仏教の宗派ランキング

仏教の宗派ランキング(人数)

仏教には、色々な宗派がありますが、どれがいいのでしょうか?
まずは、仏教の宗派を人数でランキングしてみました。

ランキング 宗派 人数
浄土真宗本願寺派
(西本願寺)
792万人
浄土宗 602万人
高野山真言宗 383万人
曹洞宗 354万人
真宗大谷派
(東本願寺)
320万人
天台宗 153万人
法相宗 52万人

このデータは、文化庁の平成26年12月31日の
「宗教統計調査結果」によります。
すると、日本最大の宗派は、浄土真宗でした。
2位も浄土宗、5位も浄土真宗と、
浄土仏教が圧倒的な人数です。

人数が多いからといって、
すばらしいとは限りません。
次に、教えの内容からランキングしてみました。

仏教の宗派ランキング(教え)

次に、仏教の宗派を教えでランキングすると、
以下のようになります。

ランキング 宗派
浄土真宗
浄土宗
天台宗
真言宗
禅宗
法相宗

どのような基準から、このランキングになるかというと、
仏教の目的にかなっているかどうかです。

では、仏教の目的とはどんなものでしょうか。

仏教の宗派ランキング(教え)の基準

仏教の目的は、宗派にかかわらず、生死解脱です。
生死解脱というのは、苦しみを離れることです。

これらの宗派を、
まず「苦しみから離れられる対象」という視点で見ると、
1.すべての人
2.修行ができる人だけ
の2種類に分かれます。

すべての人を対象としているのは、
浄土真宗と浄土宗、
必ず出家して修行が必要なのは、
天台宗、真言宗、禅宗法相宗です。

さらに、その2つのグループを
1.生きている時に救われる
2.死なねば助からない
という2通りに分かれます。

図にすると以下のようになります。

対象\いつ 生きている時 死んでから
すべての人 浄土真宗 浄土宗
修行できる人だけ 天台宗
真言宗
禅宗
法相宗

ランキング6位だった法相宗は、この表で、一番右下にあります。
法相宗の場合、救われるためには
3阿僧祇劫の長きにわたって厳しい修行をしなければなりません。
1劫は4億3200万年、阿僧祇は10の56乗ですから、
想像もできない長期間です。教えの通りの難行苦行ができた人は、
死んでから救われるそうです。

次に、ランキング3位だった天台宗、真言宗、禅宗は、
左下にあります。それらの宗派のそれぞれの方法論によれば、
それぞれ教えの通り修行ができた人は、理論上は生きているときに
仏のさとりを得られるとのことですが、できた人はまだいません。

ちょうど、地上600mを超える
東京スカイツリーによじのぼれば、
理論的には東京を一望できるのですが、
その方法で、できた人がいないようなものです。

(実際、これらの宗派の難行苦行をするより、
スカイツリーによじのぼるほうがはるかに簡単です)

そのため、
「釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」
と言われます。

では、ランキング2位の浄土宗はどうかというと、
死んで極楽へ往生するには、
以下の3つの条件を満たさなければなりません。

1.毎日数万回レベルの念仏を称える
2.臨終に心を乱さない
3.臨終に阿弥陀仏の来迎にあう

この条件が満たせた場合に限り、
死ねば浄土往生ができます。
できそうでしょうか?

できたとしても、
死ぬまで助かるかどうか分かりませんから、
死ぬまで不安はなくなりません。

ランキング1位の浄土真宗は、出家も難行苦行は必要なく、
どんな人も聞く一つで、
生きているときに浄土往生が決定した身に救われます。

このようなことから考えると、教えのランキングも
人数のランキングも同じような順位になっていることが
分かります。

この仏教の宗派ランキングは実際本当なの?

では、この宗派のランキング通り、
生きているときに救われるのは、
浄土真宗の人ばかりなのでしょうか。

仏教の教えによって救われたと喜んでいる人を
「妙好人」といわれますが、
「妙好人」を研究した宗教哲学者の柳宗悦さんは、
このように言っています。

もとより妙好人は仏教各宗派に現れるはずであるが、なぜか真宗系の仏徒から圧倒的にたくさん現れてくるのである。これには必ずや、何かはっきりした原因があるに違いないと思える。(柳宗悦)

宗教哲学者の柳宗悦さんは、
救いを喜んでいる人が、浄土真宗系の仏教徒から
圧倒的にたくさん現れる原因は分からないと言っていますが、
上記の教えの特徴を考えると、
ご理解頂けると思います。

では、浄土真宗で、生きているときに苦しみから離れるために、
苦しみの根本原因をどのように教えられているか、
どうすればいいのか、小冊子ににまとめました。
以下のメール講座でもらえますので、ぜひ見てみてください。