四聖諦(ししょうたい)とは?

四聖諦」は「四諦」とも言われ、仏教の基礎です。
」とは、真理ということですので、
四聖諦」は、4つの聖なる真理
四諦」なら4つの真理のことです。

仏教に教えられていることは、この4つの真理なのです。

四聖諦とは?

四聖諦の4つの真理とは、苦しみの原因と結果、幸せの原因と結果の4つの真理です。

仏教は、「すべての結果には必ず原因がある」という因果の道理を根幹として説かれています。

ですから、人生にやってくる色々の苦しみにも原因があります。
そして、幸せになるにも、その原因があるのです。

その4つの真理を、お経にはこう説かれています。
いわく四聖諦あり。苦諦、集諦、滅諦、道諦なり」(長阿含経)
四聖諦とは、苦諦、集諦、滅諦、道諦の4つだということです。

この4つをそれぞれ簡単にいえばこうなります。
苦諦(くたい)」………「人生は苦なり」という真理
集諦(じゅうたい)」…苦しみの原因を明かされた真理
滅諦(めったい)」……真の幸福を明かされた真理
道諦(どうたい)」……真の幸福になる道を明かされた真理
頭文字をとって「苦集滅道(くじゅうめつどう)」ともいわれます。

病気でいえば、苦しみの結果である「苦諦」は、病気の症状です。
風邪なら熱が出て、意識がもうろうとして、鼻水が出て、咳が出て、全身の節々が痛みます。

ではなぜ熱が出たり、もうろうとするのかという原因があります。
それが苦しみの原因を明かされた真理である「集諦」です。

そして、生まれつき病気だった人には、病気が全快したらどんな幸せになるのか知りませんので、それも教えなければなりません。
私たちも、果てしない遠い過去から迷い苦しんでおり、病気が治った試しがありませんので、 病気の完治した世界が教えられています。
それが「滅諦」です。

そして最後に、どうすれば病気が治るのかという処方箋があります。
それが「道諦」です。

ではそれぞれどんなことが教えられているのでしょうか?

1.苦諦とは?

苦諦」とは、「人生は苦なり」で、すべての人が苦しみ悩んでいる、ということです。

そんなこと分かっているよ」と思うかもしれませんが、誰しも
お金があったら……
周りの人から一目置かれれば……
好きなことを仕事にできれば……
愛情につつまれれば……
あれがあったら……
こんなことができれば……
幸せになれる、満足できる、と思っています。
その延長線上のどこかに幸せがあるように思って、そんなことばかりに一生懸命です。

こうして迷いの深い私たちも、その方向に幸せがないことに気づかず、苦しみから離れられずに、あっという間の人生を終わってしまいます。

病気でも、自分が病気にかかっている自覚がなければ、その病を何とかしようという気持ちが起こりませんので、お釈迦さまは「すべての人は苦しんでいる」という真理を教えられています。

まず説かれたのは「四苦八苦(しくはっく)」です。

四苦八苦」とは、「四苦」といわれる生苦、老苦、病苦、死苦の4つの苦しみと、さらに4つの苦しみを加えた合計八つの苦しみのことです。
お経にはこのように説かれています。
いかんが苦聖諦なる、いわく生苦、老苦、病苦、死苦 、怨憎会苦、愛別離苦、所求不得苦、略五陰盛苦なり」(中阿含経)

これらの苦しみは、とても分かりやすく、いつの時代、どこの国の人でも、どれだけお金があっても、愛情に包まれていても、人間として生まれたならば必ず受けねばならない苦しみなのです。

2.集諦とは?

集諦」とは、
」とは「集起」のことで、原因ということですから、
集諦」とは、苦しみの原因を明かされた真理ということです。

なぜ私たちは、好きなことを仕事にしても、
どんなにお金があっても、
好きな人と結婚しても、
生まれてから死ぬまで苦しみ続けなければならないのか、といいますと、それは、お金や財産、地位、名誉、妻子、才能……などがないからではありません。

私たちの心に原因があります。

その苦しみを生み出す原因について、お釈迦さまはまず、
煩悩(ぼんのう)」を教えられています。

煩悩とは苦しませ、悩ませるもの、ということで、全部で108あります。

中でも最も私たちを苦しめる煩悩を三毒といい、怒りねたみやうらみの3つです。
これらの煩悩によって、どれだけ科学が進歩しても、経済が発展しても、苦しみ悩みはなくならないのです。

3.滅諦とは?

滅諦」とは、真の幸福を明かされた真理です。

私たちは、生まれて以来、ずっと苦しみ迷いの中にありますので、本当の幸せとは何か、誰も分かっていません。

二千年以上前から、哲学者もずっと考え続けていますが、徳を磨くことなのか、精神的なこころよさなのか、欲を抑えて現状に満足することなのか、平常心を保つことなのか、それがどんな状態なのか、いまだに本当の幸せとは何か、分かりません。

そこでお釈迦さまはまず、究極の目的である煩悩が滅した世界「涅槃(ねはん)」があることを教えられ、それに至る真の幸福とはどんな心なのか教えられています。

4.道諦とは?

道諦」とは、真の幸福になる道を明かされた真理です。
ここでお釈迦さまは、まず「八正道(はっしょうどう)」を教えられています。

そのほかにも、お釈迦さまは色々のを説かれ、実践を勧められています。

それらの教えにしたがって進んで行くと、煩悩しかない、自分の本当の姿が知らされていきます。
そして、仏法を聞かなければ知らされることのなかった苦悩の根元を知らされて、真の幸福へ導かれて行きます。

その苦悩の根元と解決こそが、仏教の真髄ですので、メール講座と小冊子にまとめておきました。
今すぐご覧ください。

関連記事

目次(記事一覧)へ