四十九日(しじゅうくにち)の意味

四十九日は、法事の中でも最も重視される法事です。
最初の法事になることもあり、この後に白木の位牌を本位牌にしたり、
形見分けなどが行われます。

では四十九日は、いつの日程で、どのような服装で営まれ、
香典はいくらぐらい持っていけばいいのでしょうか。
そもそもなぜ四十九日に法事を行うのでしょうか?

四十九日はいつやるの?

四十九日の法事は、亡くなった日を入れて四十九日目に行います。
つまり、亡くなった日の48日後です。

なぜかというと、人が死んでからの四十九日間を
中有(ちゅうう)」とか「中陰(ちゅういん)」といいます。

そして、この49日間は、
死んだ人のが成仏せずにどとまっている
と思われているためです。
しかしこれは間違いなので、
仏教ではどうなるのかは、最後に説明します。

故人が亡くなってから7日ごとに、
最大7回(遺族だけで)法事を行う場合もありますが、
初七日を葬式の日に行い、その後省略して、
四十九日が最初の法事になることもよくあります。

その日が、仏滅だとか、友引だとか、大安だとかの
六曜は関係ありません。まったく気にしなくて大丈夫です。

もしそれ以外に、
仕事などでその日に都合が悪ければ、
当日より前の休日などにします。
後にすることはありません。

四十九日の服装と持ち物

四十九日の服装は、遺族も参列者も
葬式と同じように喪服です。

参列者の喪服は四十九日までで、
一周忌からは礼服となりますが、
遺族は三回忌までは喪服です。

参列者の持ち物は、数珠
ふくさに包んだ「御仏前」です。

四十九日の香典の金額の相場

四十九日の法事に持って行く香典は「御仏前」といいます。
表書きは「御仏前」とします。

金額の相場としては、亡くなられた方と
血のつながりがあれば、
1〜3万円、
血のつながりがない友人知人の場合は、
5千円〜1万円となります。
会食の有無や、家族を連名にすることによって
変わって来ます。

新札でもいいのかどうかは、
葬儀の香典は、待っていたように思われるので
新札にしないことになっていますから、
四十九日も新札にしないほうが無難です。

四十九日にすること(スケジュール)

四十九日も普通の法事と同様の式次第となります。
一般的には、参列する人が集まったら僧侶を迎えて始まります。
施主の挨拶
読経と焼香
僧侶の法話
会食
となります。

法話と会食の間に納骨をしてお墓参りが入ることもありますし、
僧侶は会食に参加しない場合もあります。

僧侶へのお布施の相場は、葬式の1割程度の3〜5万円となります。
それ以外にお車代として5千円から1万円、
会食を欠席された場合は、御膳料として5千円から1万円となります。

四十九日をもって、白木の位牌を本位牌にしますが、
もともと仏教では位牌というのは使いませんので、
位牌はなくても構いません。

四十九日のあとの形見分け

四十九日までは「忌中(きちゅう)」といいますが、
四十九日の法事が終わると「忌明け(きあけ)」となり、
形見分けを行います。
(次は一周忌まで「喪中(もちゅう)」です)

形見分けとは、故人が生前に愛用していた衣類や、
その他の愛用品を、縁のあった友人知人に分けるものです。

あまりに安価なものは失礼にあたりますし、
現代では貴金属などの高額なものは、
相続税がかかりますので注意が必要です。

また「自分にはもったいない」と断れることもありますが、
喜ばれるとは限らないので、相手に意思を確認する必要があります。

さてそれでは、人は死んだらどうなると
仏教で教えられているのでしょうか?

四十九日の理由・魂はどこ?

人が死ぬとどうなるかというと、
天親菩薩の『倶舎論』では、
次の生を受けるまでの期間を「中有界(ちゅううかい)」
と説かれています。

中有界ではどんな形になるかというと
如当本有形(にょとうほんうけい)」といわれ、
死ぬ前のような形です。
例えば人であれば人の形、猫であれば猫の形となります。

中有界は、地獄天上界と同じように
化生(けしょう)」という夢のような生まれ方をします。
身体は極微細な物質でできていて、肉眼では見えません。
こつねんと生まれ、こつねんと消えます。

食べ物は香です。
小福のものは悪香を食し、
多福の者は妙香を食することになります。

中有界の衆生になると、
視力が極度に発達し、どんな山や海も超えて
遠い彼方も透視することができます。
海で溺れ死んだり、山で死んだ場合でも、
故郷の光景がはっきり見えます。
また、空間を自由自在に動くことができるようになり、
失業した人が次の仕事を求めるように、
はやく次の生に生まれることを切望します。

因縁が熟さなければ生まれられませんので、
いかなる場所も見える視力と、自由自在の行動力を活かして
子供ができそうな新婚夫婦などを探します。

ですから新婚夫婦の寝室には、夜になると犬や猫、
その他、色々ながやってきて待ち構えているのです。

そして
泄す所の不浄が胎内に流至する時、これ己が有と謂て便ち歓喜を生ず
とありますから、が、我先に走り寄ってきて、
歓呼の声を張り上げます。

後れを取った場合は、
狼狽して人天井裏のネズミの所へ走ったり
床の下の猫の恋に走って、次の生に生まれようとするわけです。

このように、中有界の寿命は決まっていませんが、
長くいることを好まず、速やかに次の生に生まれようとしますから、
短い場合は7日間、長くても7×7の四十九日間で、
次の世界に生まれます。

ですから、四十九日法要は、
亡くなった方の中有界の最長滞在期間にちなんで行われるものです。

では、中有界の次はどこに生まれるのでしょうか?

四十九日の中有界の後はどこに生まれるの?

中有界の次にどこに生まれるかは、死ぬまでの行いで決まります。
因果応報です。
中有界へ生まれて、次に人間に生まれられるのは、
五戒といわれる
殺生をしないとか、
盗まない
・不倫をしない
ウソをつかない
・酒を飲まないという、
五つの決まりを一生涯守った人だけです。

死ぬまでに1回でも殺生罪を造ると、
地獄に堕ちると説かれていますから、
たいていの人は死ぬと同時に
矢のように地獄へ堕ちていきます。

すでに殺生罪を造ってしまった人は、
どうすれば地獄を逃れられるかというと、
死ぬまでに仏教を聞いて、輪廻転生の根本原因自体を断ち切ってしまえば、
死んでも地獄に堕ちず、極楽浄土へ往生することができます。

では、輪廻転生の根本原因とは何か
ということは、仏教の真髄ですので、
小冊子と無料のメール講座にまとめておきました。
ぜひ読んでみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ