海外の反応

仏教は、インドから中国、日本へと伝えられ、
近代になると、キリスト教圏のヨーロッパでも仏教が知られ、
大きなインパクトを与えています。

まずはハリウッドです。

ハリウッド映画スター

キアヌ・リーブズ

キアヌ・リーブズは、『スピード』で大ヒットし、
『マトリックス』などにも出ています。
『リトル・ブッダ』ではお釈迦さまであるシッダルタ役でした。
こう言っています。

「私が仏教から学んだ多くの事は、人間であり、感覚の理解、諸行無常
その人と、その人がどこから来たのかを理解することだ」
キアヌ・リーブズは仏教徒であることも有名です。

リチャード・ギア

日本好きとして知られているリチャード・ギアは、
マサチューセッツ大学で哲学を学んでいましたが、中退し、
映画俳優になりました。

元首相の小泉純一郎と顔が似ていると言われています。
日本の『シャルウィーダンス?』のリメイク、
忠犬ハチ公を元にした『HACHI 約束の犬』に 出演しています。
熱心な仏教徒で、こう言っています。

「私の20代前半の人生は意味をなさなかった。
それまでたくさんの哲学的でスピリチュアルなシステムを試していた。
そして、仏教のアプローチにすごい親近感を感じた。
その理由で大きいのは、
仏教は、心の状態や、私自身と世界の経験の状態について
私に責任を残しているからだと思う。
そしてそれら全部を変化させるとてもシステマティックなアプローチ。
──心や精神を変え、したがって外側の世界も変える(リチャード・ギア)」

ブラッド・ピット

アカデミー賞に俳優として3度ノミネートされ、
元大統領のオバマの遠い親戚であるブラッド・ピットは、
こう言っています。

ハリウッドではたくさんの人が、仏教徒になっている。
アメリカの至上命令である”金持ちになって有名になれ”
では幸せにはなれない」
(ブラッド・ピット)

世界最強スポーツ選手

海外のトップレベルのアスリートの間でも
仏教は人気です。

タイガー・ウッズ

小さい頃からゴルフに生涯をかけ、
生涯獲得賞金額100億円を突破した
史上最強のプロゴルファーも、
仏教によるところが大きくあります。

「仏教は、ボクの人生で大きな役割を果たしている。
若い頃には持たなかった内なる平和と穏やかさを与えてくれた。
それは仏教を教えてくれた母さんのおかげだ。
でも毎日のように仏教の実践をしているわけではない。
やりたいと思ったときだけだ。
自分が弱っていると感じたとき、それが、ボクがいつも仏教を実践するときだ」
(タイガー・ウッズ)

マイケル・ジョーダン

15年の選手生活で、数々のNBA歴代1位の記録を樹立した
史上最強のバスケットボール選手。
バスケットボールの神様と言われるマイケル・ジョーダンも、
こう言います。

「私は少し仏教を使おうと決めたものだ。
リラックスして、フラストレーションを抱えている代わりに、
ただ微笑んでそれを流れるままにし、
思考を集中しただけで、
私のフラストレーションはまったく違う形になった」
(マイケル・ジョーダン)

歴史に名を残す知識人

翻訳の問題があり、正しい仏教の教えは分からないと思いますが、
仏教の教えの片鱗に触れ、ヨーロッパの知識人たちは、
どんなことを言っているでしょうか。

ニーチェ

19世紀のドイツの哲学者、ニーチェは次のように言っています。
仏教はキリスト教に比べれば、100倍くらい現実的です
仏教は、歴史的に見て、ただ一つのきちんと論理的に
ものを考える宗教と言っていいでしょう
」(ニーチェ)

H.G.ウエルズ

『タイムマシン』や『透明人間』などの作品で有名なイギリスの作家で、
歴史家としても世界の文化史全12巻を著したH.G.ウエルズは、
仏教は、現代の思想と調和する、世界史上もっとも深遠な教えであることに
比較的早い段階で気づいています。

仏教の根本教義は、これをその源泉なる原文について研究して見れば明らかなる如く、
決して難解渋晦なものではなくて、いかにも明瞭であり単純であり、
しかして現代思想と完全に調和と密接な適合を示す。
これを世界開びゃく以来最も深遠透徹な智性の人の
創造物と讃嘆することには誰にも異存がない

(HGウェルズ『世界文化史大系』第3巻)

ユング

深層心理を研究し、ユング心理学を打ち立てたスイスの心理学者、
カール・グスタフ・ユングも、
お釈迦さまを「全世界にとって精神的な先駆者
「比較宗教学の研究家として、
 仏教はこれまで世界の見た最も完璧な宗教であると確信する」
と言っています。

アーノルド・トインビー

文明の興亡の観点から『歴史の研究』全25巻を著し、
20世紀最大の歴史家の一人といわれる、
イギリスのアーノルド・J・トインビーも、
仏教の重要性をこのように言っています。

仏教と西洋の出会いは、二十世紀のもっとも有意義な出来事である
(アーノルド・トインビー)

マルティン・ハイデガー

20世紀最大の哲学者といわれるドイツのマルティン・ハイデガーは、
仏教を知ると、
もし私の理解が正しければ、
これは私がすべての著作の中で言おうと試みたことだ

と言って、周囲を驚かせています。

普通なら「きっとこんなものだろう
と仏教を自分に理解できる程度に低めてしまう人がほとんどですが、
ハイデガーの場合は、仏教に対して
もし私の理解が正しければ」と前置きする所も、
謙虚な人間性がうかがえます。

このような深さもしれない深い教えを、
そう簡単に自分が理解できるはずがないと、
仏教のすごさすばらしさを見抜いていたのだと思います。

アルバート・アインシュタイン

科学の世界では、現代物理学の一つの柱である相対性理論を
たった一人で構築し、二十世紀最大の天才科学者と言われる
アインシュタインも、仏教に大きな期待を寄せています。

仏教は、近代科学と両立可能な唯一の宗教である
現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれる
宗教があるとすれば、それは仏教です

(アインシュタイン)

このように、ヨーロッパの知識人たちからたたえられ、
人類の到達したもっとも偉大な教えといわれる仏教に、
人間に生まれた目的である、
色あせることのない、本当の幸福が教えられています。

その、どんな人も本当の幸せになれる仏教の教えは、
一言では述べられないので、メール講座と小冊子で、
分かりやすく学べるようにまとめてあります。

関連記事

目次(記事一覧)へ