仏教は差別の教え?

仏教はもともと、カースト制度で差別されるインドにあって
すべての人は平等である」と説かれた万人平等の教えです。

ところが日本では、仏教の因果応報の教えが、
差別を助長するといわれたことがありました。
一体どういうことなのでしょうか?

部落差別の始まり

この問題に関係する差別は、主に「部落差別」です。
部落差別」とは、江戸時代、
幕府が支配体制を固めるために「士農工商」の身分制度に加えて
穢多・非人(えた・ひにん)」という、
もっと下の身分を作ったことに始まります。

それらの身分に決められた人たちは、
住所や職業の自由もなく、
河原や不毛の地に住まわされ、
みんなのやりたがらない仕事をやられました。

また、幕府は、支配体制の強化のため、
戸籍のような「寺檀制度(じだんせいど)」を作り、
寺を活用して、身分制度を固定しました。
こうして日本では、政治的に、
寺が差別を固定する形になったのです。

この250年以上続いた部落差別は、
明治4年に太政官布告で解放令が出され、
大正11年に全国水平社が結成され、
昭和22年に基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法が施行され、
少しずつ解放に向かっていいます。

では「政治」ではなく、
仏教の「教え」は、
何か差別に関係あるのでしょうか?

仏教の教えは差別に関係ある?

昭和29年に、新興宗教の教師が、
部落に生まれたり、ハンセン病になるのは、過去世のたねまきの結果
と発言し、批判を浴びました。
そして、この新興宗教の教師は、
仏教の因果応報の教えを説いた」と言い訳したのです。

ハンセン病は、細菌を原因とする感染症ですので、この主張は間違いですし、
仏教では、気の毒な方には布施を心がけるように教えられています。

このような差別の解放運動が盛り上がってきた時代に、
仏教の教えを正しく理解できなかった人に、
差別を助長する教えだとして批判を受けたのです。

その仏教を差別の教えだと誤解してしまう本質は、
仏教で教えられる因果の道理を、
部落に生まれるのは、前世の悪業による宿命だからどうにもならない。
来世に救われることを願って、この世は諦めなさい

という「運命論」と聞き誤るところにあります。

では仏教は、運命論なのでしょうか。

インドにも生まれで決まる身分差別が存在

今日、インドでは主にヒンズー教が信じられていますが、
お釈迦さまの当時は、その前身であるバラモン教がインド中で
力を持っていました。

バラモン教には、
婆羅門(バラモン)」という僧侶を頂点とする階級差別があり、
その次に「刹帝利(せっていり)」といわれる武士王族階級、
次に「吠舎(べいしゃ)」といわれる商工業の従事者、
最後が「首陀羅(しゅだら)」で、農家や奴隷でした。
それ以外にも、江戸時代の日本の穢多・非人のような、
人間扱いされない人たちもいました。

そして、その階級は生まれつき決まっていて、
人間の価値も階級によって決まっているとされました。
バラモン階級の人は、生まれつき神聖だから、他の人は尊敬すべきであり、
すべてのものはバラモン階級の人の財産であり、
同じ罪を犯しても、バラモン階級の人は無罪になるというもので、
バラモン階級の人は、生まれつき特権階級でした。

そして、階級が違うと結婚はできず、
もっと階級が違うと会話もできない厳しい身分差別がありました。

では当時のお釈迦さまの仏教の教団でも、このバラモン教の
生まれつきによる身分差別を助長したのでしょうか?

仏教は生まれつき身分が決まる運命論?

お釈迦さまの仏教の教団には、
そのような身分差別の文化の中にありながら、
どんな人でも平等に入ることができました。

そのため、バラモンや王族はもちろん、
屠殺業の人や、遊女、盗賊も入っています。

そして、お釈迦さまの教団には
生まれによる身分差別は、助長どころか存在さえもせず、
出家前の身分はすべて取り払われて、
出家の順序や、修行の頑張り具合によって、
序列が決められたのでした。

経典には実際、こう教えられています。
生まれによって賤しい人となるのではない。
生まれによってバラモンとなるのではない。
行為によって賤しい人ともなり、
行為によってバラモンともなる
」(『スッタニパータ』)

他の経典にもあります。
生まれた家柄によって本当のバラモンであるといわれるのではなく、
生まれた家柄によって本当のバラモンではないといわれるのでもない。
行為によって本当のバラモンであるといわれ、
行為によって本当のバラモンではないといわれるのである

(中部経典『ヴァーセッタ経』)

このように仏教では、厳しい階級社会にありながら、
生まれつきで運命が決まるのではなく、
すべての人は平等に、
行いで運命が決まると教えられています。

特に仏教では、生まれつき運命が決まっているという運命論は、
因果の道理を否定する「宿作外道(しゅくさげどう)」といって、
排斥されます。

お釈迦さまは、
私たちの未来の運命は、今からの行いによって、
いくらでも変えることができる

と教えられ、カースト制度を打ち破っておられるのです。

私たちも、こんな部落差別やカースト制度のように、
過去世のたねまきで運命は決まっているとあきらめるのではなく、
少しでも悪いことをやめて、善いことに心がけ、
未来の運命をよりよくしていきましょう。

関連記事

目次(記事一覧)へ