お金持ちや美人は幸せ?

お金持ちは、欲しいものが何でも自由に買えて、
幸せそうですよね。
私は美人じゃないから幸せになれない、美人はいいな
と思っている人もあります。

じゃあ、お金持ちだったり美人だったりすれば、
幸せになれるのでしょうか?

お釈迦さまの答え:苦しみがなくならないのは同じ

お釈迦さまは、お金や美しさは、
有っても無くても、幸せになれないのは同じ、
と教えられています。
これを「有無同然(うむどうぜん)」と言います。

お釈迦さまは、『大無量寿経』にこのように説かれています。

「尊と無く卑と無く、貧と無く富と無く、少長・男女共に銭財を憂う。
有無同じく然り。憂き思いまさに等し」(大無量寿経)

尊と無く卑と無く、貧と無く富と無く
とは、尊敬されている人も、見下されている人も、
貧しい人も、お金に不自由のない人も、ということです。

少長・男女共に銭財を憂う」とは、
若い人も、年上の人も、男も女も、
みんなお金のことで悩んでいるということです。

お金に不自由がなくても、お金のことで悩むの?
と思われるかもしれませんが、お金があればあるほど、
税金の問題や、失う心配が出てきます。

お金持ちの声

『普通の人がこうして億万長者になった』という本には、
実際にお金を持った人の本音が出ています。

お金だけで幸せになれるものではなく、
お金自体は、むしろ不幸を招くものかもしれません。(弁理士)

お金」「成功」も目的ではない。
一つのことに成功しても、何事かにまた挑戦したくなる。
(証券会社 会社員)

高収入=成功」ではない。時間(特に家族との)、
人間性の一部(労使の確執などで)など、失うものが大きい。
細々とやっていた頃の方が、幸福感が大きかった。
できれば戻りたいと家族すべてが思っている。(病院理事長、医師)

お金はパワーが形になった物と思っているので、
自分がそれに見合わなければ、かえってお金に潰されると思う。(医師)

株式公開したらセールスの電話がやたらと自宅にかかってくるようになった。
有名になるのも良し悪しだと思った。(不動産会社 社長)

高額納税者名簿に載った次の年、いやがらせの電話がかかってきた。
寄付やセールスの電話も多くなり、警備会社と契約した。(保険セールス 自営業)

どんなにお金がある人でも、やはりお金のことが悩みになるのです。

有無同じく然り」とは、お金や財産、地位、名誉など、有っても無くても、
満たされないことには変わりがない、「有無同然」だ、ということです。

憂き思いまさに等し」とは、何に苦しむかは人それぞれですが、
何かしら苦しんでいること自体は同じということです。

お金の研究の結果

日本では、年収七百万円までは幸福度が上がっていくのですが、
その後は下がるという研究結果が報告されています。
ある程度の衣食住が満たされると、それ以上どんなに働いても、
幸福度は上がらず、むしろ下がることさえあるのです。

金持ち父さんもこう言っています。
晩年になって、自分でも夢にも思わなかったほどの
金持ちになっていた金持ち父さんは、何度もこう言った。
お金はきみを幸せにはしない。
金持ちになったら幸せになれるなどと決して考えるな

(『金持ち父さんの子供はみんな天才』)

これはお金以外の地位や名誉、才能や美貌など、
何でも同じです。
お金や財産、地位、名誉、才能や美貌によって、
苦しみを離れることはできません。

本当の幸せになるためには、向かうべき方向性がまったく違います。

では、一体どうすれば、お金や美貌が有っても無くても幸せという
絶対の幸福になれるのでしょうか。
メール講座の最初にもらえる小冊子にまとめましたので、
見てみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ