花祭りとは?

花祭り」とは、お釈迦さまのお誕生日を祝う
仏教の行事で、「灌仏会(かんぶつえ)」等ともいわれます。
お釈迦さまがお生まれになった4月8日を中心に行われ、
祭りを否定する仏教で唯一「祭り」といわれる行事です。

いつ頃から行われていたのでしょうか?

花祭りの歴史

花祭りは、仏教を開かれたお釈迦さまの誕生日を祝う行事ですので、
仏教なら宗派を問わず、共通して祝われます。

古くは西域で行われていたようですが、
中国では4世紀の後趙で行われ、
唐や宋の時代に広まりました。

日本で最初に花祭りが行われたのは、
聖徳太子が活躍していた606年の4月8日とされています。
その後、奈良時代には、大きなお寺に広まり、
平安時代には、お寺の年中行事として一般化しました。
江戸時代になると、寺子屋で庶民に広まります。

灌仏会」といわれたのは、840年の4月8日が最初で、
花祭り」は、明治時代に浄土宗から始まったものです。
それ以来、どの宗派でも「花祭り」といわれることが
一番多くなりました。

では花祭りは、一体どんな行事なのでしょうか?

花祭りとは

お釈迦さまは、約2600年前、
インドのカピラ城の主であった浄飯王(じょうぼんのう)、
マーヤー(摩耶)夫人の間に生まれられました。
マーヤー夫人が出産のために故郷に帰省される途中、
4月8日、美しい花が咲き乱れる「ルンビニー園」という花園で生まれられましたので、
お釈迦さまのお誕生日を花祭りといって祝います。

現在の日本の花祭りは何をするのかというと、
花で飾った小さなお堂の中の、
右手で天を、左手で地を指さした、
生まれたばかりのお釈迦様である誕生仏に、
甘茶をかけて祝います。

お釈迦様がお生まれになったときに、
香水でその身体を洗ったからだとか、
天から甘露が降り注いだからだと言われます。

そのときお釈迦さまは、四方に7歩ずつ歩かれて、
天上天下唯我独尊」と言われたと伝えられますが、
一体どんな意味なのでしょうか?

天上天下唯我独尊の意味

天上天下唯我独尊」の意味は、
おれが一番えらいんだ」という意味に
よく誤解されています。

しかしそれは大きな間違いです。
なぜ間違いなのか、正しい意味はどんな意味なのかは、
天上天下唯我独尊のページをご覧頂ければと思いますが、
いい線行ってる解釈に、
金子みすずの「みんなちがってみんないい
という詩をひいたりして、
私たち一人一人の命はそのまま尊いのだ
等というものがあります。

ところが、そこで終わっては、
なぜ一人一人の命が尊いのか分かりません。

それは、お釈迦さまが、どんな人も果たすことのできる
人間に生まれた尊い目的を教えられているからです。
それは、何のために生まれて来たのか、
何のために生きているのか、
なぜ苦しくても生きねばならないのか、
という生きる意味でもあります。

ではそれは一体何なのでしょうか?

お釈迦さまが7歩歩かれた意味

それは、お釈迦さまが四方に7歩歩かれた
というところにヒントがあります。

7というのは、6プラス1です。
6というのは、私たちが生まれ変わり死に変わり、
果てしなく苦しみ続ける、迷いの世界「六道」を表しています。
その六道から、離れる道を明らかにすることが、
仏教の目的ですから、
それを6プラス1歩の7歩で表されているのです。

六道の迷いを離れるには、仏教を聞かなければならないのですが、
仏教は、人間に生まれたときしか聞けませんから、
人間に生まれた目的は、仏教を聞いて、迷いを離れ、
本当の幸福になることなのです。

そんな尊い目的を持った命だから、
一人一人の命が尊いといわれるのです。

そして、お釈迦様がこれから一生涯仏教に説かれることは、この
すべての人が迷いを離れて本当の幸せになれる道
なのだということで
お釈迦さま誕生のエピソードとして、
教えられているのです。

そして、お釈迦さまがお生まれになられなければ
誰も聞くことができなかった、
仏教の教えがあまりにも尊いために、
花祭りをしてお釈迦さまに甘茶をかけて誕生日をお祝いするのです。

では仏教に教えられる、
すべての人が本当の幸せになれる道とはどんなものなのか、
ということについては、仏教の真髄ですので、
小冊子とメール講座に分かりやすくまとめておきました。
花祭りをご縁に、肝心の仏教の教えを聞かせていただきましょう。

関連記事

目次(記事一覧)へ