自力と他力の違い

仏教には、自力の仏教と、他力の仏教があります。
小乗仏教は、全部自力ですが、
大乗仏教は、自力と他力があります。

では自力の仏教と他力の仏教は、一体どう違うのでしょうか?

自力の世間の意味

世間では自力というと、
テレビゲームで攻略本を使わずにクリアしたときに
自力でクリアした」と言ったり、
雪山で遭難したときなどに「自力で脱出した」と言ったりします。
また、テレビでも
他力本願ではなく、自力更生でなければならない」
などのように、
自分の力のことを自力といわれます。

ところが仏教で「自力」というのは、
単に自分の力ということではありません。
仏教では「自力」はどのような意味なのでしょうか?

自力の語源

現在仏教で使われる意味で
自力とか他力という言葉を初めて使われたのは、
中国の曇鸞大師です。
主著の『浄土論註』に、自力をこのように譬喩で教えられています。

ある人が、地獄餓鬼畜生の三悪道の苦しみを恐れて、戒律を守るとします。
戒律を守ることによって心を一つにする禅定を修めます。
禅定を修めることによって神通力をならいます。
神通力を習得して初めて世界中を意のままに遊ぶことができます。
このようなものを自力といいます。

原文はこうなっています。
まさにまた例をひきて、自力他力の相をしめすべし。
ひと三途をおそるるがゆえに禁戒を受持す。
禁戒を受持するがゆえによく禅定を修す。
禅定を修するをもてのゆえに、神通を修習す。
神通をもてのゆえに、よく四天下に遊ぶがごとし。
かくの如きらを名けて自力とす

(曇鸞大師『浄土論註』)

つまり、仏教で自力とは、
自分の力で幸せになろうとしたり、
自分の力で苦しみから離れようとすることです。

世間の自力は、自分の力全般を自力といいますが、
仏教では、自分の力で救いを求めることですから、
仏教で自力を離れた人でも、
善い行いをしなくなるとか、自分で歩けなくなるというわけではありません。

ここは世間で使われる意味と大きく違いますから気をつけないと、
仏教は分からなくなってしまいます。

では自力の仏教とはどんな仏教でしょうか?

自力の仏教とは?

自力の仏教というのは、
山にこもって滝に打たれたり、
座禅や瞑想をしたり、自らの修行によって、
心をコントロールして、さとりを目指す教えです。

これはどんな宗派かというと、
日本で浄土宗を開かれた法然上人は、
漢語燈録』にこのように分けられています。
聖道門とは即ち難行道なり、これ自力なるをもっての故なり。
浄土門とはすなわち易行道なり、これ他力なるもっての故なり

聖道門」というのが自力の仏教のことで、
わかりやすく具体的にいえば、
華厳宗法相宗天台宗真言宗禅宗のことです。

これらの宗派は、「難行道」といわれているように、
行ずるのが難しい道です。
実際、出家は必須で、戒律を守り、
厳しい修行をしなければなりません。

このような難しい道ですから、曇鸞大師は、
難行道について『浄土論註』にこう教えられています。
ただこれ自力にして他力のたもつなし。(中略)
たとえば陸路の歩行はすわはち苦きがごとし

目的地に向かうのに、歩いて行くようなもので、
苦しい道のりになるということです。

他力の世間の意味

他力」というと、世間では、「他人の力」だと思われています。
例えば、自分で車を出さず、他人の車に乗り合わせて来たとき、
他力で来させてもらいました
と言ったりします。

また、他力が他人の力という意味ではないと知っている人でも、
天地自然や大宇宙の力、
自分を超えた何やら大いなる力だと
思っています。

ところが、これらはすべて間違いです。
他力はもともと仏教の言葉ですが、
仏教ではどんな意味なのでしょうか?

他力の語源

他力を現在の主流の意味で使われたのは、
自力と同様、中国の曇鸞大師です。

上に述べた『浄土論註』で、自力に続き、
たとえでこのように教えられています。
普通の人は、ろばに乗っても神通力を持った人のように空を飛ぶことはできませんが、
神通自在の世界を支配する伝説の王の全国巡回に付き従う時は、
王の力によって何ものにも妨げられず、
自由に世界中を遊ぶことができるようなものです。
このようなものを他力というのです。

原文はこうです。
また劣夫の驢にまたがりて上らざれども、転輪王の行に従わば、
すなわち虚空に乗じて四天下に遊ぶに障碍するところなきがごとし。
かくの如き等を名けて他力とす

(曇鸞大師『浄土論註』)

このように、仏教で他力とは、
他人の力でも、天地自然の力でもありません。
では、どんな仏教が他力の仏教なのでしょうか?

他力の仏教とは?

どんな仏教が他力の仏教かというと、
法然上人は、このように教えられていました。
浄土門とはすなわち易行道なり、これ他力なるもっての故なり
浄土門」であり、「易行道」の仏教が他力の仏教です。

浄土門」の仏教とは、阿弥陀如来の本願力によって、
生きているときに完全な救いにあずかる教えです。
つまり「他力」とは、阿弥陀如来の本願力のことで、
つまり阿弥陀如来のお力のことです。
仏教では阿弥陀如来のお力だけを他力といいます。

易行道の仏教とはどんな仏教かというと、
曇鸞大師は、『浄土論註』にこう教えられています。

易行道というは、いわくただ信仏の因縁をもて浄土に生ぜんと願ず。
仏願力に乗じてすなわちかの清浄の土に往生することをえしむ。
仏力住持して、すなわち大乗正定の聚にいれたまう。
正定はすなわちこれ阿毘跋致なり。
たとえば水路の乗船はすなわち楽しきがごとし

易行道は、阿弥陀如来の本願によって浄土往生間違いなしの身に救われます。
正定聚(しょうじょうじゅ)」とは、正しく仏になるに定まった人たちのこと、
阿毘跋致(あびばっち)」とは不退転のことで、
退転しない、変わらないということです。
生きているときに阿弥陀如来に救われると
正定聚不退転(しょうじょうじゅふたいてん)」になります。
正定聚不退転」とは、絶対変わらない絶対の幸福のことです。
自力の仏教は、目的地まで陸路を歩いて行くように苦しい道のりですが、
他力の仏教は、船に乗って水路を行くように、浄土へ向かう楽しい旅路になります。

では、自力の仏教と他力の仏教はどこが違うのでしょうか?

自力の仏教と他力の仏教の本質的な違い

自力の仏教といっても色々な宗派がありますが、
それらの宗派に共通した、本質は、
私たちは果てしない遠い過去からの
煩悩のサビによって曇っているものの、
サビの底には輝く仏性があると思っていることです。

そのため、私たちがこの本当の姿を体得すれば、
煩悩即菩提、成仏できると考えて、
その仏性を磨き出すための修行をすsるという教えです。

それが座禅や瞑想であり、
それが心の整え方や心のコントロールとなります。

ただし、さとりを得るには出家は必須条件で、
出家して戒律を守り、難行苦行してもさとりを得るのは不可能なほど難しく、
ものすごい長期間がかかります。
在家のままでは100%不可能です。

ところが他力の仏教では、
真実の自己は、煩悩でできた悪人で、
仏性などはないと教えています。

ところが私たちは、
何とかすれば自分の力で幸せになれると自惚れているので、
仏教を聞いて、他力阿弥陀如来のお力)によって
自惚れ心が打ち砕かれ、
真実の自己が知らされたとき、
変わらない幸福になれると教えられています。

この他力の仏教では、出家しなくても、
男も女も、すべての人が救われます。

それには、苦悩の根元を知り、
それを他力によって断ち切られなければなりません。
苦悩の根元については、仏教の真髄ですので、
メール講座と小冊子にまとめておきました。
今すぐ読んでみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ