嫉妬しない方法(愚痴について)

好きな人が、他の人と話をしたり、テレビに出てきた芸能人をほめていると、話題に上がった人に対して、嫉妬の心が起きてきます。
そして、そのライバルを恨み呪う心も出てきます。

このような、嫉妬やねたみ、恨み呪いの心を、仏教では「愚痴(ぐち)」といわれ、全部で108ある煩悩の中でも最も恐ろしい、三毒(さんどく)の一つです。

嫉妬すると恨み呪う

女性なら、大好きな彼が、芸能人の誰それがかわいいとか、映画の女優がきれいとか言い出したら、嫉妬の心が起きてきます。

男性でも、大好きな彼女が、芸能人の誰それがかっこいいとか、あのイケメン俳優が好き、と言っていたら、嫉妬して悔しがります。

芸能人や映画俳優なら、高嶺の花で現実味がないのでまだしも、身近な自分の友達をほめていたら、内心穏やかではありません。

嫉妬していることを相手に気づかれたくないですが、
何でそんなこと言うの?
と聞きたくなります。

そして、ライバルを恨み、呪い、ワラ人形を作って夜中に「死ねー」と五寸釘を打ち込みたくなります。

恨み呪えば身の破滅

このように、嫉妬すると、恨んだり呪ったりするのですが、恨み呪えば身の破滅です。

ワラ人形を作って五寸釘を打ち込んでも、相手には何のダメージもありません。

それどころか、ワラ人形を作るお金と時間が自分へのダメージとなります。

夜中に五寸釘を打ち込んだ分、睡眠時間が減って、翌日眠くなり、自分が失敗して何のいいこともありません。

恨み呪いから出てくるのは悪い行いですから、因果の道理にしたがって、悪因悪果、自分に不幸や災難がやってくるのです。

そもそも嫉妬心を起こした時点で不安になったり、ライバルを憎んだり、自分が苦しんでいるのです。

なぜ嫉妬の心が起きるのでしょうか?

嫉妬の原因

仏教では、嫉妬やねたみ、恨み憎しみの心を「愚痴」といいます。

愚痴の「」は愚か、「」も智慧が病だれに入って病院に入っていますから、バカということです。
愚痴」とは、愚かでバカな心ということなのです。

世間では、「愚痴」というと、何か嫌なことがあったときに、ぶつぶつ不平を言うことを愚痴を言うといいます。しかし仏教ではそれだけではありません。
人の幸せをねたみ、逆に人の不幸を喜ぶ醜い心をいいます。

他人の不幸を喜ぶ心

俗に、人の不幸を喜ぶことを「隣の貧乏雁の味」と言われます。
隣が貧乏で苦しんでいると「お気の毒に」とは言いながら、内心ほくそえんではいないでしょうか。

嫌いな人が苦しんでいると、内心「ざまあみろ」「いい気味だ」と思う心はないでしょうか。
あの程度ではまだまだ足りないから、もっとひどい目に遭ったらいいと思う心がでてきます。
残虐性の強い事件ほど、テレビの視聴率はあがり、週刊誌が売れるのは、この醜く汚い私たちの愚痴の心の強さを物語っています。
そういう他人の不幸を喜ぶ醜い心を「愚痴」の心と言います。

人の幸せをねたむ嫉妬の心

反対に、幸せな人を見ると、内心、苦々しく思う心があるのではないでしょうか。
自分でもいやになってくる、ねたみ、そねみの心です。
幸せそうな2人を見ると許せないという、嫉妬の心だけではありません。
恋愛関係でなくても、何でもそうです。

例えば、自分の家は不幸続きで、イライラしている時に、隣の家は新築して、蔵まで建つと、腹立たしく思います。
それどころか、
「隣に何か災難がおきればいいのに、火事にでもあって家が燃えてくれないかなぁ。 もちろん、自分の家には燃え移らないように」
と、隣の不幸を祈る心さえ出て来る始末です。

この勝るをねたむ心を「愚痴」というのです。
嫉妬というのは、この愚痴の一つの表れです。

では、愚痴はなぜ愚かなのでしょうか?

なぜ愚かなの?

お釈迦さまは、なぜ愚かでバカだと言われたのかというと、計算ができないからとか、字が読めないからではありません。

お釈迦さまが愚かだと言われているのは、因果の道理が分からないからです。

因果の道理とは「すべての結果には必ず原因がある」、まかぬたねは生えませんが、まいた種は必ず生えるということです。

その種まきと、結果の関係は、
善因善果(ぜんいんぜんか)
 悪因悪果(あくいんあっか)
 自因自果(じいんじか)」
という関係があります。

善い行いは善い運命を生みだし、
悪い行いは悪い運命を生み出す。
自分のまいたたねは自分が刈り取らなければならない、ということです。

自分よりもすぐれた人には、他人の知らないたねまきがあり、因果の道理に従って、たねまきに応じた結果を受けているだけです。因果応報の因果の道理には寸分の狂いありません。

自分に起きる結果のすべては、自分の行いが生みだしているのです。

その因果の道理が分からないのが愚痴の心です。
この心によって、悪いことが起きると自分を反省することもなく人のせいにします。
自分よりすぐれた人を見ると、ねたみ、そねみ、恨み呪います。
そんなことをしても、何も善いことはありません。悪いたねまきなので、ますます不幸や災難が起きてきます。
愚痴の心は、自分の向上を忘れて、他人の足を引っ張ろうとするので、お釈迦さまは、愚かだと言われているのです。

嫉妬しない方法

嫉妬やねたみ、恨みや鈍いの原因は、因果の道理が分からないところにありますから、因果の道理が分かれば、嫉妬は起きません。

ライバルが現れたときは、自分の至らない点を見つけて、そこを向上して、ライバル以上の自分になれば問題はありませんから、嫉妬の心も起きません。

恨み呪ってライバルの足を引っ張ろうとても、無駄ですし、心の狭い人と思われて、逆効果です。

逆に、至らない自分にもかかわらず、今のような幸せがあることに感謝して、反省・努力し、向上するのが大切です。

因果の道理をよくよく知りましょう。

それでも好きな人をとられた場合は、大変なショックを受けます。
一晩中一睡もできずに、目を真っ赤にはらして、天井を見ながら、朝を迎えるかもしれません。

そんなときは、もし好きな人が他の人になびくとすれば、必ず何か、自分に至らない点がありますから、その自分のたねまきを見つめて、やがて相手が「あなたと結婚すればよかった」と後悔するくらい、反省・向上しましょう。

どんなことでも、自分を磨く糧とすれば、よりよい人生を築くことができるのです。

なぜお釈迦さまは愚痴を教えられたの?

ではなぜお釈迦さまは、このような愚痴の心を教えられたのでしょうか?
それは、本当の自分の心を知らないまま、本当の幸せになることはできないからです。
仏教を聞いて、その教えにしたがって進んで行きますと、今まで知らなかった自分の姿が知らされて来ます。
自分の本当の心が知らされることは、苦しい、恐ろしいことです。
しかし、自分の姿が知らされて、進んでいった先に本当の幸せがあるのです。

では、本当の幸せとはどんなもので、どうすれば本当の幸せになれるのか、については、仏教の真髄ですので、メール講座と小冊子に分かりやすくまとめました。
ぜひ一度読んでみて下さい。

関連記事

目次(記事一覧)へ