聖徳太子とは?

聖徳太子といえば、約1500年前の人物ですが、
以前1万円札に描かれていたこともあり、
日本人なら知らない人はいないくらい有名です。
そして、現在の日本が世界最大の仏教国とされる
日本の仏教の基礎を築かれる、偉大な業績がありました。
一体どんな人物だったのでしょうか?

聖徳太子の小さい頃のエピソード

聖徳太子のお父さんは、天皇で始めて仏教に帰依した用明天皇、
お祖父さんは、538年、仏教が日本に伝えられたときの天皇である
欽明天皇でした。

574年2月7日、お母さんが馬小屋の前を歩いておられたとき、
急に産気づかれて生まれられたため、
聖徳太子を「厩戸皇子(うまやとのおうじ)」といわれます。

2歳のとき、お母さんに抱かれた聖徳太子が
南無仏」と2回称えて、合掌し、周り中の多くの人々が、
唖然として息を飲みました。
お釈迦さまがお亡くなりになった2月15日のことでした。
これが、聖徳太子の生涯を暗示しているエピソードです。

そして小さい頃から、大変聡明で、立派でした。

5歳のとき、兄弟みんなで楽しく遊んでいると、
どんどん盛り上がって大声ではしゃいでいました。
そのとき、お父さんから「うるさいぞ!」と注意を受けると、
みんな「わーっ」と言って逃げていってしまいました。
その中で、聖徳太子だけが板の間に正座していました。
どうして逃げないのか」と聞かれると、
空を飛ぶことも、土に潜ることもできません。
 ただお叱りを頂くばかりです
」と答えられ、
その立派な態度にお父さんは叱ることができなくなり、
お母さんは、嬉しさの余り抱き上げてほおずりして喜びました。

7歳のとき、百済から数百巻のお経やその注釈が届き、
仏教の勉強をはじめました。
そのスピードたるや、
1日1巻から2巻を読破していかれたとのことです。

蘇我氏と物部氏の争い

聖徳太子が11歳のとき、3月頃伝染病が流行ってたくさんの人が死にました。
仏教を快く思っていなかった豪族の物部氏は、
この伝染病の流行は、蘇我氏が外国の神である仏教を興隆した祟りである
と朝廷に抗議し、天皇は仏法を中止することにしました。

喜んだ物部氏は、寺院へ攻め込んで焼き払い、
仏像を海に捨てました。
さらに蘇我氏のもとへ攻め込み、
尼僧を引き渡すように要求しています。

それを聞かれた聖徳太子は、物部氏を出頭させ、
天皇のお言葉をたてに、自分のやりたいことをやるのは、
臣下の道に背くことだからただちに改めよ」
と注意しています。

お父さんが天皇に

12歳のとき、お父さんが天皇に即位し、
用明天皇となりますが、
14歳のときには病気で亡くなってしまいます。
41歳でした。

当時、次の天皇を誰にするかは、
有力な豪族が話し合って決めることになっていたのですが、
用明天皇が仏教に帰依したことで豪族間の対立が激しくなっており、
仏教に反対していた物部氏が
仏教を大切にしていた蘇我氏のところへ
軍勢を率いて攻め込んできました。

聖徳太子の初陣

聖徳太子は、14歳のこのとき初陣を飾り、物部氏をことごとく打ち破ります。
兵力も武器も劣勢な物部守屋は、自ら木に登り、
弓矢で聖徳太子を狙いますが、
逆に弓で射貫かれて戦死してしまいます。

大将を失った物部氏は全軍が総崩れになり、
ついには滅亡してしまいます。

物部氏が滅亡すると、
用明天皇の次は用明天皇の弟、崇峻天皇が即位し、
蘇我氏は百済から僧侶や技術者を招き、日本初本格的な寺院
飛鳥寺(法興寺)を建立し、仏教興隆を推進します。

数年後、崇峻天皇の次は、用明天皇の妹の推古天皇が即位します。
そのとき聖徳太子は20歳で、
叔母さんである推古天皇の摂政となりました。

摂政になってからの活躍

推古天皇の2年、聖徳太子21歳のときには
三宝興隆の詔」が出され、
豪族たちが、氏寺をつくり始め、多くの僧侶が迎えられて、
法事が営まれるようになりました。
ただしその目的は、仏教の目的とは異なり、
一族繁栄の祈願のためでした。
これを「氏族仏教」といいます。

日本初の憲法を制定

聖徳太子が32歳のときには、
日本初の憲法である「十七条憲法」を制定します。
第一条は「和するをもって貴しとなす
第二条は「篤く三宝を敬え」とあります。

三宝とは、四生の終帰・万国の極宗である仏教のことで、
日本人は仏教を学び、教えの通りに実践しなければならない
ということです。

35歳のときには、法隆寺を建立し
仏教の勉強の場となり、別名「法隆学問寺」ともいわれます。
60年後に火災に遭い、再建されていますが、
世界最古の木造建築としても有名です。

日本初の仏教の研究書

36歳のときには、第3回の遣隋使で、
4名の僧侶を中国へ送り、中国の仏教を学ばせました。
それまでの日本では、百済や高句麗の朝鮮仏教を学んでいましたが、
はじめて中国から直接学び始めたのです。

また聖徳太子自身も、高句麗から招いた僧侶について
仏教を深く学び「三経義疏(さんぎょうぎしょ)」を著した
といわれます。

三経義疏」とは『勝鬘経』『維摩経』『法華経』の注釈書で、
39歳のときの『勝鬘経義疏』1巻
41歳のときの『維摩経義疏』3巻
43歳のときの『法華義疏』4巻です。

これは、日本最初の仏教の研究書となります。

聖徳太子の遺言

こうして、仏教の興隆に多大な貢献をしてこられた聖徳太子が
49歳で亡くなるとき、
子供の山背大兄王などに、
諸悪莫作 衆善奉行
(もろもろの悪をなすことなかれ
 もろもろの善を行じたてまつれ)
と遺言されています。
これは「七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)」といわれ、
仏教の根幹である
因果の道理を教えられたものです。

聖徳太子の深い仏教の理解と信仰

聖徳太子は、生前、よく奥さんに対して、
世間虚仮 唯仏是真(せけんこけ ゆいぶつぜしん)」
と話をしておられました。

これは、お金や財産、地位、名誉など、
この世のすべては続かないもので、
一時的な喜びしかなくはなかい幸せしかないということと、
仏教だけが、本当の幸せを教えている
ということです。

蘇我氏をはじめ、豪族たちが、
一族の繁栄を祈るために仏を信仰していた氏族仏教の時代、
そのような一時的な幸せではなく、変わらない幸せを説かれた
仏教の教えの本質を理解し、日本仏教の基礎を築かれたのです。

ではその仏教に説かれた変わらない幸せになれる道とは
どんなものなのか、

その、どんな人も本当の幸せになれる仏教の教えは、
一言では述べられないので、メール講座と小冊子で、
分かりやすく学べるようにまとめてあります。

関連記事

目次(記事一覧)へ