本当の生きる目的とは?

私たちは毎日生きていますが、「何のために生きているの?」と聞かれると
答えられないことがあります。
生きる目的がもともと分からなかったり、見つからない人もあれば、
今まで生きる目的だと思っていたものがそうではなかったと分かって、
生きる目的がなくなったり、見失う人もあります。

生きる目的が分からずに生きていると、
どんな人生になるのでしょうか?

生きる目的がないと?

人生を旅にたとえると、
生きるということは、
歩くことや
走ること、
飛行機なら飛ぶことにあたります。

禅宗僧侶、一休は
門松は 冥土の旅の 一里塚
と歌っています。

冥土」とは死後の世界のことです。
一日生きたということは、一日死に近づいたということですから、
生きるということは、死へ近づくということです。
それは死に向かう行進ですから
冥土への旅」なのだと一休は言っています。

年が明けると、みんな
おめでとう」「おめでとう」と言います。
しかし一年たったということは、
それだけ大きく死に近づいた、ということです。

平均寿命が80才だとすれば、
80才から年齢を引いてみてください。
それが、死に向かうカウントダウンですから、
元旦は冥土の旅の一里塚なのです。

私たちは去年から今年、今年から来年へと
生きるということは、
歩くことであり、
走ることであり、
飛行機なら飛んでいるのと同じです。

そんなとき、目的なしに歩いたら、最後は歩き倒れになります。
ゴールなしに走り続けるランナーは、最後は走り倒れになります。
目的地の飛行場を知らずに飛ぶ飛行機は、最後は墜落するだけです。

目的なしに生きるということは、
最後死ぬだけの悲劇の人生となってしまいますから、
必ず生きる目的が必要です。

では生きる目的とは何でしょうか?

生きる目的とは?

生きる目的とは、今、目の前にある小さな目標のことではありません。
人生これ一つという人生全体の目的です。

例えば、レストランに入ったのは、食事をするのが目的です。
他にも、マンガを読んだり、テレビを見たり、友達としゃべったり、
パソコンで作業したり、いろいろなことができますが、
レストラン」ですから食事をせずに帰ったら、入った意味がありません。

逆に、目的である食事が終われば、いつ出ても大丈夫です。
 もし、レストランで食事が終わった後、パソコンを開いていたら、
店の人から、
昼時で混んできましたので、申し訳ございませんが……
と言われれば、
あ、すみません
と出ていくことができます。

ところが、目的である食事が済んでいないのに、
申し訳ございませんが、混んできましたので出ていただけないでしょうか
と言われたら、
は? まだ食事が来ていないのに……?
と疑問が起きてきて、目を白黒させてしまいます。
とてもすんなり出ていくことはできません。

このように、「目的」というのは、
レストランに入ってから出ていくまでに、
必ずしなければならないことです。
それをしなければ、レストランに入った意味がありません。
出ていくまでに何をすればいいのかが「目的」です。

人生では、レストラン以上にいろいろなことができます。
そんないろいろの中で、人生へ入ってから出るまで、
つまり生まれてから死ぬまでに、何をすればいいのか、
何をしなければならないのか、
というのが生きる目的です。

それ一つ果たせば、
人間に生まれてよかった」と大満足できるものが、
本当の生きる目的なのです。
そして、その生きる目的を果たすのが、
生きる意味であり、本当の人生の意味です。

生きる目的が見つかる質問のワナ

よく生きる目的が見つかる質問というのがあります。
たいてい複数の質問のセットで、その中に、
あなたの本当にやりたいことは何ですか?
という質問があります。

それで、やりたいことや、
ライフワークを見つけて、
それが生きる目的だという人があります。

ところが、やりたいことをやることが
本当の生きる目的にならないことは、
少し考えれば分かります。

なぜなら「やりたいこと」というのは、
欲望によるものだからです。

欲望を満たした喜びは一時的で、すぐにもっと欲しくなります。
欲望は無限ですが、人生は有限ですから、欲望を追い求めている限り、
欲望を満たしきって、「これで満足」ということはありません。
先に人生が終わります。
そして必ず「あれもやりたかった」「これもやりたかった」という後悔の人生になります。
人間に生まれてよかった」と心から満足することはありませんから、
やりたいことをやることが本当の生きる目的ではないのです。

この本当の生きる目的は、
そんな簡単に分かるものではないのですが、
人間誰しも欲望には流されやすいので、
気をつけなければなりません。

生きる目的が分からない人たち

本当の生きる目的は、これまで多くの人が
考え続けてきたのですが、みんな分からないと言っています。

天才科学者アインシュタインは、こう言います。
手段は完全になったというのに、肝心の目的がよくわからなくなったというのが、
この時代の特徴と言えるでしょう
」(アインシュタイン)

文学者も生きる目的は分からない

登場人物の人生を、豊かな表現で文章につづる有名な文学者たちも、
口をそろえて生きる目的は分からないと言っています。

文豪、夏目漱石は、こう言います。
私はこの世に生れた以上何かしなければならん、
といって何をして好いか少しも見当が付かない
」(夏目漱石)

天才作家、芥川龍之介は、自殺直前の自伝的小説で、
長男の誕生をこのように言っています。
なんのためにこいつも生まれて来たのだろう?
この娑婆苦の充ち満ちた世界へ
」(芥川龍之介)

太宰治はこう言います。
生まれて来てよかったと、ああ、いのちを、
人間を、世の中を、よろこんでみとうございます。(中略)
僕は自分がなぜ生きていなければならないのか、
それが全然わからないのです
」(太宰治)

人生論の著者、武者小路実篤はこう言います。
人間は何の目的で生まれたのか。
また何か目的があって自然は人間を生まれるようにしたのか。
僕にはそれはわからない
」(『人生論』武者小路実篤)

人気作家の五木寛之はこう言います。
人生に目的はあるのか。私は、ないと思う。
何十年も考えつづけてきた末に、そう思うようになった

(『人生の目的』五木寛之)

ロシアの作家チェーホフはこう言います。
自分の生存の意義や目的を知ろうとしたって、
なんにも教えられはしません
」(チェーホフ)

心理学者も生きる目的は分からない

人間の心を探究する心理学者も、
生きる目的は分かりません。

心理学者のフロイトはこう言います。
これまでに何度となく、人生の目的は何かという問いが問われてきたが、
まだ満足できる回答を示した人はいない
」(フロイト)

何かに熱中する幸せの状態である「フロー」を
提唱した心理学者、チクセントミハイもこう言います。
我々に「ここに君が人生を捧げるに値する目標がある
などと教える者はどこかにいるというわけではない
」(チクセントミハイ)

哲学者も生きる目的は分からない

真理を探究する哲学者たちも、誰も分かりません。

倫理哲学者のフィリッパ・フットもこう言います。
現存の哲学者であれ、過去の哲学者であれ、
命に価値があるというこの観念を説明できた人を私は知らない

(フィリッパ・フット『道徳的相対主義』)

確かに、20世紀最大の哲学者の一人、ウィトゲンシュタインも、
有名な『論理哲学論考』の最後にこう言っています。
たとえ可能な科学の問いがすべて答えられたとしても、
生の問題は依然としてまったく手つかずのまま残されるだろう

(ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』)

現代の哲学者・トマス・ネーゲルもこう言います。
人生は単に無意味であるだけではなく、
不条理であるかもしれないのです

(トマス・ネーゲル)

このような特に頭のいい知識人たちでも分からないほどですから、
本当の生きる目的はそう簡単に分かるものではないのです。

本当の生きる目的を知る方法

では、本当の生きる目的はどうすれば
知ることができるのでしょうか?

それは、仏教に明確に教えられています。

仏教を説かれたお釈迦さまは、
人間に生まれてよかった」という
生きる目的を果たした喜びを
人身受け難し今すでに受く
と言われています。

これが「生まれがたい人間に生まれてよかった
という本当の生きる目的を果たした生命の歓喜です。

この本当の生きる目的こそが仏教の真髄なのですが、
それを小冊子とメール講座に分かりやすくまとめておきました。
一度目を通しておいてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ