三宝(さんぽう)とは?

三宝」とは、聖徳太子が「十七条憲法」に
篤く三法を敬え」といわれている「三宝」です。
もともと三宝は、仏教の言葉なのですが、
日本人は、一体何を敬うべきなのでしょうか?

宝とは?

聖徳太子は、日本で最初の憲法である
十七条憲法」の2番目に、
篤く三宝を敬え。三宝は仏・法・僧なり、
すなわち四生の終帰・万国の極宗なり。
何の世・何の人かこの法を貴ばざる。
それ三宝に帰せずしては何を以てかまがれるを直らせん

と制定されています。

三宝」とは、3つの宝ということです。
」とは、幸せにする働きのあるものです。

あなたは何を宝としていますか?
それは、あなたを幸せにするもののはずです。

子供を宝としている人は、
子供が自分を幸せにしてくれると思っています。
お金を宝と思う人は、
お金が自分を幸せにしてくれると思っています。

人は、それが宝だと思えば大切にしますが、
それが自分を幸せにしてくれる宝だと気づかなければ、
せっかく宝の山に入っても、手ぶらで帰ってきてしまいます。

そこで聖徳太子は、この世には、
私たちを幸せにする3つの宝があるから、
この3つの宝を大切にしなさい、尊びなさい、
篤く三宝を敬え」と教えられています。

それは何かというと、聖徳太子は次に、
三宝は仏・法・僧なり」と教えられています。

三宝は仏・法・僧なり

3つの宝というのは、
仏宝(ぶっぽう)」と「法宝(ほうぼう)」と「僧宝(そうぼう)」の3つだと
聖徳太子は教えられています。

仏宝」とは、仏という宝、
仏というのはお釈迦さまのことです。

約2600年前、インドでご活躍になられたお釈迦さまは、
35歳で仏というさとりを開かれて、
80歳でお亡くなりになるまでの45年間
すべての人が本当の幸せになれる道を説いて行かれました。
そのお釈迦さまを仏といわれます。

ですから仏というのは、教えを説かれた方です。
教えを説かれた方がおられなければ、
私たちは本当の幸せになる道を知ることができませんから、
仏さまは宝です。

次の「法宝」とは、法という宝、
法とは三世十方を貫くものです。
三世十方を貫くとは、いつでもどこでも変わらないということです。

仏の説かれた教えは、いつでもどこでも、
すべての人が本当の幸せになれる教えですから宝です。

最後の「僧宝」とは、僧を宝と言われています。

僧といえば人ですが、なぜ煩悩の塊である人間を
宝だと言われているのでしょうか。

それは、仏の教えを伝える人がいなければ、
仏教は伝わらないからです。
仏教を伝える以上に人を幸せにすることはありませんから、
正しく仏法を伝える僧は宝です。

ですから、僧といっても、
袈裟をかけて数珠を持ってさえいれば、
僧というわけではありません。
寺に住んで葬式や法事をすれば
僧というわけでもありません。

見た目や形ではなく、仏教を正しく伝える人を僧といい、
それをする人を宝だと言われているのです。

このように、三宝というのは、3つに分けられていますが、
仏教のことを三宝といわれているのです。

ですから聖徳太子は次に
すなわち四生の終帰・万国の極宗(ごくしゅう)なり
といわれています。

古今東西の全人類が救われる唯一究極の教え

四生(ししょう)」とは、生きとし生けるものの生まれ方を
4通りで教えられたもので、
胎生(たいしょう)」「卵生(らんしょう)」「湿生(しっしょう)」「化生(けしょう)」の4つです。

胎生」とは、人間とか牛や馬のように
お母さんのお腹の中で育って生まれるものです。

卵生」とは、鳥や蛇のように卵から生まれるもの、
湿生」とは、ウジ虫のように、
湿ったところから湧いて出るものです。

化生」とはこつねんと生まれるもので、
天上界地獄界餓鬼界はこのように生まれます。
極楽に生まれるときも、蓮華化生という生まれ方をします。

終帰」とは、最後のよりどころ、ということで、
生きとし生けるものすべては、
最後仏教によらなければ助かりませんので、
聖徳太子は「四生の終帰」と言われています。

万国の極宗」とは、
「万国」とは、世界中のあらゆる国々のことです。
世界中の色々な国に、たくさんの宗教がありますが、
そのすべての宗教の中でも究極の教えである
といわれたのが「万国の極宗」です。

聖徳太子はこのように、仏教こそ
四生の終帰」であり、「万国の極宗」である、
古今東西の全人類が救われる
ただ1つの究極の教えなのだと言われているのです。

仏教を求めるときに大切な心がけ

ですから聖徳太子は、
いづれの世いづれの人かこの法を貴ばざる
と断言されています。
いつの時代のどこの国の人でも、
仏教を尊ばずにはいられないのだということです。

これは『大無量寿経』には、
阿弥陀仏がまだ仏のさとりを開かれる前、
法蔵菩薩として修行しておられたとき、
三宝を恭敬(くぎょう)」して
身に福徳をえられたと教えられています。

恭敬」とは、敬うということで、
私たちが仏法を求めるときも大切な心がけです。
三宝を敬う心が強いほど早く幸せになれます。

ですから『般舟三昧経』にも
自ら仏に帰命し、法に帰命し、比丘僧に帰命せよ
と説かれています。

本当の幸せになる方法

聖徳太子はさらに
三宝に帰せずしては何を以てかまがれるを直らせん
と言われています。
仏教を信じなければ、何によって
今まで気づいていなかった深い迷いを知らされ、
本当の幸せになることができるだろうか、ということです。
この世の宝は、一時的に幸せにはなれますが、長くは続きません。
たとえ続いたとしても最後、死んで行くときには
何のたよりにもならない、はかない幸せです。
唯一、仏教の教えによってのみ、
未来永遠の幸せになれるのだ、ということです。

では仏教にどのようなことが教えられているのか
メール講座と小冊子に分かりやすくまとめてありますので、
ぜひご覧ください。

関連記事

目次(記事一覧)へ