嫉妬しない方法(愚痴について)

好きな人が、他の人と話をしたり、
テレビに出てきた芸能人をほめていると、
話題に上がった人に対して、嫉妬の心が起きてきます。
そして、そのライバルを恨み呪う心も出てきます。

このような、嫉妬やねたみ、恨み呪いの心を、
仏教では「愚痴(ぐち)」といわれ、
全部で108ある煩悩の中でも最も恐ろしい、三毒(さんどく)の一つです。

嫉妬すると恨み呪う

女性なら、大好きな彼が、
芸能人の誰それがかわいいとか、
映画の女優がきれいとか言い出したら、
嫉妬の心が起きてきます。

男性でも、大好きな彼女が、
芸能人の誰それがかっこいいとか、
あのイケメン俳優が好き、と言っていたら、
嫉妬して悔しがります。

芸能人や映画俳優なら、高嶺の花で現実味がないのでまだしも、
身近な自分の友達をほめていたら、
内心穏やかではありません。

嫉妬していることを相手に気づかれたくないですが、
何でそんなこと言うの?
と聞きたくなります。

そして、ライバルを恨み、呪い、
ワラ人形を作って夜中に「死ねー」と
五寸釘を打ち込みたくなります。

恨み呪えば身の破滅

このように、嫉妬すると、恨んだり呪ったりするのですが、
恨み呪えば身の破滅です。

ワラ人形を作って五寸釘を打ち込んでも、
相手には何のダメージもありません。

それどころか、ワラ人形を作るお金と時間が
自分へのダメージとなります。

夜中に五寸釘を打ち込んだ分、睡眠時間が減って、
翌日眠くなり、自分が失敗して何のいいこともありません。

恨み呪いから出てくるのは悪い行いですから、
因果の道理にしたがって、悪因悪果、
自分に不幸や災難がやってくるのです。

そもそも嫉妬心を起こした時点で
不安になったり、ライバルを憎んだり、
自分が苦しんでいるのです。

なぜ嫉妬の心が起きるのでしょうか?

嫉妬の原因

仏教では、嫉妬やねたみ、恨み憎しみの心を
愚痴」といいます。

愚痴の「」は愚か、「」も知恵が病だれに入って
病院に入っていますから、バカということですから、
愚痴」とは、愚かでバカな心ということです。

お釈迦さまは、なぜ愚かでバカだと言われたのかというと、
計算ができないからとか、字が読めないからではありません。

お釈迦さまが愚かだと言われているのは、
因果の道理が分からないからです。

因果の道理とは、
すべての結果には必ず原因がある
まかぬたねは生えませんが、
まいた種は必ず生えるということです。

自分よりもすぐれた人には、他人の知らないたねまきがあり、
因果の道理に従って、たねまきに応じた結果を受けているだけです。

自分に起きる結果のすべては、
自分の行いが生みだしているのです。

その因果の道理が分からず、自分を反省することもなく、
自分よりすぐれた人をねたみ、恨み呪います。
そして、自分の向上を忘れて、他人の足を引っ張ろうとするので、
お釈迦さまは、愚かだと言われているのです。

嫉妬しない方法

嫉妬やねたみ、恨みや鈍いの原因は、
因果の道理が分からないところにありますから、
因果の道理が分かれば、嫉妬は起きません。

ライバルが現れたときは、
自分の至らない点を見つけて、そこを向上して、
ライバル以上の自分になれば問題はありませんから、
嫉妬の心も起きません。

恨み呪ってライバルの足を引っ張ろうとても、
無駄ですし、心の狭い人と思われて、逆効果です。

逆に、至らない自分にもかかわらず、
今のような幸せがあることに感謝して、
反省・努力し、向上するのが大切です。

まず、因果の道理をよく知りましょう。

それでも好きな人をとられた場合

これには、大変なショックを受けます。
一晩中一睡もできずに、目を真っ赤にはらして、
天井を見ながら、朝を迎えるかもしれません。

そんなときは、もし好きな人が他の人になびくとすれば、
必ず何か、自分に至らない点がありますから、
その自分のたねまきを見つめて、
やがて相手が「あなたと結婚すればよかった
と後悔するくらい、反省・向上しましょう。

どんなことでも、自分を磨く糧とすれば、
よりよい人生を築くことができるのです。

関連記事

目次(記事一覧)へ