不安の根本原因と解消法

不安が消えるたったひとつの方法

こんにちは。KADOKAWAから出ている
不安が消えるたったひとつの方法』を書いた
不安の専門家、長南瑞生です。
今から不安が消える最大のポイントをこのページで公開して行きます。

日本人は、世界でも最も不安になりやすい民族といわれています。
何か不安なこがあると、頭から離れなくなり、
眠れなくなったり、叫びたくなったり、
押しつぶされそうになります。

仏教には、不安の正しい向き合い方と、
完全になくす方法が教えられています。

日本人は世界一不安になりやすい民族

1996年、サイエンスという科学雑誌に
不安遺伝子」についての論文が掲載されました。

不安遺伝子」とは、不足すると不安を感じる
セロトニンという神経伝達物質の量を調節する遺伝子です。

その後、29カ国に及ぶ国際的な調査の結果、
この不安遺伝子は、日本人が一番多いことが分かりました。

この遺伝子を2本持っている人は、
アメリカ人では19%なのに、
日本人は67%で、多数派です。

さらに、1本以上持っている
アメリカ人がようやく67%なのに
日本人は98%です。

持っていない人はアメリカ人では32%、
日本人はわずか3%しかありません。

日本人は、不安を感じやすい、
世界ランキング1位だったのです。

では、この日本人の多くが感じている不安は、
どうすれば解消できるのでしょうか?

マインドフルネスで不安解消?

不安解消法には、色々ありますが、
最近静かなブームを呼んでいるのは、
マインドフルネス
です。

これは、仏教から発祥したものですが、
簡単にいえば瞑想のようなものです。
心を「今・ここ」に集中することによって
幸せを感じようとするものです。

心理学でいわれる「フロー」に似ています。

フロー」とは、何か好きなことに没頭すると、
あっという間に時間が経ってしまう
充実した状態のことです。
フローに入っている間、不安は感じません。

それと同じように「マインドフルネス」でも、
心を今ここの何か一つに集中して、
過去の嫌なことや、未来の不安を忘れて
幸せを感じることができます。

ところが、「マインドフルネス」は心の集中が必要ですので、
心が散り乱れ、注意が散漫になると、
マインドフルネスの状態は解除されてしまい、
また元の不安に襲われます。

不安を本当に解消するには、
仏教で実は不安には2種類あることを
知らなければなりません。

不安の2種類

不安を消すには、不安には大きく分けて
2つの種類があることを知らねばなりません。

それは、生活の不安と、人生の不安の2つです。

1.生活の不安

生活の不安とは、
受験に合格できるか
結婚できるか
仕事でミスしないかなどの
生活していく上での色々な不安です。

この生活の不安は、その時その時直面する問題に応じて
起きてくる強烈な不安なので、
その問題に対して適切な努力をすれば、
和らげたり減らすことができます。

ただし、一つの不安が和らぐと、
また別の問題が起きてきて、
次の不安が起きてきます。
その問題を対処するとまた次の問題が起きるので、
生活の不安は死ぬまでなくすことはできません。

マインドフルネスがなくそうとする不安は、
この生活の不安に分類されるものです。

2.人生の不安

二つの不安のもう一つは「人生の不安」です。
自分の人生はこれでいいのだろうか?
このまま生きていくと、最後に公開するのではないか?
人生は無意味なのではないだろうか?
という不安です。

こちらは、漠然としているので、
気づかない人もありますが、すべての人が持っている不安です。

この不安は、目の前の生活の不安によって
紛らわされることがありますが、
一度気になりだすと何かの努力で解消することはできませんから、
心の奥底にずっと続いていきます。

そして最後、大変なことになるのです。

生活の不安と人生の不安の関係

この2つの不安はまったく異なるものです。

人生に起きてくる色々な不安を木にたとえると、
根っこから幹が伸びて、枝葉がしげって不安の花が咲きます。
その花のついた枝を切って、これで不安がなくなったと思うと、
養分が別の枝へ行って、別の不安の花が咲きます。

何とかがんばってその枝を切り落とすと、
また別の枝で次の不安の花が咲きます。
どれだけ枝を切っても、次から次へと不安の花が咲きます。

大学受験に落ちるのではないか」という不安は、
大学に合格すれば枝を切れますが、
今度は「単位を落とすのではないか
という不安が起きてきます。

うまく就職できるだろうか」という不安は、
内定をとれば枝を切れますが、
今度は「仕事はできるだろうか、職場の人間関係はうまくいくだろうか
という不安が起きてきます。

結婚できないのかな」という不安は結婚すれば枝を切れますが、
今度は「浮気されないかな」という不安が起きてきます。

会社を辞めて独立してやっていけるだろうか」という不安は、
独立したら枝を切れますが、
今度は「一応独立したけどすぐ倒産するのではないか
という不安が起きてきます。

次から次と不安は起きてきて、子供のときより社会に出てから、
20代よりも30代、30代よりも40代と、
どんどん不安の深刻さも深まり、数も増えていきます。
死ぬまで不安がなくなることはありません。

このような生活の不安は、枝葉の不安です。

どれだけ枝葉を切っても、根っこがある限り、
次から次と枝葉は生えてきますから、きりがありません。

不安を完全になくすには、
根っこから断ち切らなければなりません。

仏教には、その「根本の不安」が教えられています。
それが人生の不安です。人生の不安こそが、不安の根っこであり、究極の不安の種なのです。

生活の不安」と「人生の不安」は、木でいえば、
枝葉と根っこのような関係にあるのです。

根本の不安を断ち切った大安心

この人生の不安がなくなると、
人間に生まれてよかった
という生命の歓喜が起きて、
大安心の明るい心になります。

なぜかというと、私たちが生きるということは、
広い海の上を飛行機で飛んでいるようなものです。

飛行機は一カ所にとどまることはできません。
私たちの人生も、昨日から今日、今日から明日へとすごいスピードで飛んでいます。
ところがこの飛行機には、目的地の飛行場がないとしたらでうでしょう。

さっき機長からアナウンスがありました。
皆様、本日はよくご搭乗になられました。
当機は現在、高度11000メートルを時速約850キロで航行中です。
尚、あらかじめご案内いたしましたように、
当機に目的地の飛行場はございません。
燃料はあと5時間ほどでございます。
途中揺れることはありますが、運行にまったく支障はありません。
狭い機内ではございますが、ごゆっくり空の旅をお楽しみ下さい
」。

こんな飛行機の中で、ゆっくり空の旅を楽しめるでしょうか?
 どんなに楽しい映画を見ても、おいしい機内食を食べても、
まったく楽しめません。
あっという間に燃料が切れて真っ逆さまに墜落してしまいます。

私たちの人生も、何をやっても、何を手に入れても、
心からの安心ができないのは、この目的地のない飛行機の中で、
機内映画や機内食を楽しもうとしているようなものだからです。

この機内食や機内映画に関する問題が、
お金がないとか、人間関係が険悪になったとか、病気になったなどの
生活の不安」です。

目的地が分からないことが「人生の不安」です。
この人生これ一つという本当の生きる目的が分からない心が、
人生を底知れない不安で覆っている根本原因です。

機内食や機内映画がどんなに面白くても、
目的地の分からない飛行機に乗っていては不安なように、
どんなに生活の不安を減らしても、生きる意味も分からず、
死んだらどうなるかハッキリしないまま、
今を楽しめと言われても、楽しめるものではないのです。

それが大空港が見つかったらどうでしょうか。
いつ燃料が切れても、安全に誘導されて着陸できますから、
安心して空の旅が楽しめます。

それによって機内映画が楽しくなるわけでも、
機内食が美味しくなるわけでもないのですが、
そんなことは何の問題にもならなくなり、
心から明るく楽しいフライトを楽します。

機内食が美味しくないことより、目的地がないことのほうが
はるかに重大な問題ですから、それが取り除かれれば、
生活の不安あるがままで大安心できる
一切の苦しみから解き放たれた明るい人生になるのです。

この2つの不安については、KADOKAWAから出版されている
不安が消えるたったひとつの方法
不安が消えるたったひとつの方法
にも詳しく書いてある通りです。

不安はブッダからの贈り物

このように「人生の不安」こそ、
人生を底知れない不安にそめている、
すべての不安を引き起こす不安の根本であることを
ブッダはつきとめられたのです。

ところが、この人生の不安は
簡単に自覚できるものではありません。
なかなか自覚ができないので、
初めは分からない人も多いと思います。

もしその不安が自覚できてきたら、大変な幸せなことです。

迷いの深い私たちに、そんな心が自覚できるのは、
仏教の力によるものですから、
それはブッダからの贈り物です。

何のために生きているか分からない不安というと
一見暗いようですが、
夜明け前が最も暗い」といわれます。

不安から逃げようとしても、
逃げ切ることはできません。

不安から逃げるのではなく向き合って
仏教を聞かねばなりません。

だんだん本当の自分の姿が知らされてきて、
人生の不安が知らされ、
最後、必ず一瞬ではれわたるときが来るのです。

人生の不安を断ち切る方法

では、どうすれば人生の不安を断ち切って、
大安心の明るい人生にできるのか
ということについては、仏教の真髄ですので
小冊子とメール講座にまとめておきました。
一度目を通しておいてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ