テーラワーダ(上座部仏教)とは?

テーラワーダ仏教」とは、スリランカをはじめ、タイやミャンマー、
ラオスやカンボジアに広まる仏教で、「上座部仏教」とも言われます。

最近日本でもよく布教していますが、
テーラワーダ仏教の人たちの主張をうのみにすると、
事実と異なることがありますので、
客観的な事実をよく知ってから判断するほうが安全です。

テーラワーダ仏教は本当に初期仏教?

テーラワーダ仏教の人は、自分たちの仏教は、
お釈迦さまの説かれたことに一番近い、
初期仏教」であり、「原始仏教」であり、
さらには「根本仏教」であると言います。

これが本当かどうかを知るには、
原始仏教」や「根本仏教」とはどんなものかを
知らなければなりません。

原始仏教とは、明治時代の文明開化で、
西洋の仏教研究が入ってくるまでなかった言葉です。

西洋人は、スリランカや東南アジアの仏教を研究し、
それが漢訳の阿含経によく似ていましたので、
テーラワーダ仏教のパーリ仏典と漢訳の阿含経の共通部分が、
お釈迦さまが説かれた内容に近いのではないかと推測し、
それを「原始仏教」とか「初期仏教」と名付けて、
研究されました。

さらに、お釈迦さまが生きておられた時代の仏教を、
根本仏教」と呼び、当時の学者たちは
そんな仏教を再構築できたら、と思い描いていたのです。

ですから「原始仏教」「初期仏教」と呼ばれるのは、
テーラワーダ仏教のパーリ仏典と、漢訳の阿含経の共通部分であって、
それがそのままテーラワーダ仏教ではありません。

ましてや約2600年前のお釈迦さまの時代の「根本仏教」など、
今からでは、知るすべはありません。

もしテーラワーダ仏教を原始仏教と言っている人がいたら、
このようなことを知らない不勉強な人か、
知っている場合は、何らかの目的で故意に使っていることになってしまいます。

ヴイパッサナーはテーラワーダ仏教のみに伝えられる実践?

ヴィパッサナー 」は、テーラワーダ仏教で行われる実践ですが、
漢訳では「毘婆奢那」とか「毘鉢舍那」と音訳され、よく知られています。
瞑想のことを仏教で「止観(しかん)」といわれますが、
ヴィパッサナーは「止観」の「」のことで、観察のことです。
ちなみに「止観」の「」はサマタ瞑想に相当し、
漢訳では「奢摩他」と音訳され、心をしずめることです。

ヴィパッサナーは、大乗仏教に伝えられていない
という人もありますが、
天台宗などは特に止観を重視し、
摩訶止観(まかしかん)』という非常に有名な解説書もあります。

パーリ仏典はお釈迦さまの説かれたことに近い?

パーリ語とは?

テーラワーダ仏教で伝えているパーリ仏典は、
昔、お釈迦さまの説かれた言葉がそのまま記されている
と西洋の学者が信じていた時代がありました。

ところが、歴史研究の結果、お釈迦さまは、
当時のマガダ国を中心とするインドの東のほうの言葉を遣っておられ、
パーリ語は、インドの西のほうの言葉なので、
お釈迦さまが使われた言葉そのままではなく、
途中で翻訳されていることが明らかになっています。

パーリ仏典と阿含経はどちらが古い?

テーラワーダ仏教では、
パーリ仏典は、もっともお釈迦さまが説かれた原典に近い
純粋な経典だと言いますが、
5世紀頃、ブッダゴーサという人がパーリ仏典を編集していますので、
それ以前にどんなことが書かれていたか、まったく分かりません。
お釈迦さまから約千年後のことです。

それに対して、漢訳の阿含経のほうが、
古くから存在している
ことが
現在では分かっています。

さらには、スリランカの仏教は一時途絶えてしまい、
後から復活させた
ものですので、
お釈迦さまの時代から連綿と続いているわけではありません。

このように、スリランカのテーラワーダ仏教の人たちの言うことを調べていくと、
どうも不正確な感じが否定できないのですが、
テーラワーダ仏教とは、本当は一体何なのでしょうか。

テーラワーダ仏教の正体は?

孫悟空の話に出てくる、「三蔵法師」というのは、
インドから中国に仏教を伝えた翻訳家のことで、
いわば職業の名前ですが、
三蔵」とは、経、律、論のことです。

」とはお釈迦さまの説かれた教え、
」とは、戒律
」とは、お釈迦さまの教えを、
他の人がまとめた解説書のことです。

お釈迦さまのお亡くなりになった後、
インドには約20の仏教の宗派ができたと言われ、
これを部派仏教といいます。
大きく分けると、「上座部」と「大衆部」の2つに分かれます。

そのそれぞれの部派が、三蔵を伝えていたので、
三蔵法師は、それを受け取って、中国に伝えたということです。

現在では、インドの仏教はなくなってしまったので、
三蔵がすべてそろっている唯一の部派は、
分別説部(ふんべつせつぶ)」のみです。
パーリ語では、「ヴィバッジャワーダ」といわれます。

それは、確かに「上座部」の系統ですが、
その分別説部という一つの宗派が、
テーラワーダ(上座部)仏教を名乗り、
日本へ布教に来ているのです。

テーラワーダ仏教は小乗仏教ではない?

日本で昔から「小乗仏教」と言われていたのは、
上座部仏教の「説一切有部(せついっさいうぶ)」という宗派です。
(説一切有部では、論を重視しており、律と論は残っていますが、経は残されていません。
しかし『倶舎論(くしゃろん)』という昔の僧侶はみんな学んでいた有名な論があります)

説一切有部では、バラモン教の「固定不変の我」に対し、
無我」は説くものの、この世の色々な存在要素は、直感の通り、
外界に実在すると説きます。
これを「我空法有(がくうほうう)」といいます。
」とはここでは「諸法無我」の法と同じ、
存在要素のことです。

このように、お釈迦さまは、直感的に分かりやすいところから導かれ、
やがては法も空じられ、
この世の一切は、阿頼耶識(あらやしき)を離れて存在しないという
我法二空(がほうにくう)」を説かれています。
これが、より高度な大乗仏教の教えです。
お釈迦さまは、分かりやすいところから、
だんだん高度な教えへ導いて行かれたのです。

分別説部」(テーラワーダ仏教)は、
説一切有部からも異端として批判されているのですが、
どのように教えているでしょうか。
分別説部」の論書である『摂阿毘達磨義論』(アビダンマッタ・サンガハ)によれば
やはりこの世は自分と離れた外界に存在するとしていますので、
小乗仏教の教えです。

そして、阿羅漢は他の人に教えを説きますが、
やはりまずは自己の完成を目指す、自利を重視した教えですので、
小さな乗り物である小乗仏教といわれます。

分別説部の伝えるパーリ仏典は、漢訳仏典の約10分の1で、
自分たちの伝える以外のお経は知りません。
それに対して漢訳仏典には、
分別説部の伝えるお経に相当する阿含経も含めて
体系的に教えられ、すべての人が救われる、
自利利他の菩薩道が教えられています。

日本の仏教は、自利が主体の小乗仏教ではなく、
自利利他の大乗仏教ですので、
大乗の菩薩道を進ませて頂きましょう。

関連記事

目次(記事一覧)へ