仏教の開祖

世界の三大宗教のトップにあげられる
仏教の開祖は誰なのでしょうか?

そして、仏教の開祖を研究する人には、
一部、キリスト教徒が混じっていますので、
気をつけるようにしてください。

仏教とは仏の説かれた教え

仏教とは、仏の説かれた教えということです。
仏というと、日本では死んだ人や先祖のことを
仏といわれたりしますが、それはよくある間違いです。

もし死んだ人が仏であれば、
仏教は死んだ人の教えとなってしまいます。
死んだ人に教えは説けませんから、
仏は死んだ人ではありません。

では、仏とはどんなことかといいますと、
大宇宙最高のさとりを仏のさとりといいます。
そして仏のさとりを開かれた方を仏様といわれます。

ちょうど、王というのは地位のことですが、
その地位にある人を王様というようなものです。

では、仏のさとりを開かれたのは誰でしょうか。

仏とは誰のこと?

地球上で仏のさとりを開かれたのは、
約2600年前、インドで活躍された
お釈迦様ただ一人です。

お釈迦様のことを、
釈迦(しゃか)とか、
釈迦牟尼(しゃかむに)とか
釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)とか
世尊(せそん)とか
釈尊(しゃくそん)と言われます。

釈迦牟尼とは、釈迦族の聖者ということです。
牟尼」は「無二」ともいって、
地球上に二人とない尊い方ということです。

地球上では仏のさとりを開かれたのは
お釈迦様ただお一人ですから、
釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし
といわれます。

釈迦族とは?

釈迦族というのは、日本人の一族ではありません。

約2600年前、
インドの北、現在のネパールにあたるところの
ヒマラヤ山麓の民族です。

釈迦族では、10人の長を選んで、
さらにその中から1人の王を選んで首都のカピラ城
政治をしていた共和国です。

お釈迦様は、この釈迦族の王である浄飯王(じょうぼんのう)と、
その妃である摩耶夫人の子供として誕生されました。

お父さんもお母さんも存在する、歴史上、実在の人物です。

お釈迦様とは?

お釈迦様の名前をゴータマ・シッダールタとか、
瞿曇・悉達多(くどん・しっだった)ともいいます。

そのゴータマ・シッダールタが、29歳で出家され、
私たちの想像も及ばない厳しい修行を6年間された後、
ついに35歳で、仏のさとりを開かれて、
80歳でお亡くなりになるまで、
仏として説かれた教えを仏教といいます。

この仏のさとりを開かれた方のことを
仏陀(ぶつだ)ともいいます。
英語でブッダともいいます。

手塚治虫の『ブッダ』?

ブッダと聞いて思い出すのが、有名な手塚治虫のマンガ『ブッダ』ですが、
ブッダ』も、お釈迦様をモデルにした物語です。

手塚治虫は、『火の鳥』では、
仏教に教えられる輪廻転生を描いており、
仏教に深い関心を寄せていたようです。

お釈迦様についてこのように言っています。

ぼくには何よりも率直に言ってすごい哲学者だということです。
いわゆる仏教の教えを説いた宗教的カリスマであるというよりも、
哲学者として偉大である。その深い広大な思想は、歴史を超え、
むしろ現代にこそ生かされなければならない、

実はもっとも新しい思想だと思うのです。
ブッダを書いて、ぼく自身いい勉強になりました。
(毎日新聞1984,6,26)

しかしながら、『ブッダ』については、
創作が多すぎるなどの非難をあび、手塚治虫自身は、
あくまで子供向けのマンガで
仏伝そのものを描こうとしたものではない

と言っていますから、手塚治虫の『ブッダ』については
一つのファンタジーとして受け止めておく必要があります。

ところで、お釈迦様をブッダと呼ぶ人の中には、
気をつけなければならない人があります。

ブッダと呼ぶキリスト教徒の仏教研究者

仏教の研究者でお釈迦様をブッダと呼ぶ人の中で、
特に「人間ブッダ」という学者の人があります。

これは明治時代に西洋の学問が入ってきたときに、
仏教の研究に西洋の文献学を使おうとしました。

そのお手本にしたキリスト教の文献学では、18世紀の終わり頃から
新約聖書は、キリスト教の開祖のイエスを完全に誤解しているとして、
歴史上の人間としてのイエスを探求していました。
史的イエスの探求」と言ったりします。

100年ほど研究が続けられた結果、現在残っている文献で
歴史上のイエスの真の姿を明らかにすることは不可能という結論に達し、
無駄な苦労だったことが分かりました。

ところが、日本の仏教研究でも、
それをまねして、特に西洋のキリスト教徒の仏教学者が、
仏教のキリストを探そうとしたという経緯があります。

そんな人たちが「人間ブッダ」という言葉をつかいますが
仏教の教えは分かっていなかったり、
キリスト教徒だったりしますので、
気をつけて下さい。

仏教の開祖は?

そういうことで、仏教の開祖は、お釈迦様ですが、
別名には以下のように色々あります。

釈迦(しゃか)
釈迦牟尼(しゃかむに)
釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)
世尊(せそん)
釈尊(しゃくそん)
ゴータマ・シッダールタ
瞿曇・悉達多(くどん・しっだった)
仏陀(ぶつだ)
ブッダ

これらは同一人物で、
お釈迦様のことです。
そのお釈迦様が、仏教を説かれたのです。

では、お釈迦さまは仏教に何を教えられたのか
ということについては、小冊子とメール講座に
分かりやすくまとめておきましたので、
見てみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ