大乗仏教と小乗仏教(部派仏教)の違い

仏教には、小乗仏教と、大乗仏教の2つがあります。
では、ブッダは小乗仏教と大乗仏教の2つの教えを説かれたのかといいますと
ブッダは1人ですから、2つの教えを説かれたのではありません。

ではなぜ仏教に2つの教えがあるのでしょうか?

大乗とか小乗は誰の言ったこと?

まず、大乗とか小乗というのは、誰が言ったことなのでしょうか?
小乗仏教というのは、大乗仏教の人が言い出したことだ」とか、
小乗仏教という言葉は、大乗仏教の人が言い出した蔑称だから使うべきではない
と言う人があります。
本当にそうでしょうか?

実際にブッダの説かれたお経を読んでみますと、小乗とか大乗といわれているのは、ブッダです。
大乗仏教の人が小乗仏教と言い出したのではなく、ブッダがお経に説かれていることなのです。

ではどこに言われているのかというと、『法華経』や『涅槃経』、『維摩経』などの大乗経典にはもちろん、小乗経典といわれる『阿含経』にも説かれています。

例えば『増一阿含経』には、このように説かれています。

小乗のよく知るところにあらず。

また、このように説かれているところもあります。

世尊の所説おのおの異る。
菩薩は意を発して大乗に趣き、如来この種々の別を説く。
人尊く六度無極を説く、布施、持戒、忍辱、精進、禅、智慧力

世尊」というのは、釈迦牟尼世尊のことで、ブッダのことです。
ブッダの説かれるところはそれぞれ異なります。
そして「六度」とは、六波羅蜜のことです。
これは、あらゆるを6つに要約されたもので、具体的には、布施持戒忍辱にんにく精進禅定ぜんじょう智慧の6つです。
それをブッダが説かれているのです。

このように、小乗とか大乗と、色々なお経に一貫して説かれているのは、ブッダご自身なのです。

そして、小乗とか大乗という名称も、別に蔑称とか尊称ということではありません。
これはほとんど知られていないことですが、小乗仏教と大乗仏教の色々ある違いの中で一番特徴的な、教えとその精神を表されたものです。

では、小乗とか大乗とは、どういう意味なのでしょうか?

小乗仏教とは?

まず「小乗」とは、小さな乗り物ということですから、
小乗仏教といわれるのは、
小さな乗り物のような仏教ということです。

なぜ小さな乗り物といわれるのかというと、その理由は2つあります。

自分が幸せにならないと他人を幸せにできない?

まず1つ目は、小乗仏教の場合は、出家した人は、
まず瞑想などの自分の修行をすることを優先して、
自分が悟りをひらくまでは他人を救おうとはしないからです。

出家していない人は、僧侶の集まりに布施をして、僧侶修行をサポートします。
しかし自分も修行しない限り、救われるわけではありません。
出家して修行した人しか救われず、出家した人は自分の幸せを優先する、小さい乗り物のような教えなのです。

このように教え、実践するのは、部派仏教とか、上座部(テーラワーダ)仏教といわれる仏教の宗派です。
現在は、スリランカを中心に、タイやミャンマーなど、東南アジアに広まっています。

しかしこれは他人事ではありません。
このような自己中心的な考え方をしてしまえば、大乗仏教の広まっている日本の私たちも同じです。
現代の日本でも、自己啓発やビジネスで、
自分が幸せではないのに、人を幸せにできるはずがないから、まず自分が幸せになっていいのですよ
と教える人があります。
これは小乗仏教的な考え方ですが、説得力があるようで、聞いた人の心にも心地よいので、信じてしまう人があります。
小乗仏教は私たちの心にとてもよく響き、受け入れやすいのです。

しかし、もしそうだとすれば、自分が幸せになったと思うまでは自分を優先することになります。
人間の欲望は無限なので、なかなか自分が幸せになったとは思いません。
結局、自己中心的な考え方で終わってしまいます。
これは私たちが非常に気をつけなければならないことなのです。

自分が幸せになった後、他の人は?

小乗仏教が小さな乗り物である2つ目の理由は、悟りを開いた後にもあります。

仏教では、全ての生きとし生けるものは、生まれ変わり死に変わり、輪廻転生りんねてんしょうしています。
輪廻というのは、車の輪が回ると書くように、どこまで行ってもゴールがありません。この生まれ変わりは永遠に終わることのない苦しみ迷いの旅なので輪廻転生といわれます。

仏教の目的は、小乗か大乗かによらず、この輪廻転生から離れることです。
ところが小乗仏教で最高の悟りである阿羅漢の悟りを開き、輪廻転生から離れた人はどうなるかというと、消滅してしまうといいます。
それが小乗仏教の教える涅槃ねはんです。

もしそうだとすれば、悟りを開いた自分は苦しみ迷いの旅が終わり、涅槃の境地で安らかになるかもしれませんが、まだ救われていない人はどうなるのでしょうか?

ブッダの説かれた仏教は、そんな自分だけ幸せになりなさいという教えではありません。
また、自分の幸せを優先しなさいという教えでもなければ、
出家して戒律を守り、厳しい修行のできる一部の人だけを救おうとする差別の教えでもありません。
どんな人でも救われる、大きな乗り物のような教えが仏教です。
これを「大乗仏教」といいます。
では、大乗仏教とはどんな教えなのでしょうか?

大乗仏教とは?

大乗」とは、大きな乗り物ということで、
すべての人が救われる教えを大乗仏教といいます。

日本に伝わって現在残っている宗派は、
華厳宗も、法相宗も、天台宗も、真言宗も、禅宗も、浄土宗も、浄土真宗も、
すべて大乗仏教です。

生きている時の実践

大乗仏教の教えに一貫する特徴は、「自利利他」です。

自利利他」の「」とは幸せになることですから、
自利利他」とは、自分が幸せになるままが他人も幸せになるということです。

分かりやすくいえば
儲かるとか得するということですから、
自分が儲かるままが、同時に他人が儲かることになる。
他人を儲けさせるままが自分の儲けになる、ということです。

自分が幸せになったら、こんな幸せになって
自分だけ独り占めしてしまったらもったいないと
人に伝えずにおれませんし、他人を幸せにするままが
自分が幸せになるということです。

自利のままが利他になる、
利他のままが自利になる、
これが自利利他
です。

それで、大乗仏教の人が行う「六波羅蜜」には、
小乗仏教の人たちが行う「八正道」にはない、
布施」が一番最初にあるのです。
布施とは、他人に親切することで、他人を幸せにするままが自分が幸せになるということです。

死んでからは?

そして自分だけ幸せになって終わりという教えでもありません。
死んで浄土へ生まれ、仏に生まれたら、自分だけ八功徳水の温泉につかって、百味の飲食をたらふく食べて、末永く幸せに暮らしましたとさ、で終わりません。
まだ娑婆世界には苦しんでいる人がたくさんあります。
仏さまには慈悲の心がある、というより慈悲のかたまりですから、苦しんでいる人がいるのに自分だけ幸せになって、
あーあ、苦しんでるなー。それもまあ自業自得だわー
とじっと見ていることはできません。
それではサイコパスです。
仏さまは冷酷なサイコパスではないので、苦しみ悩むすべての人を救わずにはいられなくなります。
すぐに娑婆世界にかえってきて、すべての人を救う大活躍が始まるのです。

それが本当の仏教です。

小乗仏教と大乗仏教の最大の違い

小乗仏教でも、もちろん利他は教えられています。
小乗仏教の最高のさとりである阿羅漢のさとりを開いた人も、死ぬまでのしばらくの間は、人を救おうとします。

では、大乗仏教の自利利他とどこが違うのでしょうか。
それは大乗仏教の自利と利他は一体のもので、自分が幸せになると同時に他人も幸せなりますが、
小乗仏教の場合は、まず自分が幸せになってから、他人を幸せにしようとする点にあります。

これは大乗仏教が自分と他人を同時に幸せにするのに対して、
小乗仏教では自分の幸せが先で、他人の幸せは後ですから、
自分が幸せにならなかったら人のことはかまっていられない
他人よりも自分が幸せになるのが優先
ということになります。

世間でも、自分が儲かることばっかり考えて
人のことを全然考えていない人は、儲かるはずがありません。
自分のふところに入れることばっかり考えて
相手に喜んでもらおうという心がないのです。

自分のことばっかり考えている人は必ず破滅の道をたどりますので、幸せになれるはずがありません。

このような利己的で、自己中心的な考え方は、仏教ではありません。
これを「我利我利がりがり」といいます。
我利我利」とは、我が利益、我が利益と書きますように、
自分のことしか考えていないということです。

これが、ひっそりと小乗仏教の根底を流れている精神です。

つまり、
小乗仏教は、我利我利の教えであり、
大乗仏教は、自利利他の教えである、
ということです。

この小乗仏教と大乗仏教の違いを表にまとめるとこのようになります。

段階 小乗仏教 大乗仏教
1.救われるまで 自分の修行優先 他人を幸せにするままが自分も幸せに近づく
2.救われた後 他人を幸せにしようとする 他人を幸せにしようとする
3.死んでから 消滅する 苦しみ悩む人々を救う

この3つの段階で、果てしない遠い過去から、今、人間に生まれて、また未来永遠に流れて行く時間の流れの中で、救われるまでと、救われた後がほとんどです。
救われてから死ぬまでは、それに比べたら瞬きする間もありません。
わずか一瞬のことです。

そういうことからすれば、救われるまで自分の修行に打ち込み、一瞬は人を救おうとするものの、救われた人は死ねば消えてしまう小乗仏教と、
一貫してすべての人と共に幸せになろうとする大乗仏教の違いは歴然としているのではないでしょうか。

これを龍樹菩薩(ナーガールジュナ)は、『大智度論』に、このように教えられています。

声聞乗は狭小にして、仏乗は広大なり。
声聞乗は自利を自らの為にし、仏乗は一切を益す。

声聞乗」とは小乗、「仏乗」とは大乗のことです。
小乗の人は、自分の幸せばかり考え、大乗の人は、すべての人を幸せにする、ということです。

他にも、「声聞法の中には皆自らの為にし、大乗法の中に広く衆生の為にす」(大智度論)とも
一解脱門を求むるも自利、利人の異なりあり。この故に大小乗の差別あり」(大智度論)
とも言われています。
龍樹菩薩は、最初小乗仏教で出家され、後に大乗仏教に転向された方です。
どちらもよく分かられた上で、同じことを言葉を変えて繰り返し教えられています。
小乗仏教と大乗仏教の最大の違いは、自分の幸せばかり考えるか、他人を幸せにしようとするかにあるのです。

なぜこんな大きな違いが生まれたのでしょうか?

なぜ小乗仏教と大乗仏教の違いが生まれたのか

ブッダの教えは、本来、すべての人を幸せにする教えであり、
我利我利の教えでないのは当然のこと
です。

そのブッダのすべての人を幸せにするという真意が分かった人たちが
ブッダの本心を正しく伝えられた教えが大乗仏教」です。

ところが「まず自分が幸せにならないと、他人を幸せにできない
というのは、怒り煩悩に満ちた私たちの心にとても心地よく響きます。
そして、人を幸せにするというのも大変です。
そのために聞き誤って、ブッダの本心が分からずに、
小さな乗り物のようにしてしまった仏教を
小乗仏教」といいます。
迷いの深い私たちは、とても聞き誤りやすいのです。

ですから「小乗仏教」は、ブッダの本心を聞き誤って、
ブッダの本当の心を伝えていない仏教です。
特に、現在も残っているテーラワーダ仏教の伝えるお経は、残念なことに、ブッダが亡くなって千年も経った5世紀に、ブッダゴーサという人がすべて編集してしまっています。
救われるまで自分の修行を優先し、死ねば自分だけ消滅してしまうという教えが、ブッダの本心を伝えていないとしても何の不思議もありません。

私たちが気をつけるべきこと

ただここで気をつけなければならないのは、問題はどんな宗派なのかではありません。
心が重要です。

小乗仏教は、
自分さえ助かればよい」という我利我利の教えですから
仏教を聞いても、自分さえ聞いていればいいと思って、
あまり伝えようとしません。

それではすべての人が救われませんので、
私たちが大乗仏教で自利利他を教えられていたとしても、
自分の幸せを優先していては、
小さな乗り物にたとえられる「小乗仏教」のようなものです。

本来の仏教は、自分が聞いたら、必ず人に伝えずにはいられなくなるものです。

すべての人が救われる教えが真の仏教ですので、
大きな乗り物に例えて「大乗仏教」といわれるのです。

仏法を他人に伝えて幸せに導くままが、自分の幸せになる、
自利利他が大乗仏教の精神であり、それが仏教精神
です。

そして、自利利他の道を行くのが菩薩であり、
菩薩道というのは、自利利他の道
なのです。

菩薩道とは?

菩薩道とは、自利利他の道です。
本当の幸福を教えられた仏教の話を他の人にするままが
自分の仏縁になります。

実際、聞き学んだことを自分の口で話してみると、
相手が理解されるか分かりませんが、自分の理解が深まるのです。
また理解していないことは話ができませんので
分かっていなかったことが知らされます。

ですからまた仏教を聞いて人にお話しします。

そうすると他の人に本当の幸せを伝えるままが
自分が幸せになる
ことになります。

そして自分が幸せになったら、
他人にもその幸せを伝えずにおれない。
これが、自利利他の菩薩道なのです。

大乗仏教の精神は、自利利他です。

イギリスの有名な歴史学者、アーノルド・トインビーは、
人類の将来は?」と聞かれ、こう答えています。

アーノルド・トインビーアーノルド・トインビー

歴史家は過去のことは語るが、未来は語らない。
もし21世紀に、どのような人間が要請されるかという質問なら、答えられる。
それは大乗仏教の精神です。

(アーノルド・トインビー)

日本の仏教は、聞き誤って伝えられた小乗仏教ではなく、正しく伝えられた大乗仏教です。
他人を活かし、自分も生きる、自利利他の菩薩道を進ませて頂きましょう。

この本当の仏教に教えられる真の幸せについては、
以下のメール講座と電子書籍にまとめておきました。
ぜひ読んでみてください。

目次(記事一覧)へ

この記事を書いた人

長南瑞生

長南瑞生

仏教が好きで、東大教養学部で量子統計力学を学んだものの卒業後は仏道へ。仏教を学ぶほど、本当の仏教の教えが一般に知られていないことに驚き、何とかみなさんに知って頂こうと失敗ばかり10年。やがてインターネットの技術を導入して日本仏教アソシエーション(株)を設立。著書2冊。科学的な知見をふまえ、執筆や講演を通して、伝統的な本物の仏教を分かりやすく伝えようと奮戦している。

仏教界では先駆的にインターネットに進出し、通信講座受講者3千人、メルマガ読者5万人。ツイッター(@M_Osanami)、ユーチューブ(長南瑞生公式チャンネル)で情報発信中。メールマガジンはこちらから講読可能

著作