仏教で霊魂はどう教えられている?

人間は必ず死んでいきます。
死ねば肉体は滅びますが、何か魂のような残るものはあるのでしょうか?

死んだらどうなるかというのは、
ほとんどの宗教で取り扱う重要な問題です。

すべての人が関係する、死んだらどうなるかという問題について、
すべての宗教は大きく2つに分かれます。

死んだら無になる?

まず、今日の無宗教の人たちに多いのは、
死んだら無になるという考え方です。

宗教でいえば、儒教は、現世についての教えで、
死後については知りません。

宗教かどうか分かりませんが、
マルクス主義などの唯物論のイデオロギーでは、
死んだら無になります。

死んだら無になる前提から出てくる結論

この考え方からすると、死ねば終わりなので、
少しでもこの世が楽しいように、
好きなことを好きなだけやろう、
という快楽主義になります。

そして、この世楽しむために、
どんな悪いことをしても、
誰にも見つからなければOKです。

逆に、人生が苦しければ、
早く死んだほうがいいとなります。

死ねば自分は無になるのだから、
結局のところ、自分にとって、
生きる意味もないことになります。

仏教では?

ところが仏教では、因果応報の因果の道理によって、
どんなに悪いことをしても、死んだら終わり、
ということにはなりません。

まいたたねは、目には見えませんが
不滅の業力となって蓄えられ
必ず何らかの結果を生じます。

もし死ぬまでに結果が現れなければ、
死んだ後、結果が現れます。

因果の道理は宇宙の真理ですから、
死んだら終わりではないのです。

では、死んだら霊魂が残るのでしょうか?

ほとんどの宗教では死ねば永遠の霊魂が残る

仏教以外のほとんどの宗教は、
肉体が死んでも、滅びることのない
永遠に不変の霊魂が続いて行くと教えています。

日本神道は?

例えば、日本神道なら、
死んだ人を宮を作って祭ると
そこに鎮座して、生きている人に幸せや不幸を与える力を持つ
と信じています。

明治天皇なら、明治神宮に100年以上、
菅原道真なら、平安時代から1000年以上、
天照は、おおひるめむちという指導力のあった女性で、
信憑性のある記録はありませんが、
2000年以上前から変わらないようです。

キリスト教は?

キリスト教でも、霊魂は不変不滅で、永遠の命などと言われ、
死んだらずっと待っていて、この世の終わりに最後の審判があり、
神の国で永遠に楽しむか、
地獄で永遠に苦しむか決まります。

それが本当だとすれば、
2000年前のパウロや
1500年前のアウグスティヌス、
700年前のトマス・アクィナス、その他大勢の人が
多分まだ待っています。

バラモン教は?

お釈迦さまの当時、インドでは、
今のヒンドゥー教の前身である
バラモン教が大勢を占めていました。

これも、固定不変の我を認めます。
そして究極的には、それが大宇宙と一体になる
梵我一如(ぼんがいちにょ)」を目指します。

私が大宇宙の大いなるものと一体になるというのは、
現代の神秘主義でもよくある思想です。

このように、ほとんどの宗教では、
死んだら変わらない霊魂が続く
と教えられています。

では仏教ではどう教えられているのでしょうか?

仏教では霊魂は?

仏教は諸法無我

このバラモン教の「固定不変の我」に対して、
仏教で教えられているのが「諸法無我」です。

固定不変の我は存在しないというのが、
お釈迦さまのさとりの内容であり、
あらゆる宗教で仏教だけが教えている
仏教の旗印
の1つです。

ではなぜ固定不変の我は存在しないのかというと、
仏教では因果の道理を根幹として
一切法は因縁生なり」(大乗入楞伽経)
と教えられています。

一切法」とは、すべてのもの、ということです。
すべてのものは因と縁がそろって生じている、
ということです。

ということは、因縁が離れたら、
別のものになってしまいます。

例えば車なら、数万の部品が、そろっていて車であって、
ばらばらになったら、無になるわけではありませんが、
車とは言いません。

そのバラバラの各部品も、
素材がその形になって各部品ですが、
違う形になったら部品になりません。

そうやって固定不変の存在要素を考えて行くと、
何もないのです。

物理学では?

ちなみに現代の物理学でも、
すべては原子でできていると考えていたところから、
原子も原子核と電子でできていることが分かり、
その原子核も陽子と中性子でできていることが分かり、
その陽子と中性子もクォークでできていることが分かっています。

さらにクォークも、ひもの振動でできているのではないか
と言われていますが、まだ分かりません。

結局、現代物理学をもってしても、
固定不変な要素は発見されていない
のです。

仏教では、2600年前から、
仏のさとりの智慧によって、
一切は無我であるから、固定不変の霊魂など
存在しない
と教えられています。

仏教の永遠の生命とは

しかし死んだら無になるのでもありません。

私たちの心と口と身体の行いを、
目に見えない業力をおさめている不滅の阿頼耶識(あらやしき)という心があって、
肉体が滅んでも、阿頼耶識が続いているのです。

これは、固定不変の霊魂でもありません。

阿頼耶識は、
暴流の如し
と言われています。

暴流」とは滝のことです。
滝は、遠くから見れば一枚の布のように見えますが、
近づいてみると、小さな水滴がものすごい勢いで
流れています。

ちょうどそのように、
私たちの心と口と身体の業力をおさめて、
阿頼耶識はものすごい勢いで変化しながら
流れて行くのです。

この阿頼耶識が、
生まれる前、果てしない遠い過去から、
死んだ後、永遠の未来に向かって続いて行く
私たちの永遠の生命の本質です。

仏教の目的

このように、仏教では、固定不変な霊魂は否定されていますが、
肉体が死ねば、変わり続けながら流れて行く
阿頼耶識が輪廻転生して次の世界を生み出し、
終わりのない苦しみ迷いの旅を続けて行くのです。

その果てしない輪廻から離れる方法を教えたのが
仏教ですが、その仏教の深い内容については、
小冊子とメール講座にまとめてあります。

関連記事

目次(記事一覧)へ