不倫や浮気

不倫」は浮気と違って、結婚している人が、
自分のパートナー以外と肉体関係に及ぶことです。
姦通」ともいわれる不貞行為です。

これは昔からあったことで、不倫を迫られた女性の
有名なエピソードが伝えられています。

遠藤盛遠と袈裟御前

平安時代の末期、上皇の警護にあたる親衛隊であった
遠藤盛遠(もりとお)が18才の春のことです。

摂州渡辺の橋供養で見かけたひときわ美しい女性に
一目惚れしてしまいました。

すっかり惚れ込んでしまったので、
身元を調べると、名前は「袈裟(けさ)」といい、
すでに同族の左衛門尉、源渡(みなもとのわたる)の
妻になっていることが分かりました。

ぞっこん惚れ込んだ女性がすでに人妻とは……
かなわぬ恋に苦しんだ盛遠は、ついに耐え切れず、
袈裟の母親に会いに行ってこう言います。

どうか袈裟殿を私にもらい受けたい。
無理は万々承知の上。もしお聞きいれ頂けないなら、
邪魔だてするものはみな殺しだ

この非道な横恋慕に困った母親は、
袈裟を呼んでありのままを打ち明けます。

驚き嘆く袈裟でしたが、やがて心を決めて、
こう言いました。
お母さま、ご心配には及びません。
 渡さまには申し訳ございませんが、
 私、盛遠さまの所へ参ります

やがて盛遠を訪ね、結婚を控えた袈裟は、
時々愁いを含んだ表情を見せます。

「袈裟殿、どうかなされたか」
はい、あなたから愛されるのは嬉しいのですが、
 すでに夫がいることを思うと苦しくなります。
 あの人さえいなければ……

「そうかそうか、そんなことならわけはない。私が解決して進ぜよう」
そうしてくだされば、私も嬉しゅうございます
かくて袈裟と打ち合わせた盛遠は、源渡の寝室に忍び込み、
寝首をかきました。

これで袈裟は晴れて私のもの」と、
ほくそえんで月明かりで首を見てみると、
なんと死ぬほど惚れた袈裟の首ではありませんか。

呆然自失。
ああ、何ということをしてしまったのか……
深い後悔とともに出家します。
それが源頼朝の帰依を受けた真言宗僧侶
文覚(もんがく)です。

やがて袈裟の手箱から、遺書が発見されました。
そこには、こうあったといわれます。
深い罪を持った私のために、多くの人が死ぬのなら、
私一人が死にましょう。
ただ残されるお母さまが悲しまれることを思うと、傷ましく思います。
先立つことは悲しいことですが、仏になれば、
必ずお母さまも渡さまも迎えに参ります

このようなことは昔からよくあり、
武家の女性は誘惑されて不倫を迫られたときは、
このように振る舞うことが妻の鑑とされたと
新渡戸稲造の『武士道』にも記されています。

現在でも、不倫は法律上でも違法行為(不法行為)ですから
慰謝料を請求されると、何百万円も払わなければなりません。

では不倫について、仏教ではどのように教えられているのでしょうか?

出家の僧侶の場合

お釈迦さまの教団では、問題が起きると、
それに応じて戒律が定められていきます。
そのため最初は戒律はありませんでした。

ところが、お釈迦さま仏のさとりを開かれて13年目に
男女問題が起こり、はじめてできた戒律が、
出家僧侶は男女の肉体関係を持ってはならない
というものです。

大智度論』には、「戒律には淫欲を初となす」とあります。

これは不倫どころか、出家僧侶は結婚しておらず、
もともとパートナーはいませんので、
男女関係は一切ダメです。

この戒律は、出家の人の「二百五十戒」の中でも最も重く、
もし破れば教団を追放されます。
戒律を教えられている『四分律』には
たとえば人の頭を断ずれば、また起きるべからざるごとく
比丘もまたかくのごとし。この法を犯す者は、また比丘となることをえず

とあります。「比丘」とは僧侶のことですから、
もう二度と僧侶になることはできなくなるのです。

では、在家の人はどうなるのでしょうか?

在家の人の場合

お釈迦さまは、在家の人の守る5つのルールである
五戒」の一つに「不邪淫(ふじゃいん)」を教えられています。

邪淫(じゃいん)」とは、自分の結婚相手以外と肉体関係を持つことで、
不倫のことです。

お釈迦さまは不倫をした人は、この世でも不幸な報いを受け、
死後の世界でも悪い報いを受けると
このように教えられています。

邪淫は必ず現世及び後世に悪報を受く
(『中阿含経』)

また、パーリ経典の『スッタニパータ』には、
このようにあります。

自分の妻に満足することなく、遊女とつき合い、他人の妻と交わる。
 これは破滅への門である

(『スッタニパータ』106)

力ずくで、あるいはよしみをもって、
 親類たちの、あるいは友人の妻と交わる人、
 かれを賤しい人であると知れ

(『スッタニパータ』123)

在家の人の戒律を教えられた『優婆塞戒経』には、
不倫をした人は、人を見ると疑いの心が起き、ウソをつき、
常に心が散り乱れて苦しみ悩んで善い行いができなくなり、
財産を失う。寿命は短くなり、死ねば地獄に堕ちる

と教えられています。

このように、不倫は怖ろしい罪悪ですから、
自業自得の因果の道理によって
怖ろしい報いを受けるのです。

ではこれはあの人だけのことなのでしょうか?

不倫は他人事?

仏教では、
他の過ちを見るなかれ、他のなさざるを責めるなかれ
己が何をいかになせしかを、自らに問うべし

(『法句経』)
と教えられています。

私たちは、他人の欠点は実によく見えますが、
自分の欠点はなかなか分かりません。
ことわざにも
他人のふり見て我がふり直せ
といわれるように、
自らを振り返ることが大切です。

しかも仏教では、口や身体で犯す罪よりも、
口や身体を動かしている心で犯す罪は
もっと怖ろしいと教えられています。

仏教では、心で思っただけでダメなのです。
そうなると、これは他人事ではなくなってきます。

お釈迦さまは、あらゆる人の姿を
このように教えられています。

ただ婬を念いて、煩い胸の中に満てり。
愛欲交乱して、坐起安からず。
細色をめんらいして邪態外にほしいままなり。
自らが妻を厭い憎みて、ひそかに妄りに入出す

(『大無量寿経』)

これは「つねに淫猥なことばかり考え、
愛欲の波は高く寄せかけ、寄せかけ、起つも坐るも、安らかでない。
女性の姿に眼を輝かせ、卑猥な行為を思いのままにしている。
我が妻をいとい憎んで、ひそかに他の女をうかがって煩悶している

ということです。

仏教を聞いて行くと、このような、
今まで知らなかった自分の心が知らされてくるのです。

仏教を聞くと知らされる自分の心

仏教は、法鏡といわれ、
真実の自分の姿を映し出す鏡のようなものだと
お釈迦さまは教えられています。

鏡に近づけば近づくほど自分のすがたがハッキリ見えてくるように、
仏教を聞いて行くと、今まで知らなかった自分のすがたが見えてきます。

仏教を聞く前は、他人のことばかり目について、
あいつ、泥棒猫め
自分はそんなことはしていない
あの人より私はましだ
と思っていますが、
仏教を聞けば聞くほど、
自分の本当の姿が知らされてきます。

真実の自分のすがたが知らされなければ、
本当の幸せにはなれませんから、
お釈迦さまは邪淫の罪について、
このように教えられているのです。

ではどうすれば、邪淫の罪を造るまま、地獄を逃れて
本当の幸せになれるのかについては、
仏教の真髄ですので、メール講座と小冊子にまとめてあります。
ぜひ一度読んでみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ