玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)とは

玄奘」といえば、西遊記に出てくる三蔵法師です。
西遊記は、孫悟空と沙悟浄、猪八戒を引き連れて、天竺まで経典を取りに行き、
中国へ戻ってきた冒険物語ですが、日本のマンガでも、
ドラコンボールのモデルにもなっています。

玄奘三蔵は、実在の人物ですが、どんな人だったのでしょうか?

玄奘三蔵の生い立ち

玄奘は、西暦600年に生まれました。
ちょうど日本では聖徳太子が活躍中で、
遣隋使を派遣していた頃です。

5歳のときにお母さんを、
10歳のときにお父さんを亡くし、
11歳のときに、すでに出家していた兄をたよりに
洛陽の浄土寺に身を寄せ、お経を学び始めました。

13歳のとき、国家の認める僧侶になる
試験がありました。玄奘はまだ出家前で、
受験資格もありませんでしたが、
試験会場を見に行きます。

すると、試験官に声をかけられます。
「そなたも僧侶になりたいのか?」
はい、ですが私はまだ13歳で受験資格がありません
僧侶になったらどうする?」
遠く如来の教えをつぎ、多くの人に伝えたいと思います
この尊い志に感動した試験官は、
玄奘を僧侶に推薦してくれたのです。

13歳で、正式に僧侶になった玄奘は、
仏教の学問の研究に没頭します。
洛陽で5年間学びますが、洛陽で随に対する反乱が起き、
戦火に包まれたので、これから唐の都となる長安や
蜀の都、成都など、各地で仏教の学問に励みます。

やがて、中国中のあらゆる経典を学び尽くすと、
漢訳された経典内の矛盾や、
各地の高僧の解釈の違いに、中国での学問に限界を感じ、
仏教の説かれたインドへ行って、
もっと詳しく学びたいと思うようになります。

しかし、唐の建国のまっただ中のこの戦乱の時には、
国を出るのに許可が必要でした。
何度も嘆願書を出して申請しますが、
すべて却下されます。
ついに、28歳のとき、国の法律を破って
旅立つことにします。

8月の旅立ちの前夜、幼いときに亡くなった母親が
どこへ行くのかい?
と夢に現れました。玄奘は、
法を求めてインドへ行きます
と答え、翌朝、出発します。

仏法のためなら、たとえ道なかばで死んでも後悔はない
という決意です。

玄奘のインドへの旅

まず中国北西部の涼州に行き、
お経の講義をしていると、
非常にすぐれた講義だったので、
たくさんのお布施が集まりましたが、
インドへ法を求めに行こうとしている僧侶
が涼州の責任者の耳に入り、帰るように命ぜられます。

ところが、玄奘に共感を覚えた地元の僧侶が、
西の瓜州へ逃がしてくれます。

そこからは、深くて流れの速い河を渡り、
5つののろし台のある峰を過ぎたあと、
ゴビ砂漠を越えなければなりません。

語学を学びながら情報を集めていると、
違法出国しようとする玄奘を連れ戻すよう通達が出されたので、
馬1頭と、地元の人1人を雇い、出発します。

ところが、深くて流れの速い河を渡ったところで、
これ以上とてもついていけないと、
地元の人は引き返してしまいます。

そして、のろし台を通るときも、
矢が飛んできて捕まりますが、
たまたま仏教を信じていた責任者に見逃してもらい、
ゴビ砂漠を一人で横切っていきます。

食糧も水も底をつき、
魑魅魍魎に襲われますが、
奇跡的にゴビ砂漠を抜け、
28歳の暮れに高昌国(トルファン)へたどりつきます。

そこでは、王様から大変な歓待を受け、
国民全員が帰依するから国師として一生留まって欲しい
と懇願されます。

ついには一室に閉じ込められますが、
何としても旅立つ決意は変わらず、
断食すると、王は根負けして、
帰りには3年間高昌国に立ち寄るという約束で、
出発を許してくれました。

王は莫大な旅費を布施し、玄奘を抱きしめて
泣きながら見送ってくれましたが、
この約束はついに果たされることはありませんでした。
やがて玄奘がインドで学びを終え、
帰ろうとする1年前に、高昌国は唐に滅ぼされ、
王も死んでしまったのです。
諸行無常です。

やがて玄奘は、
250年前に現れた偉大な三蔵法師
鳩摩羅什の故国、亀茲国に入ると、
2ヶ月間滞在します。

そこは仏教はインドの原典で学び、
色々な人が往来する、
語学学習に適したところだったそうです。

その次に現れた難所は、テンシャン山脈でした。
夏でも雪がとけない極寒の氷山です。
強風が吹けば、砂や石が飛んできます。
眠ろうにも渇いたところはありません。
遭難覚悟の7日間の旅で、
死者は3分の1にのぼる、
最大の難所でした。

命からがら通り抜けた玄奘は、
(キルギス共和国の)イシク・クル湖に出ます。
それからシルクロードを西へ進み、
(ウズベキスタンの)タシケント・サマルカンドを通り、
(アフガニスタンの)バーミヤン、ガンダーラを通って、
インダス河を渡り、カシミールに入ります。

そこで2年間高僧に学び、
祇園精舎やカピラ城、ルンビニー園などの
ブッダゆかりの地を見て回りながら、
目的地のマガダ国のナーランダー寺にたどり着きます。
31歳でした。

それから、10年間学問を深め、
インドの王たちにも玄奘の名が知れ渡るようになった
といいます。

帰国

41歳になった玄奘は、学び終えた大乗の教えを
中国に広めたいと、帰国を決意します。

集めた経典を運ぶのに、馬が22頭必要でした。

インダス川を渡る際には、一隻の川船が転覆し、
50巻の経典が失われました。
そこで玄奘は、50日間滞在して
失った経典を書写する事故もありました。

ついに645年、玄奘が45歳のとき、
17年ぶりに中国の都・長安へ帰り着きます。

玄奘が唐の太宗皇帝に面会すると、
還俗して片腕として働いてほしい
といわれますが、
命をかけて持ち帰った経典を翻訳し、
生涯を仏教に捧げたいという決意を表明すると、
皇帝は、長安に長安に翻訳所を設置しました。

皇帝に請われ、インド旅行記である『大唐西域記』12巻を
翌年46歳のときに口述し、弟子が筆記しました。
これが後に『西遊記』のもとになります。

玄奘の翻訳の量と質

国家プロジェクトとして始まった
翻訳事業は、沢山のアシスタントのもと、
大変な勢いで進められました。

2年間で
大菩薩蔵経』20巻
仏地経』1巻
六門陀羅尼経』1巻
顕揚聖教論』20巻、
そして、
瑜伽師地論』100巻が翻訳されます。

こうして平均5日に1巻の離れ業で翻訳が進められますが、
玄奘の起床は早朝5時、消灯は深夜1時です。
寸暇を惜しんで翻訳し、
やがて時間がなくなってくると、
起床は早朝3時になります。

60歳を過ぎ、余命いくばくもないことを自覚すると、
常に無常を見つめて、弟子達にこう言ったといいます。
この玄奘は余命長くはない、必ずこのに命を終えるであろう。
いまだ翻訳すべき経典ははなはだ多く、訳し切れないことを恐れる。
いよいよ奮励努力して苦労を惜しんではならない

このように翻訳作業はますます速度を上げ、
2日に1巻の驚異の速度となります。

こうして『大般若経』600巻や
天親菩薩の『倶舎論』、『唯識二十論』、『唯識三十頌』 なども翻訳し、
17年間で最終的に翻訳したお釈迦さまの経典や、
菩薩の論の総数は、
1335巻になりました。

その人間離れした迅速な翻訳にもかかわらず、クオリティも高く、
それまでの翻訳に対して「新訳」といわれるようになりました。
そして、
三蔵法師といえば玄奘、
玄奘といえば三蔵法師
を思い出す、三蔵法師の代表のようになっています。

そして弟子の窺基(きき)は、
玄奘の翻訳したお経から、
法相宗を開き、日本にも伝わっています。
昔は、仏教の基礎理論として、
僧侶を志す人なら誰もが学んだ学問となりました。

では、その学問の基礎の上に、
どうすれば本当の幸せになれるのか
という仏教の真髄については、
わかりやすく小冊子とメール講座にまとめました。
ぜひみてみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ