仏教の教え

「仏教」とは、「仏の教え」、「仏の説かれた教え」ということですが、
仏教を説かれた仏様は、一体何を考えておられたのでしょうか?

まず、仏教を教えられた仏様の心を考えてみましょう。

仏の心とは?

仏様は、何を意図しておられるのかといいますと、
仏様の心はどんな心なのか、お経に説かれています。

仏心とは大慈悲これなり(『観無量寿経』)

「仏心」とは、仏さまの心のことですから、
仏さまの心は、大慈悲の心です。

では、「慈悲」とは何でしょうか?

慈悲とは?

「慈悲」といいますのは、
」とは「苦しみを抜いてやりたい」という心で、
」とは「楽しみを与えてやりたい」という心です。

これを「抜苦与楽(ばっくよらく)」といいます。

もしあなたが苦しんでいたら、
あなたの苦しみは私の苦しみ。
とても見てはおれない、
という「慈」の心を
衆生苦悩我苦悩(しゅじょうくのうがくのう)」といいます。

そしてあなたが安らかで喜んで、幸せになってくれたら、
それが私の喜び。
どうにかしてあなたに幸せになってもらいたい。
こういう「悲」の心を
衆生安楽我安楽(しゅじょうあんらくがあんらく)」といいます。

仏さまは、あなたの苦しみをなくし、幸せになってもらいたいという心で
教えを説いておられますから、
仏教の目的は「抜苦与楽」なのです。

私たちの願い

では、私たちが抜いてもらいたい苦しみは何でしょうか。

例えば、お金がないとか、
最近体に悪いところがある。
しかも、誰も私のことなんか分かってくれない、
孤独で苦しんでいる。
やさしくなぐさめて欲しいとか、
色々なことに気を使ったり、悩んだりします。

どうしたらもっとお金が手に入るかとか、
人に言えない病気になってしまったとか、
そんな悩みを何とかしてもらいたい、
分かってくれる友人や恋人が欲しい、
そういう救いを求めています。

仏様の願いは?

ところが、仏様の願っておられるのは、
そんなことではありません。

なぜならこれらの生活して行く上での苦しみは、
なくしてもなくしても、
それは一時的で、また同じような、
新しい苦しみが起きてきます。

生活苦は、永遠になくしきることができない苦しみだからです。

人生とは

これをたたとえるならば、
人生は、苦しみの花咲く木のようなものです。

苦しみの花が咲いている枝を切ると、
養分が別の枝へ行ってまた違う苦しみの花が咲きます。

その枝を切ると、
また養分が違う枝へ行って苦しみの花を咲かせます。
切っても切っても、次から次へと苦しみの花が咲くのです。

ところが、この苦しみには、
それを生み出す本になっている、根っこがあります。

仏教では、私達の苦しみや悩みの根本を、
ばっさりと切り倒すことを目的としているのです。

ですから、抜くといわれる苦しみは、
いつも私たちが苦しんでいるお金や病気などを
治そうという一時的な生活苦ではなく、
私たちの分からない
苦しみ悩みの根本原因です。

それを徹底的に調査して
抜き去ってみせるというのが仏様です。

与えてやるという楽しみは、
永遠に変わらない幸せです。

これを「摂取不捨の利益(せっしゅふしゃのりやく)」とか、
無碍の一道(むげのいちどう)」といわれます。

仏教の教えとは?

このように、
あなたの苦悩の根元を抜き去って、
あなたを本当の幸せにしてみせるという
抜苦与楽という目的にもとづいて説かれたのが
仏教の教えなのです。

では苦悩の根元とは何か、
どうすれば苦悩の根元をなくすことができるのかは、
仏教の真髄ですので、小冊子とメール講座にまとめておきました。
一回見てみてください。

関連記事

目次(記事一覧)へ