お盆とは?

毎年夏の「お盆」には、帰省ラッシュが始まり、毎年、日本人は大移動しています。
迎え火で始まり、送り火で終わるお盆の期間、そして、お供えのきゅうりやなす、提灯など、お盆独特の習慣があります。
一体お盆とは何なのでしょうか?

お盆とは

お盆とは、中国や日本で、祖先の霊を迎える行事です。
多くの所では、実家へ帰省してお墓参りをした後、親子兄弟同士、ご馳走を食べてお酒を飲んだりするのが恒例です。
お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、略して「盆会」「」といわれます。
さらには「魂祭り」「精霊祭り」「盆祭」といわれることもあります。

期間は、地域によってまちまちですが、全国的には、8月15日を中心とした数日で、ほとんどが8月13日から8月16日の4日間です。

もとは旧暦の7月を「盆月」と呼んで、7月1日に地獄の釜があく日といって、1ヶ月間続きましたが、今はほとんど行われません。
ただ、地方によっては、7月13日から16日までの期間だったり、旧暦の7月13日から16日として、9月1日から4日の地域もありますので、確認が必要です。

お盆の初日を「迎え盆」とか「お盆の入り」と言い、
お盆の最終日を「送り盆」とか「お盆の明け」と言います。

お盆には、色々な習慣があります。
まず、迎え火と送り火です。

お盆の迎え火と送り火

多くの地域では、13日の迎え盆の夕方、玄関先や庭先で、麻の皮をむいた茎の部分である「オガラ」で「迎え火」を焚きます。穀倉地帯ではワラの所もあります。
火を持って「招来、招来」と言いながら墓の周りを回り、墓石を火で叩く所もあります。
お墓には、招来花を立てる所もあります。そして盆灯籠に火を灯します。

中にはお墓で焚いた火で提灯を灯して家に持ち帰り、玄関先に提灯を灯したりするところもあります。

16日の送り盆の夕方には、同じ場所でオガラを炊きます。
これが「送り火」です。

これをやっている人は、先祖の霊があの世から家に戻ってきたり、またあの世へ帰って行くときに迷わないようにという願いを込めたものです。

同じ考え方から、盆提灯というものもあります。

盆提灯

盆提灯も、先祖の霊が戻ってくるときの目印にと思って提灯に火を灯しておくものです。

盆提灯には、上からつるす「御所提灯(ごしょちょうちん)」
下に置く「大内行灯(おおうちあんどん)」などがあります。

御所町賃には、絵柄の入った提灯や、無地の新盆用の白提灯があります。

大内行灯には、火袋の中に和紙などが貼ってあり、走馬燈のように回転するものもあり、無常を観じさせられるものもあります。

盆提灯は、故人の供養にと贈られるもので、たくさん頂いた盆提灯を毎年飾るのが大変な場合は、新盆から毎年、少しずつ減らしていきます。

最近では、提灯の代わりに1〜2万円の現金を贈り、家族に提灯を買って貰うことも多くあります。

白提灯は、新盆だけに使うので、お盆の最終日の送り火で燃やすのですが、マンションでは燃やせないので可燃ゴミにして出す人もありますし、お寺に納めたりもします。

そして、お盆には、独特のお供えがあります。

お盆のお供え

お盆の入りに、お仏壇の前に「精霊棚(しょうりょうだな)」をしつらえる地域もあります。

精霊棚で、もっともメジャーなお供えは、キュウリとナスに、つまようじや割り箸で四つ足をつけ、馬や牛に見立てたキュウリの馬やナスの牛を供えます。
これは、先祖の霊があの世から戻ってくるときは、あの世へ帰るときは、牛に乗ってゆっくり帰って欲しいという願いを込めたものです。

他にも、初物の果物や野菜、亡くなった方の好物などをお供えする場合もありますし、「お迎え団子」といって団子をお供えする場合もあります。
また、14日にそうめん、15日にもちやだんごを供える所もあります。

さらに精励棚には、お仏壇からお灯明や香炉、お仏花などをおろす場合もありますし、逆に場所が狭い場合は、精励棚を作らずに全部お仏壇にお供えする場合もあります。

この期間は、「霊供膳(りょうぐぜん)」といって、朝昼晩と3食、家族と同じ食事を供えたり、家族もみんな魚や肉を使わない「精進料理」にする場合もあります。
その他の殺生も避けます。

お盆が終わると、昔はお供え物を小さな船に乗せて川や海へ流し、「精霊流し」や「灯籠流し」が行われていたのですが、最近は環境問題が問題化しているので、送り火で燃やしたり、お寺に納めることが多くなりました。

新盆の迎え方

新盆(にいぼん)」とは、「初盆(はつぼん)」とも言われ、故人の四十九日の後の最初のお盆のことです。

この時は、僧侶を招いて、法事を行います。
遺族の服装は喪服です。

このとき読まれるお経は、精霊棚の前で読まれるので、「棚経(たなぎょう)」といわれる場合があります。

親戚や知人を招いた場合は、精進料理でもてなします。
僧侶お布施の目安は法事にならって1〜2万円
食事を辞退されたら「御膳料」5千円から1万円とお車代を包みます。

また、僧侶を自宅には招かず、家族でお墓参りに行ったときに「お布施」を届け、墓前で供養をお願いする人もあります。

では、お盆はどのように行われるようになったのでしょうか?

お盆の歴史

中国のお盆

『仏祖統紀』によれば、日本に仏教が伝えられた538年、中国の梁の武帝が盂蘭盆の斎を設けたとあります。
」とは法事のことです。
他にも、僧侶は諸寺院でことごとく盆を営んでいたと『荊楚歳時記』に記されているので、この頃には中国では、お盆の行事が行われてたことがわかります。

唐の時代や宋の時代にもお盆が行われていた記録が残されています。

日本のお盆

日本で最初に最初にお盆の行事が営まれた形跡があるのは、聖徳太子の活躍されていた616年に、「この年よりはじめてごとに4月8日、7月15日に斎を設く」とあります。

4月8日がお釈迦さまのお誕生日で花祭り、7月15日がお盆です。

657年には、「盂蘭盆会を設く」と「盂蘭盆会」という言葉がつかわれ、
659年には、京都の色々なで『盂蘭盆経』の講釈があったと記されています。

こうしてお盆は宮中の恒例行事になり、平安時代になると、公家にも広まります。

鎌倉時代になると、滅亡した平家をお盆に弔うようになり、室町時代では、軒先に盆灯籠を立てることが庶民に普及しました。

迎え火」と「送り火」は、江戸時代に行われるようになります。
また、「新盆」を迎える家では、7月1日からお盆を迎えたいと思い、「7日盆」が始まりました。

七日盆」とは、7月1日にお盆を始めると、7月7日は七夕と重なるため、7日に念入りにお墓参り掃除をするというものです。

そのため、もともと七夕の供物だったそうめんがお盆の供物となり、お盆の供物だったキュウリの馬やナスの牛が七夕のほうへ加わりました。

このように、最初は仏教の『盂蘭盆経』を講説する法事だったのが、だんだん先祖供養が入り込み、今では仏教の教えからはかなり逸脱した行事になってしまったのがお盆です。

では、お盆の始まりである『盂蘭盆経』とは一体どんなお経なのでしょうか?

仏説盂蘭盆経は中国でできた偽経?

盂蘭盆経』は、正しくは『仏説盂蘭盆経(ぶっせつうらぼんきょう)』といい、ブッダの説かれたお経です。

ちなみに、盂蘭盆経を中国でできた偽経だと思っている人がありますが、そうではありません。

2013年、日本の仏教学者から出された論文で、偽経ではなく、間違いなくブッダが説かれたお経であることが、明らかになっています。

ではどんなことが説かれているのかというと、この仏説盂蘭盆経には、ブッダの十大弟子の一人、目連尊者のエピソードが出ています。

仏説盂蘭盆経の内容

ブッダ祇園精舎におられた頃のことです。
ある日、神通力第一といわれる目連尊者が、親孝行をしようと思い立ちました。

ところがその神通力によって、目連尊者の亡きお母さんが、餓鬼道に堕ちて骨と皮ばかりになって苦しんでいることが分かりました。

深く悲しんだ目連は、すぐに鉢にご飯を盛ってお母さんにあげようとします。
お母さんが喜んでそれを食べようとすると、たちまちそのご飯はぼっと燃え上り、どうしても食べることができません。

鉢を投げて泣きくずれるお母さんを尊者は悲しみ、ブッダのところに走っていくと、
どうしたらお母さんを救えるでしょうか
と尋ねました。

その時、ブッダ
「そなたの母親の罪は深い。そなた一人の力ではどうにもならない。
この7月15日に、飯、百味(ひゃくみ)、五果(ごか)等の珍味を十方の大徳衆僧に供養しなさい」。

百味とは、色々な美味しい食べ物や飲み物、
五果とは、
核果(かっか):なつめやあんずやもも、
膚果(ふか) :すももやなし、
穀果(こっか):くるみやざくろ、
檜果(かいか):松やかしわ
角果(かっか):菱や豆
です。

布施の功徳は大きいから、亡き母は餓鬼道の苦難からまぬがれるであろう」
と教えてくださいました。

目蓮が、ブッダの仰せにしたがったところ、お母さんは、たちどころに餓鬼道から天上界に浮ぶことができたそうです。

この喜びの余り踊ったのが盆踊りの始まりだと言う人もあります。

盂蘭盆は、この目連尊者のエピソードから、だんだんと先祖供養の日となって、今日に続いているのです。

ではこの『盂蘭盆経』のエピソードは、本当は私達に何を教えているのでしょうか。

お盆のエピソードの意味

ウラボンは梵語(サンスクリット)ですが、「倒懸(とうけん)」ということです。
倒懸とは、倒(さか)さに懸(かか)れる者ですから、逆立ちしている者ということです。

ですから『盂蘭盆経』とは、
倒さに懸れる者を救う方法を教えたお経
ということです。

では、「倒さに懸って苦しむ者」とは誰のことでしょうか。

死後だけに餓鬼道があるのではありません。
迷いを迷いと思わず、真実を真実と信じられず、迷いを真実と誤解して苦しみ悩んでいる人は、仏様からご覧になると、みんな
倒さに懸って苦しんでいる者
であり、餓鬼なのです。

日本で最も読まれている仏教書である『歎異抄』には、
火宅無常の世界は、万のこと皆もって、空言たわごと真実あることなし
と記されています。

今は忙しいから、いつかそのうち仏教を聞いて本当の生きる意味を知ろう
と考えている人が、多いのではないでしょうか。

それは、限りある命を持ちながら、限りないを満たしてからということです。そんなことはできるのでしょうか。
普通に考えると、は限りがないので、を満たす前に命が終わります。
そんな考え方の人が、逆立ちしている人です。

だから、お金や財産、地位、名誉、才能や美貌、家族がある人は、それらによってますます苦しみ、それらの無い人は、これらを求めてますます悩んでいるのです。
有るも苦なら、無いのも苦、有無同然です。

無ければ欲しい、有っても欲しい、欲しい欲しいと飢え続け、渇き続け、恨み続け、満足ということを知らず苦しんでいるのが餓鬼のすがたです。
一体、どこに人間に生まれてよかったと本当の幸福を喜んでいる人があるでしょうか。

本当の生きる意味を知らず、限りないを満たして幸せになれると思い込んで、
考えが逆立ちしていますからどこを見渡しても、ただ苦しみ悩みの声ばかり聞こえます。

亡くなった先祖のことばかりを案じて私たちは、自分が餓鬼であることを忘れていますが、この深刻な自分の心の現実を見つめる時、そんな餓鬼こそ本当の自分の姿だと驚くのです。

お盆は、亡くなられた方をご縁に仏法を聞いて、今、現に倒さに懸って飢え、渇き、苦しみ続けている自分自身を救う日なのです。

お盆の本当の意味

では、墓参りは無意味なのでしょうか?

仏教の根幹である因果の道理から言えば、お盆だからといって、先祖が墓に集まって来れるわけではありませんが、何も墓参りを無意味だと否定しているわけでもありません。

仏教では、
無常を観ずるは菩提心のはじめなり
といわれて、死を観つめることが、本当の幸福への第一歩だ
と教えられています。

お盆の本当の意味が分かっていれば、自分の人生を見つめ、生きる意味を知る大変よいご縁です。

亡くなられた方をご縁に自分の人生を振り返り、仏法を聞いて生きる意味を知る機会となれば、お盆もとても有意義になります。

では、仏教には、本当の生きる意味をどのように教えられているのか
小冊子とメール講座にまとめて起きましたので、一度読んでみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ