仏教の宗派

仏教には沢山のお経があるけど、どこから学んだらいいの?

よく仏教に関して
「仏教にはたくさんのお経があるけど、
結局、お釈迦さまの説かれた本当の仏教というのは何なの?」

と聞かれます。

確かにこれが分からないと、
仏教は、一切経七千余巻と言われて経典の数も多く、
どのように学べばいいのか、
よく分かりませんよね。

片っ端から学んでいくと、80年や100年の一生では、
時間が足りなくなってしまいます。

しかも、経典の中には、まるで矛盾したようなことが
説かれていることもあります。

仏教のすべてを総合的に理解するには
一体どうすればいいのでしょうか?

それには、対機説法、応病与薬ということを知り、
仏教を体系的に理解する必要があります

仏教とは?

仏教は、約2600年前、インドで活躍された
釈迦が、35歳で大宇宙最高のさとりである
「仏」というさとりを開かれて
80歳でお亡くなりになるまでの
45年間、仏として説かれた教えを
仏教と言います。

その教えは今日一切経七千余巻と言われる
膨大な経典となって書き残されています。

その七千余巻の経典の中には、
お釈迦さまは矛盾したようなことも説かれているのですが、
一体それはなぜなのでしょうか?

なぜ矛盾したようなことが説かれているの?

この問題は、インド、中国、日本などで、
2000年以上にわたり、
多くの高僧方が、仏教の学問的研究に心血を注いだだけでなく、
実際に教えの通りを実践して、命をかけて仏教を求め、
追究して来られました。

そして、一切経が七千余巻という膨大なお経になったのは、
釈迦は、その時その時の相手に応じて
対機説法(たいきせっぽう)をされたからだ
と言われています。

「対機説法」とは、応病与薬(おうびょうよやく)ともいわれ、
病に応じて薬が与えられるように、
相手の苦しみに応じて法が説かれているということです。

それはちょうど肉体の病でも、
例えば腹痛なら、
寝冷えのような原因ならば、温めなければいけませんし、
盲腸のような炎症でしたら、冷やさなければなりません。

これを聞いた人は、腹痛の人に、
温めなさいとか、
冷やしなさいとか、
相手によってまったく逆のことを
言われているように思います。

ところがお医者さんの目的はただ一つで、
腹痛を治して健康体にすることです。
その手段として、温めたり、冷やしたりするわけです。

その釈迦の導かんとされている目的地が分かれば、
その教えがどういう手段なのか、よく分かるのです。

仏教の宗派が色々ある理由

仏教ではこの目的のことを「真実」
手段のことを「方便」と言います。
(方便というのは、ことわざに「ウソも方便」と言われるからといって
ウソではありません。「方法便宜」の略で、手段のことです)

この真実と方便が分からないために、
その理解の仕方によって、
色々な分類、体系化がなされ、
たくさんの仏教の宗派ができてしまったのです。

ところが一切経は、今日、
その内容から分類、体系化され、
釈迦の説かれた本心が
明らかにされています。

このインド、中国、日本の高僧方の
大変なご苦労によって解明された
釈迦の説かれた目的が分かっているので、
ほんの若輩の私でさえも、
仏教の教えが分かりやすくお届けできるのです。

その仏教の目的と、どうすればその目的を果たせるのか、
もっと詳しく知りたい方は、以下のメール講座にまとめてありますので、
みてみてください。

関連記事