智慧(ちえ)とは?

智慧とは「ちえ」と読みますが、
仏教でいわれる智慧には、世間でいう知恵よりも、はるかにものすごい働きがあります。
一体どんな意味で、どのように実践すればいいのでしょうか?

仏教以外の智慧

1.世間的な知恵

同じ「ちえ」と言っても、世間的な「知恵」の場合、漢字が簡単です。
この知恵は、知識よりは一段ハイレベルな意味で、
どれだけ知識が豊富でも、知恵がないと、知識を正しく使うことができません。
ですから、知識が豊富というのは単に情報量が多い意味ですが、
知恵というのは、頭の良さや判断力の意味で使われます。
知恵のある人というと、頭のいい人や、機転の利く人のことをいいます。

2.哲学でいう知恵

哲学の原語は、フィロソフィーですが、
フィロソフィーは、「フィロス(愛)」+「ソフィア(知)
という言葉ですので、
哲学にとって知恵は非常に大切です。

アリストテレスは、『形而上学』で、
知恵とは「根本原因、第一原理についての普遍的な知識
と言っており、絶対的真理を知ることをいいます。

それはどうすれば得られるのかというと、
プラトンによれば、一つの一つの知識を積み重ねて得られるのではなく、
修行などの実践によってえられるのでもなく、
数学や物理学などの客観的、普遍的知識によって可能だと
言っています。

ただし20世紀には、ゲーデルが不完全性定理を証明し、
数学ではどんなに頑張っても絶対的な真理は証明できないことが分かりましたから、
数学によって絶対的真理を知ることはできません。

では、仏教で智慧とはどんな意味なのでしょうか?

仏教の智慧

仏教でいわれる「智慧」は、
世間でいわれる「知恵」よりも、画数が多くて難しい漢字が使われます。

これは、「」も「」も同じ意味で、
真理をハッキリ知る働きのことです。
これは、仏のさとりの働き、仏の力で
迷いを破る働きがあります。

八宗の祖師といわれて、
あらゆる仏教の宗派で尊敬されている龍樹菩薩は、
大智度論』に、
決定して知り、疑うところなきが故に名づけて智となす
と教えられています。
真理をハッキリと知らせ、迷いを破るということです。

ところが、仏のさとりというのは、
大宇宙に全部で52あるさとりの中で
最高のさとりです。

一段違えば人間と虫けらほど境涯が違うといわれるさとり
52段も離れているのですから、何のさとりも開いていない私たちには、
想像も及ばない働きです。

ところが仏教では、私たちが実践すべき
六波羅蜜
(ろくはらみつ)の最後に智慧が教えられています。
智慧を実践するというのは、一体どうすればいいのでしょうか?

智慧の実践

智慧は、ブッダがあらゆるを6つにまとめられた六波羅蜜
6番目に教えられ、実践すべき重要な項目です。

この六波羅蜜の最後に教えられる「智慧」というのは、
大宇宙の真理である因果の道理を明らかに見て、
人格を高めなさいということです。

これは六度万行のこれまでの5つである
1.布施……親切
2.持戒……言行一致
3.忍辱……忍耐
4.精進……努力
5.禅定……反省
のまとめです。

他人に親切にしたり、言行一致させたり、感情的にならず、
心をしずめて継続的に努力していくと、
心が磨かれて、人格が高められ、輝く人になっていきます。

そうなると、世間でも、周りの人から尊敬されるようになり、
発言が受け入れられやすくなり、人間関係もスムーズになります。
世間でいう「知恵」は、頭の良さとか、判断力のことですから、
仏教でいわれる「智慧」と、いかに違うかがわかります。

この仏教の智慧を一言でいうと「修養」ということです。
英語でいえば「セルフカルティペーション(self-cultivation)」です。

六波羅蜜の前の5つを総括されたもので
因果の道理を信じて、悪いことやめて、善いことしなさい
ということです。

具体な実践例

修養というのは、人格を磨くことですが、
その基礎としていいのが掃除です。

ブッダは、仏道修行の基本として掃除を勧められました。
人間形成によく、すべてに通じるのです。

自分の部屋を見てみましょう。
部屋の乱れは心の乱れ、それが今の自分の心の現れです。
部屋の中以外にも、机の中や、鞄の中、車の中、
パソコンのデスクトップはどうでしょうか。
確かに机の上がごちゃごちゃだったり、頭がボサボサ、服がシワシワで、
すごい能力の人はいます。

しかし、そんな人は人格者とは言われません。
あの人はすごいけどちょっと変わってる
と言われてしまいます。

まず、使わないものは、捨てましょう。
よく使うものを、場所を決めて整理整頓します。
一度掃除してもすぐに汚れるので、
年末大掃除だけでなく、
定期的に掃除をする必要があります。

いつ誰に見られてもいいように、掃除、整理整頓をすると、
自分の心に目が向き、落ち着いてきます。
特に有効なのはトイレ掃除です。
そして、掃除や整理整頓が終わって周りが綺麗になると、
気持ちよくなり、何もかもはかどるようになます。
今すぐやってみましょう。

なぜ六波羅蜜の最後に総括されているの?

よく西洋の考え方では、
もれなく・だぶりなく
(MECE:Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)
がいいとされています。
それは、何かを網羅したり、抜けを探すときに有効です。
しかし、そうでなければならないというものではありません。

お釈迦さまの目的は、何かを網羅することではなく、私たちを本当の幸せに導くことですから、
最後に総括されて、私たちを導いておられるのです。

ではどうすれば本当の幸せになれのかというと、
迷いの根本原因を知り、それを断ち切らなければなりません。

それについては、仏教の真髄ですので、
とても一言では言えないのですが、
小冊子とメール講座にまとめて沖ました。
それも以下のページから一度見ておいてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ