仏教の宗派の違い(教え)

仏教の宗派の違い(教え)

仏教には、色々な宗派がありますが、どんな違いがあるのでしょうか。
まず、現在も残っている主要な7つの宗派を人数順に表にしてみました。

宗派 本尊 経典 本山 人数
浄土真宗 阿弥陀如来 浄土三部経 本願寺 1174万人
浄土宗 阿弥陀如来 浄土三部経 知恩院 630万人
真言宗 大日如来 大日経 高野山 906万人
禅宗 釈迦仏 不立文字 永平寺等 484万人
天台宗 釈迦仏 法華経 比叡山 304万人
法相宗 薬師如来 解深密経 薬師寺 52万人
華厳宗 毘盧遮那仏 華厳経 東大寺 4万人

人数のデータは、文化庁の平成26年12月31日の
「宗教統計調査結果」によります。

仏教の宗派がたくさんある理由

仏教とは、約2600年前、インドで活躍されたお釈迦さまが、
35歳で仏のさとりを開かれてから、
80歳でお亡くなりなるまでの
45年間説かれた教えを、
今日、仏教といいます。

その教えのすべては、
たくさんのお経として書き残されています。
これを一切経といわれ、七千余巻にのぼる
たくさんのお経があります。

そのお経をどのように理解するかによって
たくさんの宗派が別れています。

華厳宗

華厳宗では、華厳経を仏のさとりそのものが説かれたお経として
最も重要だと考えます。

その内容は、すべてのものが、重々無尽の因果によって、
生じているという法界縁起です。

修行の方法は、
教えを学ぶことと観法は区別されるものではないとして、
学問を重視しますが、
縁起観とか性起観などの観法もあります。

法相宗

法相宗は、この世のすべてのすがたを
明らかにしようとする教えです。

唯識(ゆいしき)」という、因果の道理に従って、
阿頼耶識という自分の心がこの世の一切を生みだしているという、
大変難しい仏教の心理学のようなものにもとづいています。
これは仏教の基礎理論として、昔の僧侶は全員学びました。

修行の方法として、五重唯識観がありますが、
救われるのに三阿僧祇劫かかります。
1劫は4億3200万年、
阿僧祇は10の56乗ですので、
途方もない長期間です。

天台宗

天台宗は、一切経を体系づけ、
法華経こそが最も重要なお経だと考えています。

修行としては、究極の真理は1つのはずなので、
三方面からみた真理を、同時に心に観じてさとりを得ようとします。
これを「一心三観」といいます。

一心三観」をベースに教えられる『摩訶止観』にある観法
一念三千」とは、
三千」とは、すべての現象のことです。
一念」というのは、一瞬の心のことですから、
一念三千」とは、自分の一瞬の心に、
ありとあらゆる現象がそなわっていると
実証することをいいます。

(尚、法華経を重視する日蓮宗というものもありますが、
開祖の日蓮は、「余経も法華経も詮なし」(法華経もそれ以外のお経も助からない)
と主張して、一切経に説かれていない題目を勧めていますので、
現在では仏教とは考えられていません)

禅宗

禅とは精神統一のことで、立ちながらの立禅や、
歩きながらの歩行禅などありますが、座りながらの
座禅が多く用いられます。

禅宗では、「教外別伝 不立文字」、
文字を使わず、教えのほかに伝えると言って、
拠り所となる経典を定めません。
釈迦何する者ぞ」という僧侶さえもあります。
そして問答を繰り返すなどして
師匠の僧侶から弟子に徹底的に教育します。

また、曹洞宗では、
ただひたすら座禅をすることが、
そのまま悟りのあらわれる姿だ
としています。

黄檗宗では、禅と念仏の融合を説いて
禅浄一味と呼んでいます。

真言宗

真言宗では、密教が他の教えよりもすぐれているとしています。
密教の密は、隠しごとというより、深いという意味です。

密教では、悟りを得るのに「三蜜加持(さんみつかじ)」を行います。
三密加持」とは、大日如来の心と口と身体の三蜜といい、
衆生も如来と同じ心になり、
如来の言葉(真言)を言い、手に如来と同じ因を結べば、
如来の力が衆生に加えられるといいます。

その力で衆生の三蜜が力を増し、増幅されていって
如来と衆生が一体になるとして、
これを「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」と言っています。

ちなみに「曼荼羅(まんだら)」とは、大日経や金剛頂経に説かれる
大日如来の徳を、絵に表したものです。

浄土宗

法然上人の開かれた浄土宗の教えは、
一言でいうと、他力の念仏で救われるという教えです。

ところが現在の浄土宗は、
法然上人の弟子の弁長が開いた浄土宗鎮西派という宗派です。
他力念仏で救われると教えられた法然上人の教えとは異なり、
念仏でも諸善でも救われるとしています。

浄土真宗

一切経の中で、「すべての人を救う」と誓われた
阿弥陀仏のことが集中的に説かれている
大無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経の3つ(浄土三部経)を重視します。

どんな人でも、仏教を聞けば
煩悩あるがままで苦しみの根元を断ち切られ、
生きているときに変わらない幸せになれる
と教えられています。

では、苦しみの根元とは何か、
どうすれば生きているときにそれを断ち切られるのか、
もっと詳しく知りたい方は、メール講座を受講してみてください。