三蔵法師(さんぞうほうし)とは

三蔵法師」といえば、西遊記に出てくる三蔵法師が有名です。
三蔵法師の性別は男ですが、
日本の西遊記のドラマでは、夏目雅子や宮沢りえといった
美人女優が演じて人気ですが、性別は男性の設定です。

さらに、ドラゴンボールの孫悟空に対して、
三蔵法師がモデルになっているブルマは女性です。

このように大変有名になっている三蔵法師は
もともと仏教から来たのですが、西遊記ではどんな人だったでしょうか。

西遊記での三蔵法師

西遊記」は、中国の16世紀の物語で
三蔵法師は「玄奘(げんじょう)」という名前です。
お供に、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の3人を従えて、
白馬の玉龍に乗っています。

そして、中国からお経を求めて
釈迦如来が仏教を説かれたインド(天竺)に旅する間に、
色々なドラマが起きるのです。

西遊記には色々な妖怪が出てきたりして、
まったくのフィクションですが、
モデルとなった三蔵法師の玄奘は、実在の人物です。

実在の玄奘三蔵

実在する三蔵法師の玄奘は、
西暦602年から664年まで生きた
中国の唐の時代の和尚さんです。

11歳で出家し、中国各地をめぐって高僧たちから教えを受けます。
唐の国では外国旅への出国が禁止だったのですが、
26歳のとき、法律を破って一人、インドへ旅立ちます。

西遊記ではか弱い感じの玄奘ですが、
本物は一人でゴビ砂漠を越えますので、
相当屈強な男性です。

ようやくインドへたどりついた玄奘は、
人間の心の中でも最も深い本心である阿頼耶識(あらやしき)から
この世の一切が生み出されるという「唯識(ゆいしき)」を学びます。
40歳まで学問を深め、中国に仏教を伝えたいと
帰ることを決意します。
今度はインドのサンスクリット語で書かれたお経
22頭の馬につんでの長旅です。
インダス河で船が沈み、お経を失うなどのトラブルを乗り越えて
ついに43歳のとき、たくさんのお経を中国へ持って帰ってきます。

そのときには、唐の状況が変わっており、
時の太宗皇帝が歓迎したので、
持って帰ってきたお経の翻訳に人生を捧げます。

それが『解深密経』や『大般若経』『般若心経
倶舎論』や『唯識三十頌』『唯識二十論』『瑜伽師地論』などです。

その翻訳が大変すばらしかったので、
玄奘以降に翻訳された漢訳経典を「新訳」といわれています。

その後、弟子の窺基(きき)が法相宗を開いたので、
玄奘は後に唯識に基づく法相宗の開祖といわれるようになりました。

では、この玄奘のことをよく「三蔵法師」といわれるのは
何なのでしょうか。

三蔵法師とは?

三蔵法師の「三蔵」とは、
経蔵」、「律蔵」、「論蔵」の3つです。
経蔵」とは、お釈迦さまの教えを書き残されたお経です。
律蔵」とは、お釈迦さまの説かれた戒律です。
論蔵」とは、お釈迦さまの教えを解釈されたものです。
それらの三蔵に精通した僧侶を三蔵法師といいますが、
これらはインドの言葉で書かれていますので、
それを中国の言葉に翻訳した翻訳者を三蔵法師といいます。

ですから、玄奘だけを指す言葉ではなく、
歴史上、たくさんの三蔵法師たちが存在します。
それは、インドと中国の言葉が分かり、
仏教にも詳しくなければできない、
ものすごく賢い人たちです。

そんなたくさんの三蔵法師たちの中でも一番有名なのが、
玄奘ですが、二番目に有名な三蔵法師は誰かというと、
鳩摩羅什(くまらじゅう)」です。
玄奘と共に「二大訳聖」といわれます。

もう一人の有名三蔵法師・鳩摩羅什

鳩摩羅什は、玄奘よりはやく、344年から413年を生きた人です。
亀茲国といって、インドでも中国でもない国の出身です。
ところが、天才的な語学力を発揮して、
大変美しい文章で翻訳し、
玄奘の新訳に対して鳩摩羅什の翻訳は「旧訳」といわれます。

新訳と旧訳でどのように違うのかというと、
例えば、観音菩薩なら、
鳩摩羅什は「観世音菩薩
玄奘の訳は「観自在菩薩

インドで唯識を大成したヴァスヴァンドゥ菩薩なら
鳩摩羅什は「天親菩薩
玄奘の訳は「世親菩薩」です。

多くの人に親しまれている言葉遣いで、
たくさんの重要な経典を翻訳しています。
たとえば、『維摩経』や『法華経』『阿弥陀経
龍樹菩薩の『大智度論』『中論』などです。

三蔵法師の功績

三蔵法師として、インドから中国へ仏教を伝えた僧侶は他にも、
中央アジア出身の康僧鎧
インド出身の菩提流支など
たくさんあります。

このように、三蔵に精通し、天才的な語学力を持った、
たくさんの三蔵法師たちの命をかけた努力によって
仏教はインドから中国へ伝えられ、
歴史上、数え切れないほどの多くの人が、
仏教の教えによって本当の幸せに救われていったのです。

その、どんな人も本当の幸せになれる仏教の教えは、
どんなものかというと、メール講座と小冊子で、
分かりやすく学べるようにまとめてあります。
ぜひみてみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ