テーラワーダ(上座部仏教)とは?

テーラワーダ仏教」とは、スリランカをはじめ、タイやミャンマー、
ラオスやカンボジアに広まる仏教で、「上座部仏教」とも言われます。

テーラワーダ仏教の人は自分たちの教えは初期仏教であり、
ブッダの本当の教えだと主張して最近日本でもよく布教しています。
テーラワーダ仏教の人たちの主張をうのみにすると、
本当にそうなのでしょうか?

テーラワーダ仏教は本当に初期仏教?

テーラワーダ仏教の人は、自分たちの仏教は、
ブッダの説かれたことに一番近い、
初期仏教」であり、「原始仏教」であり、
さらには「根本仏教」であると言います。

これが本当かどうかを知るには、
原始仏教」や「根本仏教」とはどんなものかを
知らなければなりません。

原始仏教とは、明治時代の文明開化で、
西洋の仏教研究が入ってくるまでなかった言葉です。

西洋人は、スリランカや東南アジアの仏教を研究し、
それが漢訳の阿含経によく似ていましたので、
テーラワーダ仏教のパーリ仏典と漢訳の阿含経の共通部分が、
ブッダが説かれた内容に近いのではないかと推測し、
それを「原始仏教」とか「初期仏教」と名付けて、
研究されました。

さらに、ブッダが生きておられた時代の仏教を、
根本仏教」と呼び、当時の学者たちは
そんな仏教を再構築できたら、と思い描いていたのです。

ですから「原始仏教」「初期仏教」と呼ばれるのは、
テーラワーダ仏教のパーリ仏典と、漢訳の阿含経の共通部分であって、
それがそのままテーラワーダ仏教ではありません。

ましてや約2600年前のブッダの時代の「根本仏教」など、
今からでは、知るすべはありません。

もしテーラワーダ仏教を原始仏教と言っている人がいたら、
このようなことを知らない不勉強な人でしょう。

それどころか、スリランカの仏教は一時途絶えてしまい、
後から復活させた
ものです。
ブッダの時代から連綿と続いているわけではありませんので、
初期仏教でも原始仏教でもありません。

ヴイパッサナーはテーラワーダ仏教のみの実践?

ヴィパッサナー 」は、テーラワーダ仏教で行われる実践ですが、
漢訳では「毘婆奢那」とか「毘鉢舍那」と音訳され、よく知られています。
瞑想のことを仏教で「止観(しかん)」といわれますが、
ヴィパッサナーは「止観」の「」のことで、観察のことです。
ちなみに「止観」の「」はサマタ瞑想に相当し、
漢訳では「奢摩他」と音訳され、心をしずめることです。

ヴィパッサナーは、大乗仏教に伝えられていない
という人もありますが、
天台宗などは特に止観を重視し、
摩訶止観(まかしかん)』という非常に有名な解説書もあります。

大乗仏教の僧侶は、テーラワーダ仏教のお経も認めて尊く学びますが、
テーラワーダ仏教の人は、大乗仏教のお経を認めませんので、
大乗仏教についてはあまり勉強していないのでしょう。

このように、スリランカのテーラワーダ仏教の人たちの言うことを調べていくと、
どうも不正確なところが色々と出てくるのは否定できないのですが、
テーラワーダ仏教とは、本当は一体何なのでしょうか。

テーラワーダ仏教の正体は?

テーラワーダ仏教とはどんな仏教なのでしょうか?

孫悟空の話に出てくる、「三蔵法師」というのは、
インドから中国に仏教を伝えた翻訳家のことで、
いわば職業の名前ですが、
三蔵」とは、経、律、論のことです。

」とはブッダの説かれた教え、
」とは、戒律
」とは、ブッダの教えを、
他の人がまとめた解説書のことです。

ブッダのお亡くなりになった後、
インドには約20の仏教の部派ができたと言われ、
これを部派仏教といいます。
大きく分けると、「上座部」と「大衆部」の2つに分かれます。

そのそれぞれの部派が、三蔵を伝えていたので、
三蔵法師は、それを受け取って、中国に伝えたということです。

現在では、インドの仏教はなくなってしまったので、
三蔵がすべてそろっている唯一の部派は、
分別説部(ふんべつせつぶ)」のみです。
パーリ語では、「ヴィバッジャワーダ」といわれます。

それは、確かに「上座部」の系統ですが、
その分別説部という一つの宗派が、
テーラワーダ(上座部)仏教を名乗り、
日本へ布教に来ているのです。
つまり、現在テーラワーダを名乗っているスリランカの仏教は、
分別説部という一部派です。

では、テーラワーダ仏教とはどんな仏教なのか、
7つの観点からみてみましょう。

1.パーリ仏典の歴史

パーリ仏典を原始仏教の経典と言っている人がありますが、
それが間違いであることは、前述の通りです。
では、パーリ仏典は、漢訳仏典より
ブッダの説かれたことに近いといえるのでしょうか?

パーリ語とは?

テーラワーダ仏教で伝えているパーリ仏典は、
昔、ブッダの説かれた言葉がそのまま記されている
と西洋の学者が信じていた時代がありました。

ところが、歴史研究の結果、ブッダは、
当時のマガダ国を中心とするインドの東のほうの言葉を遣っておられ、
パーリ語は、インドの西のほうの言葉なので、
ブッダが使われた言葉そのままではなく、
途中で翻訳されていることが明らかになっています。

ですから、テーラワーダのお経は、パーリ語訳の仏典です。

パーリ仏典と阿含経はどちらが古い?

テーラワーダ仏教では、
パーリ仏典は、もっともブッダが説かれた原典に近い
純粋な経典だと言いますが、
5世紀頃、ブッダゴーサという人がパーリ仏典を編集していますので、
それ以前にどんなことが書かれていたか、まったく分かりません。
ブッダから約千年後のことです。

それに対して、漢訳の阿含経のほうが、
古くから存在している
ことが
現在では分かっています。

それどころか、サンスクリットの経典は、
複数回翻訳された漢訳経典の場合、
一番最後に翻訳のお経に近いことが多くなっています。
このことから、口伝で伝えられていたものが文字に書き残されたのは、
漢訳より後だといわれます。

チベット訳されたのもかなり後なので、
古さで比較すれば、一番古いお経は漢訳仏典となります。

2.テーラワーダ仏教のお経の量

テーラワーダ仏教のお経は、パーリ三蔵といわれますが、
分別説部という一つのグループが伝えたお経です。

実際には、他のグループが伝えたお経がたくさんありますので、
中国へは、1つのグループに限らず、
色々なグループのお経が翻訳され、伝えられました。

その結果、漢訳のお経のすべてである漢訳一切経は、
パーリ三蔵の10倍くらいあります。

テーラワーダのお経は、ブッダ以外の僧侶の手によって編集されている上に、
伝えられているお経
ブッダの説かれたお経のごく一部を伝えているのみです。

3.テーラワーダ仏教の拠り所とするお経

日本の仏教では、
テーラワーダ仏教の伝えるお経も、
それに相当する漢訳仏典の阿含経も含めて
すべて仏説として尊く拝します。

そして学問と実践により、
存在するお経すべての体系的な理解から、
釈迦の真意を明らかにしようとしています。

それに対してテーラワーダ仏教では、大乗仏典はもちろん、
他の部派のお経も含めて、
自分たちの伝える以外のお経は認めません。

テーラワーダは漢訳仏典のわずか10分の1で、
ブッダが亡くなられて約1000年後に自分たちのグループで編集した書物を拠り所としながら、
「私たちは ブッダの教えをできるだけ忠実に守ろうとする」
と主張する独善的なグループです。

4.テーラワーダ仏教の教えの深さ

日本で昔から「小乗仏教」と言われていたのは、
上座部仏教の1つである「説一切有部(せついっさいうぶ)」という部派です。
(説一切有部では、論を重視しており、律と論は残っていますが、経は残されていません。
しかし『倶舎論(くしゃろん)』という昔の僧侶はみんな学んでいた有名な論があります)

説一切有部でも、仏教であることは変わりませんので、
バラモン教の「固定不変の我」に対し、「無我」を説きます。
ところが、この世の色々な存在要素は、直感の通り、外界に実在すると説きます。
これを「我空法有(がくうほうう)」といいます。
」とはここでは「諸法無我」の法と同じ、存在要素のことです。

このように、およそ部派仏教においては、
無我を明らかにすることにとどまって、
この世の色々な存在要素については迷いの衆生の直感の通り、
心を離れて外界に実在すると言うのです。

ところが大乗仏教では、我空はもとより、さらに
この世の存在要素である法も空であると教えられています。
これが、この世の一切は、阿頼耶識(あらやしき)を離れて存在しないという
我法二空(がほうにくう)」です。
これが、より高度な大乗仏教の教えです。
ブッダは、分かりやすいところから、
だんだん高度な教えへ導いて行かれたのです。

分別説部」(テーラワーダ仏教)は、
説一切有部からも異端として批判されているのですが、
どのように教えているでしょうか。

分別説部」の論書である『摂阿毘達磨義論』(アビダンマッタ・サンガハ)によれば
やはりこの世は自分と離れた外界に存在するとしていますので、
「我空法有」の小乗仏教の教えです。

テーラワーダ仏教の教えは、本質的には小乗仏教と同じなのです。

5.テーラワーダ仏教の目指すところ

本来の仏教は、目指すところは仏のさとりです。
そして、まず自分のさとりだけを考えるのではなく、
すべての人の救済を目指します。

それに対してテーラワーダ仏教では、仏のさとりはとても開けないとして、
目指すのは仏のさとりではありません。仏のさとりより低い阿羅漢(あらかん)というさとりです。
人は、死ねば輪廻転生して、永遠に苦しみ迷い続けなければなりません。
ところが、阿羅漢のさとりを開けば、輪廻転生しなくなり消滅するということです。
それがテーラワーダ仏教の涅槃です。

ところが、本来の涅槃はそういうものではありません。
仏のさとりを開いた人は、慈悲の心がありますので、
まだ救われていない人がたくさんいるのをじっと見ていることはできません。
涅槃に入ると、次の世界で、まだ苦しんでいる人を救うのです。

6.テーラワーダ仏教で救われる人

本来の仏教は、すべての人が救われます。
それは大きな乗り物のような教えですから、
大乗仏教といいます。

テーラワーダ仏教では、
阿羅漢になれば、他の人に教えを説きますが、
まずは自己のさとりの完成を目指し、他人の救いはその後です。
このような自利を重視した教えですので、
小さな乗り物である小乗仏教といわれます。

テーラワーダ仏教で救われるのは、
出家して修行ができた人だけです。
現代人のほとんどは出家も難しいので、
まさしくごく一部の人のための小さな乗り物となります。

7.テーラワーダ仏教に生きる意味はない?

テーラワーダ仏教の僧侶がよく言うのは、
生きる意味はない、ということです。
人生は苦しみ迷いでしかないので、
早くさとりを開いて輪廻転生から離れ、消滅したいのです。

実際、テーラワーダ仏教の長老で、
日本で布教しているスマナサーラ氏は、
生きるということは、くだらない、無意味なことです。
何をやって生きるかといえば、呼吸する、動く、そんな程度です。
本当につまらないファンクションです」(『仏教と科学が発見した「幸せの法則」』)
と言っています。

また、日本人でテーラワーダ仏教に改宗した僧侶
残念ながら生きる意味は存在しません。
ただ生きて行くだけです」
と本に書いている人もあります。

こんなことを言っているから、宗教が誤解を受けるのです。

本来の仏教に説かれているのは、まさに生きる意味です。
生きている時に、どんな人でも
人間に生まれてよかった
という絶対の幸福になれる、
本当の生きる意味一つが教えられています。

テーラワーダ仏教と本来の仏教の違いのまとめ

ここまで見てきたテーラワーダ仏教と本来の仏教の違いを
わかりやすいように表にまとめてみましょう。

No. 項目 テーラワーダ仏教 本来の仏教(大乗仏教)
お経の歴史 すべて5世紀頃に編集 1世紀頃から漢訳されて現存
お経の量 漢訳の約10分の1 一切経七千余巻
拠り所のお経

大乗経典は認めない。
パーリ仏典のみ

小乗経典も認める。
一切のお経を体系的に研究
教えの深さ 我の空は説くが物質は外界に実在 我も空であり物質も空
目指す所 まずは自分のさとり
すべての人の救済
救われる人 出家して修行ができた人
すべての人
生きる意味 ない ある

本来の仏教は、
まず自分のさとりを目指す、自利優先の小乗仏教ではなく、
すべての人の救済を目指す、自利利他の大乗仏教です。

そして、本来の仏教では、すべての人が、本当の生きる意味を知り、
人間に生まれてよかったという喜びの身になることができます。
では、本来の仏教に教えられる本当の生きる意味は何かといいますと、
それは本来の仏教の真髄ですので、小冊子とメール講座にまとめました。
今すぐ見ておいてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ