメール講座に分かりやすくまとめておきました。
花祭りをご縁に、肝心の仏教の教えを聞かせていただきましょう。

関連記事

目次(記事一覧)へ