仏と菩薩と神の違い

今回は、仏教に説かれる人格である、仏と菩薩とについて分かりやすく解説していきます。

よく京都や奈良の観光地になっているお寺をめぐると、
仏や菩薩、、さらには仏教の宗派を開いた高僧などが、
仏像となってまつられています。

そして、修学旅行に来た子供から年配の方まで、
その仏像が何かも分からずに
手を合わせて拝んでいるのをよくみかけます。

大丈夫でしょうか?

まず、おおまかな仏と菩薩との違いを学んで見ましょう。

それぞれの仏や菩薩や神については、最後にこのカテゴリの記事で紹介します。

仏のよくある誤解

」というと、多くの人は、先祖のことだと思っています。
お仏壇に向かって、
おじいちゃんにご挨拶して」と言ったり
仏様にご挨拶して」と言ったりしますので、
先祖のことを仏というのだろうと思ってしまいます。

また、サスペンスドラマで、被害者のことを話題にするときに「ホトケサン」ということがあります。
山林で被害者が悪い状態で発見されると、
これじゃあホトケサンも浮かばれない
と言ってみたり、
まだホトケサンの死後、あまり時間が経っていない
と言ったりします。

このように、仏というと、先祖や死人のことを言われることがあります。
ところが、これらはまったくの誤解です。

もし、仏が死んだ人のことだとすれば、
仏教」は、「」の「」え、「」の説かれた「」え、という意味ですが、
死んだ人の説いた教えということになってしまいます。
死んだ人が教えを説けるハズがありませんので、
仏というのは、死んだ人のことではありません。
仏を死んだ人のことだと思うのはまったくの誤解です。

仏とは

では、仏とはどういう意味なのかというと、
仏のさとりを開かれた方のことです。

さとりといっても、低いものから高いものまで、
全部で52のさとりがあります。
これを「さとりの52位」といいます。

さとりの位は、何か気づいたという程度ではなく、
一段違えば人間と虫けらほど境涯が違うといわれます。
何か気づいたことなら、他の人にも教えれば分かりますが、
虫にテレビやパソコンのことを教えようとしても不可能です。
さとり一段で、それくらい境涯が違います。

そのさとりの位の、下から数えて52段目の
大宇宙最高のさとりを仏のさとりといいます。

その仏のさとりを開かれて、大宇宙の真理をすべて体得された方を
仏とか、仏さまと言われます。

その大宇宙の真理を「真如しんにょ」ともいいますから、
真如を体得し、「真如より来現した人」ということで、
如来にょらい」ともいわれます。
ですから、「如来」と「」とはまったく同じ意味です。

地球上で仏のさとりを開かれた方は、
お釈迦さまただ一人ですから、
釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし
といわれます。

昔も今も、新興宗教の教祖などで
私は仏のさとりを開いた
私は仏の生まれ変わり
私は仏を超えた
などと言い出す人がありますが、
あまり仏のさとりについて知らない可能性が濃厚です。

じゃあ他の仏さまは?

仏とか如来というと、仏教では、大日如来とか、
薬師如来とか、ビルシャナ如来とか、釈迦如来以外にも
たくさん説かれています。

釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」で、
仏のさとりを開かれた方は、一人だけだったのではないかというと、それは地球上のことです。
地球上にはお釈迦さまただ一人ですが、
大宇宙には地球のようなものが数え切れないほどありますので、
仏のさとりを開かれた方もガンジス河の砂の数ほどあると
お釈迦さまが説かれています。
高い悟りを開くと、それが分かるのです。
そして仏のさとりを開けば、
仏仏相念(ぶつぶつそうねん)」(大無量寿経
と説かれているように、仏さま同士、心が通じるようになります。

地球上で唯一仏のさとりを開かれたお釈迦さまが、大宇宙の数え切れないほどたくさんの仏方を発見されて、それを私たちに教えられているのです。

一番えらい仏さまは?

そのたくさんの仏さまの中で、
諸仏の王と説かれているのが、阿弥陀如来です。

般舟経』には、すべての仏は、
阿弥陀如来のお力によって仏のさとりを開かれたと説かれていますから、
阿弥陀如来は、大宇宙の諸仏の先生でもあります。

また『楞伽経』には、すべての仏は、
阿弥陀如来の浄土から出てこられた
とも説かれていますから、
阿弥陀如来はすべての仏の根本の仏でもあります。

ですから、お釈迦さまも、大日如来薬師如来も、ビルシャナ如来も、
阿弥陀如来の弟子なのです。
このことについて、詳しくは
阿弥陀如来(阿弥陀仏)とは?
にまとめてありますのでご覧ください。

実際、全国の寺院の半分以上は、
阿弥陀如来を本尊としています。

ところが、中には、大日如来が最高の仏だという人があります。
その人たちが大日如来が最高だとする根拠については、以下の記事にまとめてあります。
大日如来は最高の仏?根拠と阿弥陀如来との関係

菩薩とは

次に、観音菩薩とか勢至菩薩、弥勒菩薩とか地蔵菩薩
文殊菩薩とか普賢菩薩など、菩薩といわれる人たちがあります。

菩薩と聞くと、味噌汁も吸わなければ、牛乳も飲まなければ、トイレにも行かない、
寒い冬でも道端で立っている、私とは関係ない雲の上の方だと思う人が多くありますが、
それは間違いです。

菩薩」とは何かというと、
菩提薩埵(ぼだいさった)」の略です。
菩提」とは仏のさとりのことで、
薩埵」とは、求める人、ということですから、
まだ仏のさとりを得ておらず、仏のさとりに向かって努力している人を
菩薩」といいます。

仏のさとりを求める人といっても、ピンからキリまであります。
さとりには52の位がありますから、
そのゼロ段から51段まで色々あります。

観音菩薩とか勢至菩薩、弥勒菩薩のような、
非常に高いさとりを開いている菩薩もいれば、
さとりの位はゼロ段でも、真実の幸福を求めている人は菩薩です。

今この記事を読んでいるあなたも、
おそらく本当の仏教を知りたいと思っておられると思いますので、
菩薩といえます。

神とは?

仏教で、菩薩の下に説かれているのが、です。

ここでというと、神社にいるを思い浮かべると思いますが、
それは「神道」で、死んだ人間や動物をまつると、まつった場所に鎮座して
生きている人に幸せや不幸を与える力を持つと信じているものですから、
仏教の」ではありません。

仏教は、因果の道理に基づいて説かれていますので、
そのような因果の道理に反したものは排斥されます。

では仏教のとは何かといいますと、
梵天(ぼんてん)や帝釈天(たいしゃくてん)、
多聞天(たもんてん)、持国天(じこくてん)、増長天(ぞうじょうてん)、広目天(こうもくてん)の四天王、
地獄閻魔大王などありますが、
そのつとめは、仏法を勧め、仏法を求める人を守ることです。

しかしながら、いずれも因果の道理にもとづいて、
六道輪廻転生している最中の迷いの衆生ですから、
同じように迷っている最中の私たちを救う力はありません。

仏と菩薩と神のまとめ

今まで述べてきた仏と菩薩との違いを
表にまとめてみました。

諸仏の王 阿弥陀如来
仏(如来) 釈迦如来(お釈迦様)
大日如来
薬師如来
ビルシャナ如来
菩薩 観音菩薩
勢至菩薩
弥勒菩薩
地蔵菩薩
文殊菩薩
普賢菩薩
梵天
帝釈天
多聞天
持国天
増長天
広目天
閻魔大王

この違いを知らないと、
仏教は分かりませんので、
よく知っておいてください。

では、仏教に何が教えられているのかということについては、
電子書籍と無料のメール講座にまとめておきました。
ぜひ読んでみてください。

目次(記事一覧)へ

この記事を書いた人

長南瑞生

長南瑞生

仏教が好きで、東大教養学部で量子統計力学を学んだものの卒業後は仏道へ。仏教を学ぶほど、本当の仏教の教えが一般に知られていないことに驚き、何とかみなさんに知って頂こうと失敗ばかり10年。やがてインターネットの技術を導入して日本仏教アソシエーション(株)を設立。著書2冊。科学的な知見をふまえ、執筆や講演を通して、伝統的な本物の仏教を分かりやすく伝えようと奮戦している。

仏教界では先駆的にインターネットに進出し、通信講座受講者3千人、メルマガ読者5万人。ツイッター(@M_Osanami)、ユーチューブ(長南瑞生公式チャンネル)で情報発信中。メールマガジンはこちらから講読可能

著作