酔生夢死・邯鄲の夢・人生は夢の如し

人生は夢のように儚いものだ」と昔からよくいわれます。
それを分かりやすく表しているのが
酔生夢死(すいせいむし)」と、「邯鄲(かんたん)の夢」です。
どんな意味なのでしょうか?

酔生夢死とは

酔生夢死」とは、
酔ったように生き、夢のように死ぬ」と書くように、
結局何も残らない虚しい人生を送ることです。

出典は『程子語録』で、
高才明智といえども見聞に膠するは、
 酔生夢死して自ら覚らざるなり

という言葉から来ています。

どんなに才能があって、頭がよくても、
見たり聞いたりに膠着し、とらわれていると、
無自覚のうちに意味のない人生を無駄に終わってしまいますよ
」、
ということです。

酒に酔う」のは、楽しいのですが、後に何も残りません。
残るのは、失態や、二日酔いくらいです。
」の中で、どれだけ宝くじが当たっても、
覚めてしまえば、1円も残りません。

こういうところから、
今さえ楽しければいい」と刹那的な生き方をしていると、
何も残らない人生になってしまいますよ
という意味で使われます。

今さえ楽しければいい」ということは、
お酒や煙草だけでなく、
マンガやゲームでも、確かに楽しいのですが、
あとに何も残りません。

スナック菓子を食べると、美味しいのですが、
栄養はないか、逆に食べ過ぎは身体に悪い影響があります。

酔生夢死するのは、
見聞に膠する」からです。
これは、見たり聞いたりするものにとらわれて
ということですが、何にとらわれるのでしょうか?

酔生夢死は何に酔っているのか

それは、食べ物やグルメ、お金や財産、
恋愛や不倫、地位や名誉、寝ることなどです。

仏教ではこれを「五欲」といいます。

五欲」とは、代表的な欲望で、
食欲、財欲、色欲、名誉欲、睡眠欲
の5つです。

食欲」とは、食べたい、飲みたい欲です。
少しでも美味しいものが食べたくなります。
食べてもすぐお腹がすいて生きている限り
食べ続けなければなりません。

財欲」とは、お金や物が欲しい欲です。
一円でもお金が欲しい、損したくないと思います。
土地や家などの財産が欲しいと思うのが財欲です。

色欲」とは異性を求める欲です。
男性は美しい女性が欲しい、
女性は若いかわいい男性を欲しがり、
愛情に包まれたいと思います。

名誉欲」とは、褒められたい、
悪口言われたくない欲です。
少しでもよく見られたい、立派だと言われたい、
美人だと言われたいと思います。

睡眠欲」とは、眠たい、楽がしたい欲です。
ひまがあれば寝ていたい、 少しでも楽に生きて行きたいと思います。

朝から晩まで五欲の中

私たちは、人前では、紳士淑女と見せかけていても、
心の中では朝から晩まで、このような五欲に
引きずられて生きています。

朝起きたときは、「もう朝が来たか」と思います。
眠いのに布団から離れたくありません。

それでも起き上がって、
顔を洗い、身だしなみを整えるのは、
みんなから悪く思われたくない名誉欲です。
朝食を食べるのは、食欲、
働きたくなくても働くのは、財欲と名誉欲です。

五欲以外のモチベーションで行動することが
何かあるでしょうか?
このような五欲に引きずられ、
五欲にまみれて生きているうちに、
短い人生、あっという間に人生は終わって、
酔生夢死してしまうのです。

五欲は何も残らない

欲望を満たした喜びは一時的で、
後には何も残りません。
人生振り返ってみると、
あのときこんな大学に入った
あのときあんな恋人がいた
あのときこんな仕事をした
といっても、今は何も残っていません。
夢のようなものです。

五欲に酔って、
五欲に夢中になって生きているうちに、
振り返ってみると何も残らず、
夢のように死んでしまうのです。

それは、「高才明智といえども
といわれているように、五欲のとりこになって
動物的な生き方をしている人だけでなく
優秀な能力を持ち、周りの人をリードしていくような人でも、
五欲のとりこになって、酔生夢死してしまうのです。

それを分かりやすく教えられているのが
邯鄲の夢」です。

優秀なリーダーが夢のように死ぬ邯鄲の夢

昔々中国に、ある若者がいました。
田舎で畑仕事をして暮らしていましたが、
毎日同じことの繰り返しにあきあきして、
日に日に
本当にこんなことで人生終わっていいのかな
という思いが強くなってきます。

若者は、ついに都会へ行くことにしました。
その旅の途中、お昼ご飯に食堂に寄ると、
団体客でちょうどご飯がなくなったから、
炊くのにしばらくかかるといいます。

仕方なく待っている間、人の良さそうなご隠居さんと仲良くなりました。
田舎暮らしも本当に大変なんですよ、
それで、これから都へ行って一旗あげようと思うんです

と言っていると、
気に入られて「夢が叶う枕」をくれました。

言われた通りにその枕を使うと、
難しい国家公務員の試験に一発合格して、
官僚に採用されます。

しばらく真面目につとめていると、見所があるということで、
高い地位に抜擢されてコネも広がっていき、
有力な上司のかわいいお嬢さんと
結婚することになります。

仕事でも面白いように結果を出して行くうちに、
権限も大きくなって自分より年上の人たちを
大勢使うようになって行きます。

それと同時に、それを面白く思わない連中からの
嫌がらせを受けるようになります。
やがて他人の起こした問題の責任を取らされて
地方へ飛ばされますが、
数年間まじめに努力して行くうちに、
信頼を回復して中央に返り咲きます。

20年、30年つとめるうち、
やがて国一番の実力者となります。

子供たちも同じように官僚になり、
一族で重要なポストを独占して、
今ではもう何もかも自分の意のままです。

そうやって栄耀栄華を極めますが、寄る年波には勝てず、
80歳を過ぎると一線を退きます。
やがて病気になると、たくさんの人がお見舞いに来ますが、
だんだんと容態は悪くなり、
寝たきりの闘病生活になります。

そして約半年間、病と闘い続けますが、
人生最後の日には、
たくさんの子供や孫が心配そうに見守る中、
目をつぶると真っ暗な中を下へ下へと落ちて行き、
死んだと思ったところで目が覚めました。

すると、目の前には食堂で知り合った
ご隠居さんがにこにこしながら
顔をのぞき込んでいます。
ああ夢でしたか……
夢は叶ったかな?
ご隠居さんは興味深そうに聞きます。
はい、叶いましたが夢が覚めてしまいました
まあ人生そんなもんじゃよ
 その時、まだ食堂のご飯は炊けていなかったといいます。

数十年の人生も、
一瞬の夢のようにはかなく消えていくということです。

そんなあっという間に消えていく夢の中で、
地位や名誉、家族や財産を手に入れ、
ライフワークをやったからといって、
夢覚めてしまえば満足できるでしょうか?

人生最後の日に後悔しませんか?

ある大酒飲みの男が、お酒を一升もらったので、
帰ったら温めて飲もうと思って喜んで帰宅しました。

ところが温めようとした途端、目が覚めてしまいました。
夢と分かってがっかりした男は、
こんなことならもらったときにすぐ飲めばよかった
と言ったそうです。

すぐ飲んでおけば、問題は解決したでしょうか?

飲んでおいてもすぐ消えてしまうことには変わりありません。
人生で何をしたとしても、死んで行くときには、
すべて夢のまた夢と消えてしまいます。
そんなはかない夢幻のようなものを毎日追いかけているのですが、
光陰矢の如しといわれるように、
人生はあっという間に過ぎて行きます。

五欲で求めるものと
命を引き替えにしているようなものです。
それで満足できるでしょうか?

一度きりの人生、
生涯かけて求めるべきは、
人生の最後、夢のように
儚く消えるものではないのです。

夢のような一瞬の人生で、
どうすれば最後に夢のように消えることのない、
未来永遠の幸せになれるのかについては、
仏教の真髄ですので、メール講座と小冊子に
分かりやすくまとめました。
ぜひ一度読んでみて下さい。

関連記事

目次(記事一覧)へ